仏子駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仏子駅
北口(2007年5月)
北口(2007年5月)
ぶし - Bushi
SI23 入間市 (2.9km)
(1.3km) 元加治 SI25
所在地 埼玉県入間市仏子880
駅番号 SI 24
所属事業者 西武鉄道
所属路線 池袋線
キロ程 39.7km(池袋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
12,917人/日
-2011年[1]-
開業年月日 1915年大正4年)4月15日
下りホームから池袋方面を望む
下りホームから池袋方面を望む
南口(2007年5月)
南口(2007年5月)

仏子駅(ぶしえき)は、埼玉県入間市仏子にある、西武鉄道池袋線。駅番号はSI24

年表[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線と中線1線を有する地上駅。北口駅舎は上り池袋方面ホーム側にあり、南口駅舎は下り飯能方面ホームの飯能寄り端部にある[3]。ただし南口は自動券売機自動改札機が設置されているのみで、6時30分から終電まで開設している[3]。各ホーム間は跨線橋により連絡しており、エレベーターが併設されている[3]

トイレは上りホーム側にある[3]

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
1 池袋線 上り 所沢池袋新木場渋谷横浜方面
2 池袋線 下り 飯能西武秩父方面
  • 副都心線直通列車は2013年3月16日実施のダイヤ改正で、日中は当駅に停車しなくなった[4]。この為、日中時間帯に当駅から副都心線方面へ乗降する場合は、途中の小手指駅などで乗換える必要があり、該当する列車には接近時が流れる放送でその旨が伝えられる。

中線[編集]

上り線と下り線の間に中線がある。過去には上下線の特急列車の追い抜き、貨物列車の待避などに使われた。現行ダイヤでは、回送列車の待避などに利用されている。

毎年11月3日に開催される航空自衛隊入間基地航空祭の際に増発される下り入間市終着の列車は、同駅に上下線間の亘り線がないことから、回送列車として一旦当駅の中線に入線し折り返して上り線に入り、入間市から上り営業列車となる。

利用状況[編集]

1日平均乗降人員は以下の通りである。

  • 1997年度: 17,497人
  • 1998年度: 17,175人
  • 1999年度: 16,586人
  • 2000年度: 16,349人
  • 2001年度: 15,799人[5]
  • 2002年度: 15,484人[6]
  • 2003年度: 15,349人[6]
  • 2004年度: 15,032人[6]
  • 2005年度: 14,856人[6]
  • 2006年度: 14,657人[6]
  • 2007年度: 14,444人[1]
  • 2008年度: 14,342人[1]
  • 2009年度: 14,037人[1]
  • 2010年度: 13,283人[1]
  • 2011年度: 12,917人[1](西武鉄道全92駅中60位[7]

駅周辺[編集]

駅西側の跨線橋から池袋方面を望む

北口[編集]

南口[編集]

  • 武蔵野音楽大学 入間キャンパス
  • 入間市立西武中学校
  • 入間市立仏子小学校
  • 加治丘陵
  • 旧・国民宿舎入間グリーンロッジ(2002年3月31日閉鎖)
  • 入間市青少年活動センター

バス路線[編集]

停留所名称は「ぶし駅」である。西武バスにより運行される以下の路線が発着する。

隣の駅[編集]

西武鉄道
池袋線
快速急行
通過
急行・通勤急行・快速・準急・各駅停車(通勤急行は上りのみ運転)
入間市駅 (SI23) - 仏子駅 (SI24) - 元加治駅 (SI25)

入間市駅(旧称・豊岡町駅 = 1967年(昭和42年)改称)と当駅の間には、かつて黒須駅という貨物駅が存在した。1953年(昭和28年)1月廃止。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]