ヨスガノソラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨスガノソラ
ゲーム
ゲームジャンル 恋愛アドベンチャー
対応機種 Windows 2000/XP/Vista(初回限定版)
Windows 7/Vista/XP(通常版)
発売元 Sphere
メディア DVD-ROM
発売日 2008年12月5日(初回限定版)
2010年10月29日(通常版)
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
エンディング数 5
セーブファイル数 60
画面サイズ 800×600 ハイカラー
キャラクターボイス フルボイス(主人公以外)
ゲーム(ファンディスク)
ゲーム:ハルカナソラ
ゲームジャンル ファンディスク
対応機種 Windows2000/XP/Vista
発売元 Sphere
メディア DVD-ROM
発売日 2009年9月25日
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
画面サイズ 800×600 ハイカラー
キャラクターボイス フルボイス(主人公以外)
漫画
漫画
原作・原案など Sphere
作画 水風天
出版社 角川書店
掲載誌 月刊コンプエース
発表号 2009年8月号 - 2011年1月号
発表期間 2009年6月26日 - 2010年11月25日
巻数 全2巻
話数 14話
アニメ
アニメ
原作 Sphere
監督 高橋丈夫
シリーズ構成 荒川稔久
キャラクターデザイン 神本兼利
音楽 三輪学Bruno Wen-li
アニメーション制作 feel.
製作 奥木染町内会
放送局 #放送局を参照
放送期間 2010年10月4日 - 12月20日
話数 全12話
その他 R15+指定
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 美少女ゲーム系漫画アニメ
ポータル ゲーム漫画アニメ

ヨスガノソラ』(In solitude, where we are least alone. 縁の空[1][注 1])は、2008年12月5日CUFFSの姉妹ブランド、Sphereより発売された18禁恋愛アドベンチャーゲーム、およびそれを元にした漫画・アニメ作品である。

概要[編集]

ヨスガノソラ[編集]

山奥の田舎町へ妹と2人で移り住んだ主人公が、妹やヒロインたちと共に不器用な恋愛を展開する物語である[2]

CUFFSの姉妹ブランド・Sphereのデビュー作。本作の企画がCUFFSでは制作が難しかったため、企画と共に新ブランドを立ち上げた[1]

シナリオ担当の太刀風雪路は、タイトル「ヨスガノソラ」について、「どこでもどんな時でも変わらずそこにある空のように、人と人との関係もそうありたい」という願いや憧れを込めたと語っている[1]。漢字では「縁の空」だが、音の響きを重視してカタカナとした[1]。作品のテーマとしては、素直で優しすぎるために自分の気持ちを押し殺してしまう、あるいは素直でない姿を周囲に当たり前と思われてしまって本心が伝えられない、といった「意志の疎通の難しさ」を表現している[1][2]

2010年10月29日には、本編の通常版パッケージが発売された[3]

ハルカナソラ[編集]

2009年9月25日に発売されたファンディスク[4]。本編で人気だった妹ヒロイン・穹のアフターストーリー、本編でサブキャラクターだったやひろと梢のショートストーリー、音声コンテンツ、壁紙ファイルなどを収録する[5][6]。本編でやひろと梢が人気だったため、彼女たちを中心としてファンディスクの企画が立てられた[5]。「縁(ヨスガ)で繋がれた思いが広がっていく」という意味で、タイトルを「ハルカナソラ」とした[5]

萌えゲーアワード2010」で、ファンディスク部門の銀賞を受賞した[7]

あらすじ[編集]

(出典:[1][8]

不慮の事故で両親を亡くした双子の兄妹の春日野 悠春日野 穹は、それまで住んでいた都会から離れた山里にある奥木染町(おくこそめちょう)へ移り住み、かつてその地で医者を営んでいた亡き父方の祖父母の家で、兄妹2人の生活を始めることとなった。

以前遊びに訪れた際に知り合った依媛 奈緒天女目 瑛との再会、新たな友人たちとの出会い、そして手の掛かる妹との生活。穏やかな時間の中で、やがて悠は自分の本当に大切な存在に気付いていく。

登場人物[編集]

(出典:[1][8]

担当声優はゲーム版 / テレビアニメ版の順。

主人公[編集]

春日野 悠(かすがの はるか)
声:なし / 下野紘松元惠(幼少期)
身長:170cm / 血液型:O / 誕生日:2月5日
本作の主人公。両親を突然の交通事故で亡くしたため、双子の妹である穹と一緒に奥木染町へ引っ越してきた少年。穂見学園1年生。家事全般が苦手であるうえ、穹が面倒くさがりなために四苦八苦しているが、生来マメな性格であるからか簡単な料理などの自炊を率先して行うなど、徐々にではあるが上達している。両親の事故があった当初は親戚に引き取られる話もあったが、両親の葬儀や経営していた家具店の閉店などで精神的に疲れてしまい、穹共々お互いが引き離されることを拒んだこともあって、田舎で放置されていた父方の祖父母の家に移り住むことにした。その際、「……ハルの好きにしたらいい」と穹に背中を押されたことが引っ越しの決め手になったのだが、悠としては「穹を連れて逃げた」という意識もあるため、心中はやや複雑。
都会育ちの美少年という顔立ちで、自然と女性にモテるが本人は自覚していない。お人好しであり、自分だけで物事を背負い込むところがある。趣味はファッション雑誌を眺めること。都会に住んでいた頃は着るものにも割と気を遣っていたが、奥木染へ来てからは「楽だから」という理由を挙げ、Tシャツ姿で過ごしている。運動神経は悪くないが、幼い頃のトラウマから水を苦手にしており泳ぐことができない。
町医者の祖父と産婆の祖母は「春日野医院」という医院を営み、2人とも地元から厚く信頼されていたため、孫である悠たちはその恩恵を受けることがある。また、家具屋を営んでいた両親のうち、母の影響で服や物を見るセンスが鍛えられている。穹の方がセンスは上のため駄目出しをされることも多いが、髪のセットなど時には穹より強くこだわることがあり、瑛などからは「お洒落さん」と言われている。両親が車で国内出張に出た際、帰り際にかけてきた電話で穹とお土産をねだったことが原因で2人が事故死したと思っており、今でもそれを悔やみ続けている。
漫画版では、料理を始め比較的なんでも出来るキャラクターとして描かれており、原作やアニメ版と比較して自分の意見をハッキリと言うことが多い。奥木染に移住した理由も両親の死に嘆き、自分と離れ離れになることを恐れて涙する穹を「守るため」であり、穹を自身の行動基準にしている。また、原作でたびたび勧められている女装を一度だけしており、穹だけでなく梢などにも好評だった。[要出典]
テレビアニメ版では、奥木染町に引っ越してきた際に自転車を購入、穹のために荷台に座布団をくくり付け、買い物などに使用している。また、おまけパートではギャグっぽさが突出した性格になっている。原作とも漫画とも違う性格付けがされている[要出典]為、出演声優からは違和感を覚える声があった。ヨスガノソラ BD 春日野穹 20P特別ブックレットにて田口宏子が「穹とハルがカップルという固定観念があったので、そんなに簡単に他の子へいってしまうの?という印象はありましたね」と発言。

ヒロイン[編集]

天女目 瑛(あまつめ あきら)
声:月城真菜 / 阪田佳代
身長:153cm / 血液型:A / 誕生日:8月3日
悠のクラスメイト。悠と昔一緒に遊んだことのある「叉依姫神社」の娘。温厚でいつもニコニコしているが、何を考えているかわからない部分や他人の心理を達観している部分がある。人懐っこく、悠のことは「ハルくん」、一葉のことは「カズちゃん」、亮平のことは「亮兄ちゃん」と呼ぶ。特に一葉とは幼少時からの親友で、その間柄から彼女に怒られることが多い。
巫女と神社の管理人を兼任しており、神社で一人暮らしである。そのため、普段は巫女服でいることが多い。神主だった祖父が2年前に亡くなった後は、保護者となってくれたやひろの家へよく食事を作りに行っている。また、老人達の手伝いで町内を走り回っており、皆にかわいがられている。自分のルート以外では他ヒロインのサポートに回ることが多く、悠と穹の関係については一貫して肯定的な立場を取っている。そのため、梢などには損な性格であると考えられているのだが、本人が気にしている様子はない。
煮物が得意で、よく作り置きをしている。記憶力が優れており、昔の出来事などをよく覚えている。背丈は小さいが毎日神社の長い階段を昇り降りしているせいか、体力は人一倍ある。
漫画版では、原作における達観した性格が強調されており、人の心を読んでいるとしか思えない言動や、未来を正確に予測するなど、尋常ではない雰囲気を醸し出し、クールな表情も多い。そのため、悠からは「心を見透かされている」と思われることもあったが、基本的には穹共々信頼を寄せている。また、穹に請われて個人的に料理を教えるなどして、穹の家事スキルアップに一役買っている。
テレビアニメ版では原作・漫画で見せた達観性が成りを潜めている。おまけパートでは、デフォルメ化された際に登場人物の中で唯一顔が極端に巨大化されており、目の焦点もブレまくっている。酒に悪酔いした初佳には、「デメキン」とまで呼ばれた。その際における顔の大きさは、話数が進むにつれて大きくなっている[注 2]
依媛 奈緒(よりひめ なお)
声:木村あやか / いのくちゆか
身長:163cm / 血液型:AB / 誕生日:10月7日
幼少時の悠たちが遊びに来たときはいつも面倒を見てくれていた、1つ年上の近所のお姉さん。穂見学園2年生。背丈以上に目立つ巨乳の持ち主で、いつも眼鏡を掛けている。悠のことは「はるちゃん」と呼ぶ。
昔と同じように悠たちを気にかけてくれるうえ、登校も一緒である。料理や裁縫などの家事は上手で、悠たちの家事を積極的に手伝ったりするが、穹にはとある過去の出来事が元で目の敵にされている。水泳部に所属しているが、プールに入って泳いでいることよりプールサイドで読書をしていることが多い。また、両親の不仲に端を発した家庭内事情から自宅にいるのが苦手で、よく外出している。
漫画版では、ほぼ原作と同じキャラクター付けで、ストーリーラインにも変化はないが、過去の出来事がより一方的な行為として描写されており、悠が未だに悪夢として魘されることもあるなど根が深く、穹とも完全な和解には至らなかったなどの違いもある。
テレビアニメ版では、原作に輪を掛けてプロポーションを強調した描写が盛り込まれている。また、おまけパートでは若干太った体型で描かれ、デフォルメ化された際にブタのような尻尾が付けられている。
渚 一葉(みぎわ かずは)
声:五行なずな / 小野涼子
身長:164cm / 血液型:A / 誕生日:8月3日
悠のクラスメイト。地元代議士の一人娘。ややきつめの顔立ちをした才色兼備で清楚なお嬢様だが、高飛車や居丈高なところはなく、むしろ常識人な面が目立つ。しかし、自身をからかうことが多い亮平や瑛を相手にする際は手が出ることも多く、負けず嫌いで意地っ張りなところもある。とある事情から瑛に対しては時折過保護な言動を見せ、悠などには「瑛のお姉さん」と認識されている。「天女目 瑛」が姉(異母兄弟)で「渚 一葉」が妹であると本人が言っていて、一部の人を除いては他の人は知られていない(TV第3話)。悠とは瑛を通じて友人になるも、自身のルートも含めて「相性が悪い」ことを自覚しており、梢ルートでは悠と接する理由を「瑛が懐いているから」とハッキリ口にもしている。ハルカナソラにおける悠と穹の関係を理解するのにも一番時間が掛かり、抵抗感も少なからず持っていた。
ツッコミの際にはどこからともなくアルミ缶の蓋を取り出して叩くが、どこから取り出しているのかは謎。通学の時は、家から車で行く時は瑛を迎えに行ってから悠たちの所で降りて徒歩で通学する。
ヴィオラのレッスンを受けており、上手に演奏することができるが、聴くのは両親を除くと瑛と師匠だけである。ヴィオラの他に華道、日本舞踊、お菓子作りのレッスンも受けている。
漫画版では、原作における悠との相性の悪さが強調されており、一方的に突っかかることもあれば、手を上げることもあり、ツンケンとした態度を取ることが多い。そのため、悠とは仲がいい関係であるとは言いづらいのだが、終盤で穹が行方不明になった際は「恩があるから」という理由で捜索に駆けつけるなど、友達思いではある模様。
テレビアニメ版では、奈緒と同様にプロポーションを強調した描写が多く、瑛への過保護さも強調されている。缶の蓋によるツッコミも、現実味がないことから蹴りなどになっている。また、保健委員に所属しているという設定が追加されている。エンディングアニメーションでは、デフォルメ化された際にヴィオラを指で弾いたり、ヴィオラの演奏中、寝惚けた瑛によって頭から丸呑みにされてしまう。
乃木坂 初佳(のぎさか もとか)
声:遠野そよぎ / 岡嶋妙
身長:160cm / 血液型:O / 誕生日:12月23日
渚家のメイド。短大卒業間際の就職活動に失敗して実家でブラブラしていたところ、親の友人かつ渚家の家政婦である多々良(たたら)に誘われて2年前から渚家で働いているが、本人はメイド服を恥ずかしがっている。しかし遅刻しそうになった時は家からメイド服のままバス通勤することがある。梢とは家が近く知り合いでもあるが、落とした携帯を拾われるなどフォローされることも多く、あまりのだらしない性格を説教されたときは、年下相手に逃げ出すほど萎縮してしまった。やひろとも友人であるが、こちらは彼女の家でたびたび酒を飲むなど良好な関係であり、持ちつ持たれつといった感じである。
実家では両親と同居しており、家事は任せっきりで下手。渚家では余裕のある態度を取りたいが、要領が悪く落ち着きも足りないうえ、目の前のことしか考えられず、空回りして失敗することも多い。そのため、渚家の秘書である月見山(やまなし)にはよく小言を言われている[注 3]
酒癖が悪く、他人に絡むタイプ。仕事の合間にはよく合コンに参加しているが、酒癖の悪さもあって敗北続きである。
漫画版には登場しない。
テレビアニメ版ではおまけパートのメインを担当。悠へ欲望を剥き出しにする描写が多いうえ、デフォルメ化された際には胴が非常に長く伸びたりする。また、二階の自室での自慰や逢瀬の時は、一階の茶の間でくつろいでいる両親のところまではっきりと聞こえるほど声が大きい。また、初佳の「今日の一言」でおまけパートは終了する。
春日野 穹(かすがの そら)
声:白波遥 / 田口宏子
身長:152cm / 血液型:O / 誕生日:2月5日
悠とは双子(二卵性双生児)の兄妹で、口数が少なく無気力な引きこもり。悠のことは「ハル」と呼ぶ。人形のようと形容されることもある、色白の美少女[注 4]面倒くさがりな性格をしており、家事などは悠に任せきりであるが、原作および漫画版では徐々に覚えていき率先して行うようになる。服は主に白色系を好み、外出時にはワンピースゴスロリ調の服を着る。髪も普段はロングヘアの両端をリボンで束ねる程度で、学校へ行く時などはツインテールにする。
幼少期から病気がちで入退院を繰り返してきたために悠とは顔立ちこそ似ているものの体格差がある。また、入院時は悠がお見舞いに来ないときの暇つぶしに勉強していたため勉強は彼より格段にできる。また、母の影響で服や物を選ぶセンスが鍛えられており、センスは彼より上。わがままな面も見られるが基本的には悠の意思に従っており、かつて悠に言った言葉のとおり、最終的には悠のことを想って行動することが多い。
インターネット依存症の気があり、主にファッションサイトや掲示板などを眺めている。それを心配した悠によって奥木染に越してきた当初はネットを導入してもらえなかったが、瑛ルートではネット環境のある伊福部商店に出かけたり、ハルカナソラでは携帯のネットを利用して専用の機器を取り寄せるという強硬手段に出ている。食べ物の好き嫌いが多く、刺身を「焼いたら食べられる」など極端な嗜好をしており、カップラーメン以外のジャンクフードを好む。家事のスキルは当初、オーブンレンジでトーストも焼けないほどであったが、後々の努力によって悠の手伝いができるぐらいには成長しており、ハルカナソラでは悠も驚くほどおいしいクッキーを焼きあげるなど、多彩な才能を見せている。
お気に入りである黒うさぎのぬいぐるみは母親が旅先で買ってきてくれたお土産で、形見といえる品だが、後述の漫画版では幼少期にハルからプレゼントされたことになっている。
ハルカナソラ』では、本編のヒロインで唯一、「蒼穹の果てに」という後日談が描かれている。
漫画版では、原作以上に悠への想いを明確化させており、そのため奈緒に対する敵愾心の強さが強調されている。また、原作ではあまり描かれることのなかった病弱設定も描かれており、発作を抑える薬を飲むシーンや、お祭りの最中に意識を失うシーンなどもある。悠が他ヒロインと親しくしているところを見てヤキモチを焼くこともあり、奈緒との和解も表面上のものに留まった。家事に対しては原作以上に積極的で、自主的に瑛の元へ習いに行くなどして腕を上げており、悠の好きなものであれば一通り作れるようになっている。
テレビアニメ版では、レトルト食品は食べられるようになっており、携帯電話はスマートフォンを使用している他、自転車に乗れないという設定が追加されている。また、黒いウサギのぬいぐるみはおまけパートで綿が飛び出たり首が取れていたりと散々に扱われている。

その他の人物[編集]

倉永 梢(くらなが こずえ)
声:春奈有美姫川あいり[注 5] / 峰岸由香里
身長:158cm / 血液型:A / 誕生日:6月1日
クラスの学級委員長で、そのことから愛称は「委員長」。責任感が強く、真面目で面倒見がいい。初佳とは家が近所で、親同士が知り合い。
ずっと田舎暮らしのため、都会的なものに憧れている。趣味はファッション雑誌を眺めること。また、時々少女っぽい妄想で自分の世界に入り込むことがある。
転校してきた「都会の美少年」である悠に一目惚れしており、そのことをからかわれると赤面する。そのため、悠の前では緊張でうまく話せなくなってしまう。態度から周囲(特に亮平)にはバレバレだが、当の悠には全く気付かれていない。割かし面倒見が良く、悠から請われたこともあってか穹とも交流を深めており、彼女からもそれなりに信頼されている。
『ハルカナソラ』では、ヒロインとして描かれている。会社員の父親と専業主婦の母との三人暮らしで、作中では穹に容姿的にコンプレックスを抱きつつ振り回される一場面も描かれ、また、時折妄想で自分の世界に入り込むことから、穹から「突発性誇大妄想肥大化症候群」と病名を付けられた。また、個性が強く独特的な自室は、訪れた穹と悠から旅館みたいだと即答されている。
漫画版では、穹ルートと同じ役回りで登場しているが出番は少なく、特に穹との交流はほとんど描かれていない。悠の女装姿に目を輝かせるなど原作以上に危うい一面も見せたが、原作と同じ結末を迎えた。
テレビアニメ版では、原作から大きな改変が加えられており、悠と穹の関係を一貫して拒絶し、最終的に和解した原作および漫画版と違い最後まで否定し続け、そのショックで髪型を変え、言葉使いも若干変貌している。なお、学園には自転車(ミニベロ)登校をしている。おまけパートでは、常に悠に遠くから熱い視線を送っている。
伊福部 やひろ(いふくべ やひろ)
声:一色ヒカル / 田中涼子
身長:165cm / 血液型:B / 誕生日:1月10日
神社の近所にある駄菓子屋「伊福部商店」の店主。身寄りのない瑛の保護者でもある。キツイ系の美人で口が悪い。初佳とは幼少時から短大まで同じ学校で、今でも一緒に飲むことが多い。大の酒好きで、飲みすぎて二日酔いになることもある。
手間が掛かることを苦手としており、店番を瑛に押し付けることも多い。また、店の商品を食べることもある。食事も普段は瑛に作ってもらっているが、一人暮らしの経験があるため、家事ができないわけではない。むしろ、料理については非常に上手。また、ゲーム版では伊福部商店にネットを繋げて、接続環境が町一番に整っているため、時々穹が訪れて勝手にやひろのノートPCを立ち上げてはネットをしている。
かつては一流企業に勤めるほどのエリートであったが、複雑な人間関係に嫌気が差して辞職。故郷である奥木染町へ帰り、祖母の駄菓子屋を継いだ。駄菓子屋を営んでいる傍ら、開設したブログで町の紹介などをし、そのブログがネット上では人気があるため、通販会社と提携するようになり、通販の売り上げの数割をギャラとしてもらっている。『ハルカナソラ』での梢ルートでは、高級アイスの仕入れルートを開拓し、何気に販売するなどキャリアウーマン時代の手腕を見せる場面もある。
瑛のことを「にょめ」と呼ぶことがある(由来は「天女目」→「女目」→「にょめ」)。
『ハルカナソラ』では、ヒロインとして描かれている。漫画版では瑛関係で僅かに登場するだけで、それ以降の出番はない。
テレビアニメ版では一葉・瑛ルートのみ登場し、おまけパートでは、初佳と一緒に合コンに出かけては毎回失敗に終わったり[注 6]、瑛と初佳との三人で伊服部商店でくつろいだりと、夜での私生活が描かれている。
中里 亮平(なかざと りょうへい)
声:後野祭 / 中國卓郎
身長:175cm / 血液型:B / 誕生日:9月25日
悠たちより1つ年上だが、留年して彼らのクラスメートとなっている少年。主に甚平を普段着としており、あごヒゲがトレードマーク。
セクハラ発言の多い浮かれた言動を取るため、瑛以外の女性陣からはツッコミを受けたり無視されたりと酷い目に遭うことが多いが、本人は「率先してバカやってる」ということもあり、意識的にそうしたキャラクターを演じている部分もある。悠とは、彼が年齢が上の自分に分け隔てなく(タメ口など)で接してくれたことから好感を持ち、大切な友人として友情を深めている。
名前の「亮」が「あきら」と読めるため、瑛と一緒にいるときは「Wあきら」と言われる。
漫画版では、自身の過去と密接に関係する初佳が登場しないため、原作におけるシリアスな部分は控えめになっている。原作以上に悠の女装姿に「食べちゃいたいぐらい」関心を持っており、悠の夢の中ではあるが一度ならず襲いかかったことも。
テレビアニメ版では普段着は主にTシャツとGパンになっており、穹への惚れっぷりが多少強調されている他、おまけパートでは、事ある毎に親指を立て、たまにデジカメを持っている。
師匠
叉依姫神社に長年住み着いている大柄の猫。大抵は神社にいるが時々町を徘徊することがあり、たまに瑛の頭の上に乗っている。師匠とは瑛が名付けた名前であり、一葉などからはただの猫として認識されている。心情を見透かした瞳をする時があり、悠の道標的役割をすることもある。漫画版はそれが顕著で、瑛以上に不思議な雰囲気をまとっており、空気の流れの変化を感じ取ったり、悠と穹の問題が解決したことを察知するなど、ただの猫とは違うことを印象づけている。
テレビアニメ版にはほとんど登場せず、おまけパートでは、デフォルメ化された際にはうなぎのような軟体状態で瑛の髪の中に潜っている。
一葉の父親
奥木染町の名士で地方代議士。一葉とはとある理由で敬遠されているが、それでも「娘たち」の身を案じている。悠と穹に対しては、祖父母に昔からの大恩があるため、できるだけの協力をも厭わない気でいる。

物語の舞台[編集]

物語の舞台である奥木染町は、本作のキャラクターデザインを務めた橋本タカシの親戚が住んでいた集落をモデルとしたことが明かされている[9]。具体的には栃木県足利市樺崎町周辺[10]の風景がモデルと言われており、作中に登場する神社は樺崎八幡宮に似ていることが指摘されている[10]

作中における主な設定としては、バスは一日二本、電車は隣町の穂見町(ほずみちょう)の駅から乗らなければならない。携帯電話の普及率も低く、作中でも携帯電話を所持している学生は悠・穹・一葉の三人しかいない。コンビニは車で30分掛かる県道の方にあるのみで、そこよりマシな場所、駅の先にある街道沿いに八百屋を大きくしたようなスーパーが一軒だけある。また、週に二回移動販売車「スーパー・タカノ」が広場にやって来ており、悠や穹はそれを利用することも多い。[注 7]また、奥木染周辺では回転寿司チェーン店「らっぱ寿司」が有名で、穂見駅の看板で広告されている他、隣町のアーケード街にらっぱ寿司のチェーン店があり、そのテーマソングは瑛のお気に入りでもある。[注 8]。毎年夏になると叉依姫神社で夏祭りがあり、巫女である瑛は神楽舞を舞うことになる[注 9]。叉依姫神社の奥宮には「始まりの場所」と呼ばれる湖があり、「死ぬ前に戻ればもう一度生まれ変わって人生をやり直せる」という言い伝えがある。

また、アニメ版のみの設定として悠たちが通う穂見学園は昔は家政系の女子高であり、そのため女子の制服は伝統的にボタン付けは自分ですることになっている。

テレビアニメ版の放送開始と前後し、奥木染町のモデルとされる足利市にはファンが舞台探訪に訪れるようになったため、住民の一部からは本作を地域おこしに結びつけようという意見もあったという[10]。一方、本作が性描写を伴う内容であることから、テレビアニメ版の関係者からはそうした動きに難色を示す意見も出されるなど、慎重論も寄せられた[10]。こうした中、2010年10月17日に樺崎八幡宮で行われた秋季例祭では、本作のスタッフにより、地域住民向けの紹介展示やロケ地の紹介などが行われている[10][11]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

ヨスガノソラ(主題歌)[編集]

主題歌「道の先、空の向こう」
作詞 - 綾菓 / 作曲・編曲 - Manack / 歌 - Rita
エンディング「夜明けのプリズム」
作詞 - 綾菓 / 作曲・編曲 - Manack / 歌 - Rita

ハルカナソラ(主題歌)[編集]

主題歌「フタリ」
作詞 - Duca / 作曲・編曲 - 東タカゴー / 歌 - Duca

購入特典[編集]

ヨスガノソラ(購入特典)[編集]

ヨスガノソラ IMAGE CD
初回限定版付属のCD。ボーカル曲とイメージテーマが収録されている。
ボーカル曲「君、繋ぐ空。」
作詞 - コツキミヤ / 作曲・編曲 - 折倉俊則 / 歌 - Rita
イメージテーマ「交響詩ヨスガノソラ」
作曲 - 折倉俊則 他
ヨスガノソラ Visual Art Collection.
予約キャンペーンで発売日までに予約すると特典として付いてきた品物。イラストレーター全16名による完全描き下ろし『ヨスガノソラ』イラスト集。参加したイラストレーターは、橋本タカシ☆画野朗兼清みわ源之助フミオちこたむ鈴平ひろ七尾奈留、九尾、KEG小沢悠狐印鶏野郎緋賀ゆかり植田亮カントク

ハルカナソラ(購入特典)[編集]

黒ウサぬいぐるみ
初回限定版特典。
オリジナルキャラクターソング集CD
初回限定版特典。瑛・一葉・初佳のキャラクターソング、主題歌「フタリ」の穹バージョン・Ducaバージョンを収録。
春日野穹ピロートークCD「ソイネノソラ」
予約キャンペーン特典。

関連商品[編集]

CD[編集]

道の先、空の向こう
歌 - Rita / 発売 - 2008年9月26日 / ASIN:B001F50LG2
『ヨスガノソラ』オープニングテーマ「道の先、空の向こう」とエンディングテーマ「夜明けのプリズム」を収録したマキシシングル。ジャケット画は橋本タカシ描き下ろしの天女目瑛。

漫画[編集]

ヨスガノソラ
原作:Sphere / 作画:水風天
月刊コンプエース」2009年10月号から2011年1月号まで連載[12]。ただし2010年4月号では単行本化作業のため、2010年9月号ではアニメ進行に合わせるため、それぞれ休載している。後者では代わりに単行本第1巻告知漫画が掲載された。
コミックスは角川コミックスエースより全2巻。
  1. 2010年5月26日発売 / ISBN 978-4047154285[13]
  2. 2010年12月25日発売 / ISBN 978-4047155862[14]
ストーリーは、原作の穹ルートを主軸に、瑛・一葉シナリオや奈緒シナリオなどを差し挟む構成となっている。

テレビアニメ[編集]

2010年5月にテレビアニメ化が発表され[9]、2010年10月よりAT-XBS11TOKYO MXにて放送された。全12話。

AT-Xの視聴年齢制限枠での放送のため、TOKYO MXやBS11では一部の性的なシーンに修正が加えられた[注 10]。なお、TOKYO MXやBS11ではスターチャイルドの1社提供番組となっていた[注 11]

シリーズ構成の荒川稔久によれば、作品舞台である田舎の情景を意識して作品に取り入れている[15]。また原作には無い「携帯の電波がほとんど届かない地域」という設定により、簡単に物事が進まない不便さが作中の人間関係に微妙な影響を与えている[15]

監督の高橋丈夫によれば、全12話の物語で分岐型のPCゲームを再現する意図から、1人のヒロインのエピソードを描いた後、分岐時点に戻って次のヒロインを描く構成とし、シリーズ全体の流れに沿ってヒロインの並び順や各テーマを配置している[16]。各話に初佳が主人公のおまけ短編が付属している[17]

なお、DVDとBDでは収録構成が違っており、DVDではテレビ放送順に収録されているが、BDではユーザーが好きなヒロインのソフトを選択できるように各ヒロインごとに収録されている[16][18]

本放送中は、テレビアニメ版公式サイトとの連動企画が行われていた。本放送中に表示されるパスワードを公式サイトのダウンロードページで入力することにより、様々なデジタルコンテンツが配布される。各回、AT-Xの初回放送直後から次の初回放送開始直前までの配信となっているが、第1話と第2話の分に関してはパスワードのテロップが見え辛かったため、2010年10月26日午前0時から同年11月1日午後11時29分まではパスワードなしでダウンロードできるよう、代替措置が取られた[19]

スタッフ(アニメ)[編集]

(出典:[15][20][21]

主題歌(アニメ)[編集]

オープニングテーマ「比翼の羽根[22]
作詞 - riya / 作曲・編曲 - 菊地創 / 歌 - eufonius
オープニングのアニメーションは、悠と穹を中心にイメージビデオのような映像となっている[22]
エンディングテーマ「ピンキージョーンズ[23]
作詞 - 村野直球 / 作曲・編曲 - NARASAKI / 歌 - ももいろクローバー(現:ももいろクローバーZ)
エンディングのアニメーションは、本編のパロディと新規イメージカットで構成されている[23]
挿入歌「ツナグキズナ[24]
作詞・作曲・編曲 - nyanyannya / 歌 - Team.ねこかん[猫] featuring.天乙准花
挿入歌のアニメーションは、悠と穹の過去を描き、2人の生い立ちや引っ越した経緯がわかる内容になっている[24]

各話リスト[編集]

サブタイトルは、上段が本編、下段がおまけパートのもの。各話についているアルファベットと数字はルート話数を表す。また、サブタイトルには本編とおまけに共通する法則として、その回のキーパーソンの名前が何らかの形で含まれている。

話数 サブタイトル シナリオ 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督
第1話 ハルカナキオク 荒川稔久 高橋丈夫 さんぺい聖 杉山了蔵、枡田邦彰 神本兼利
M1 ダメモトカイナ 緒方浩美
第2話 AK2 アキラ ハズカカズハ)シ しまづ聡行 奥野耕太 川島尚
M2 モトカラソコツ 高橋丈夫 緒方浩美
第3話 K3 カズハナレズ 秋月ひろ 高橋丈夫 津田尚克 鈴木豪、佐藤元昭
緒方浩美、田中誠輝
岡田万衣子
杉山了蔵
枡田邦彰
M3 トカッカ 荒川稔久 緒方浩美 神本兼利
第4話 K4 ハル カズハート 秋月ひろ ふじいたかふみ 小菅洋、川島勝
M4 イツモトカワレ 荒川稔久 緒方浩美
第5話 A3 ヤミアキラカニ しまづ聡行 嵯峨敏 滝吾郎、清水勝祐
奥野浩行、落合瞳
M5 トカチタイ 高橋丈夫 緒方浩美
第6話 A4 アキラメナイヨ 佐々木奈奈子 上田繁 菊池聡延 居無洋
M6 メカ 高橋丈夫 緒方浩美 神本兼利
第7話 NS2 ツミナオトメラ しまづ聡行 ふじいたかふみ 枡田邦彰、杉山了蔵
佐藤元昭、村山公輔
鈴木豪、川島勝
立田眞一
M7 ミミモトカンデ 高橋丈夫 緒方浩美
第8話 N3 ナオクラキ ソラ あみやまさはる しまづ聡行 小野田雄亮 大河原晴男
M8 ムナモトカモン 荒川稔久 高橋丈夫 緒方浩美
第9話 N4 ハルカ ナオモイ あみやまさはる 山崎光恵 駒屋健一郎 杉山了蔵、立田眞一 石井丈裕
神本兼利
M9 イマモトカイニ 荒川稔久 高橋丈夫 緒方浩美 神本兼利
第10話 S3 トリノソラネハ 津田尚克 枡田邦彰、鈴木豪
佐藤元昭、川島勝
M10 モトカレイマモ 緒方浩美
第11話 S4 ソラメクフタリ しまづ聡行 嵯峨敏 清水勝祐、滝吾郎
落合瞳
M11 モトカノメモリ 高橋丈夫 さんぺい聖 緒方浩美
第12話 S5 ハルカソラ 上田繁 立田眞一、鈴木豪
杉山了蔵、枡田邦彰
佐藤元昭、石井丈裕
尾崎綾子
M12 モトカハルカ 緒方浩美

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
日本全域 AT-X 2010年10月4日 - 12月20日 月曜 23:30 - 火曜 0:00 CS放送 視聴年齢制限あり
リピート放送あり
東京都 TOKYO MX 2010年10月8日 - 12月24日 金曜 2:00 - 2:30(木曜深夜) 独立UHF局
日本全域 BS11 金曜 23:30 - 土曜 0:00 BSデジタル放送 ANIME+』枠

DVD / BD[編集]

巻数 発売日 収録内容 規格品番 封入特典
DVD
ヨスガノソラ Vol.1 2010年12月22日 第1話 - 第3話 KIBA-1824 ブックレット
ヨスガノソラ Vol.2 2011年1月26日 第4話 - 第6話 KIBA-1825 ブックレット
ヨスガノソラ Vol.3 2011年2月23日 第7話 - 第9話 KIBA-1826 ブックレット
ヨスガノソラ Vol.4 2011年3月23日 第10話 - 第12話 KIBA-1827 ブックレット
BD
ヨスガノソラ 渚一葉 2010年12月22日 第1話 - 第4話 KIXA-75 『ヨスガノソラ』 オリジナルサウンドトラック -Arrange-
特別ブックレット
ヨスガノソラ 天女目瑛 2011年1月26日 第1話、第2話、
第5話、第6話
KIXA-76 添い寝CD(渚一葉・天女目瑛)
特別ブックレット
渚一葉・天女目瑛収納BOX
別冊小冊子「ヨスガノソラ オリジナルイラストレーションズ」
ヨスガノソラ 依媛奈緒 2011年2月23日 第1話、
第7話 - 第9話
KIXA-77 『ヨスガノソラ』 オリジナルサウンドトラック-New-
特別ブックレット
ヨスガノソラ 春日野穹 2011年3月23日 第1話、第7話、
第10話 - 第12話
KIXA-90078
(数量限定生産版)
添い寝CD(依媛奈緒・春日野穹)
特別ブックレット
依媛奈緒・春日野穹収納BOX
全巻収納BOX[注 12]
春日野穹ストラップぬいぐるみ
2011年4月6日 KIXA-78
(通常版)
添い寝CD(依媛奈緒・春日野穹)
特別ブックレット
依媛奈緒・春日野穹収納BOX
全巻収納BOX[注 12]

関連商品(アニメ)[編集]

ぬいぐるみストラップ「春日野穹」 C79ver
BD「春日野穹」編の限定版に付いていたものの別仕様。コミックマーケット79のスターチャイルドブースにて先行販売された後、フィギュアメーカーのGiftにて通信販売が行われた。
ヨスガノソラ OFFICIAL CHARACTERBOOK
テレビアニメ版の公式ガイドブック。
マジキュー4コマ ヨスガノソラ
タイトルロゴがテレビアニメ版のものになっており、コピーライトにも「奥木染町内会」の表記がある。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 【ヨスガ】という意味はテレビアニメ版ED曲「ツナグキズナ」では「寄す処」、DVD・BDパッケージ裏には「想い」とも訳されている。
  2. ^ 製作スタッフ曰く、なぜこのようになったのか関係者一同も全く分からず、夢と共に膨らむとのこと(BD天女目瑛 ブックレットより)
  3. ^ ネット上では駄目なメイドを略して「ダメイド」と呼ばれており、ハルカナソラでもやひろからそのように呼ばれている。
  4. ^ ハルカナソラにおいて、梢から明確に「美少女」だと言われている。
  5. ^ 春奈有美の体調不良による降板・変更。
  6. ^ EDで、夜道を二人でヤケ酒飲んで歩く姿が描かれている。
  7. ^ テレビアニメ版ではスーパー大木奈というスーパーが登場しており、スーパー・タカノは登場しない。また、大木奈の隣には地井サイクルという自転車がある。
  8. ^ ファンディスク「ハルカナソラ」の梢ルートでは、らっぱ寿司のBGMが収録されている(音楽鑑賞モードには未登録)。
  9. ^ 今期の夏祭りでの瑛のお勧めの屋台はドネルケバブサンド
  10. ^ ただし、AT-Xでも性行為が絡むシーン(例:第4話 (K4) )では、TOKYO MXやBS11ほどではないものの、いくつかのシーンで修正が加えられた。
  11. ^ AT-Xでは提供自体が存在しない。
  12. ^ a b 渚一葉・天女目瑛収納BOXと依媛奈緒・春日野穹収納BOXを収納可能

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g PC Angel neo 2009年1月号 pp.8-15.
  2. ^ a b DENGEKI HIME 2008年9月号 pp.114-118.
  3. ^ ヨスガノソラ Official Web Site”. Sphere. 2014年10月9日閲覧。
  4. ^ ハルカナソラ”. Sphere. 2014年10月9日閲覧。
  5. ^ a b c PUSH!! 2009年5月号 pp.20-21.
  6. ^ TECH GIAN 2009年5月号 p.78.
  7. ^ 萌えゲーアワード2010 結果発表特設ページ”. 萌えゲーアワード実行委員会. 2014年2月12日閲覧。
  8. ^ a b DENGEKI HIME 2008年9月号 pp.68-70.
  9. ^ a b 橋本タカシ (2010年5月28日). “アニメ・コミック・フィギュア・製作裏話【舞台】”. Sphere & CUBE STAFF Diary. Sphere. 2010年10月23日閲覧。
  10. ^ a b c d e 矢吹孝文 (2010年10月23日). “アニメ舞台 観光資源に”. 朝日新聞朝刊13版第2栃木版 (朝日新聞社): p. 34面 
  11. ^ かたひと (2010年10月14日). “ヨスガアニメ放映始まりました!”. Sphere & CUBE STAFF Diary. Sphere. 2010年11月26日閲覧。
  12. ^ コンプエース10月号、ゲームコミカライズ3本スタート”. コミックナタリー. 2014年10月9日閲覧。
  13. ^ 株式会社KADOKAWAオフィシャルサイト ヨスガノソラ (1)”. 角川書店. 2014年10月9日閲覧。
  14. ^ 株式会社KADOKAWAオフィシャルサイト ヨスガノソラ (2)”. 角川書店. 2014年10月9日閲覧。
  15. ^ a b c コンプティーク(2010年11月号) pp.162-163.
  16. ^ a b 2011、「高橋丈夫インタビュー」、『ヨスガノソラ OFFICIAL CHARACTER BOOK』、学研パブリッシング ISBN 978-4-05-404919-2 pp. 80-81
  17. ^ 2011、「乃木坂初佳」、『ヨスガノソラ OFFICIAL CHARACTER BOOK』、学研パブリッシング ISBN 978-4-05-404919-2 pp. 58-63
  18. ^ 2011、「Goods Information」、『ヨスガノソラ OFFICIAL CHARACTER BOOK』、学研パブリッシング ISBN 978-4-05-404919-2 p. 70
  19. ^ Download 『ヨスガノソラ』TV放送連動企画”. ヨスガノソラ. StarChild. 2014年2月8日閲覧。
  20. ^ 2011、「Goods Information」、『ヨスガノソラ OFFICIAL CHARACTER BOOK』、学研パブリッシング ISBN 978-4-05-404919-2 p. 82
  21. ^ メガミマガジン 2010年10月号 p.153.
  22. ^ a b 2011、「オープニングアニメーション」、『ヨスガノソラ OFFICIAL CHARACTER BOOK』、学研パブリッシング ISBN 978-4-05-404919-2 pp. 54-55
  23. ^ a b 2011、「エンディングアニメーション」、『ヨスガノソラ OFFICIAL CHARACTER BOOK』、学研パブリッシング ISBN 978-4-05-404919-2 pp. 64-65
  24. ^ a b 2011、「挿入歌アニメーション」、『ヨスガノソラ OFFICIAL CHARACTER BOOK』、学研パブリッシング ISBN 978-4-05-404919-2 pp. 56-57

外部リンク[編集]