失われた未来を求めて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
失われた未来を求めて
À la recherche du futur perdu
ゲーム
ゲームジャンル ADV
対応機種 Windows XP SP3/Vista SP2/7
ゲームエンジン 吉里吉里2
発売元 TRUMPLE
メディア DVD-ROM
発売日 2010年11月26日
レイティング 18禁
セーブファイル数 100 + 1(クイック)
画面サイズ 1280×720
キャラクターボイス あり(主人公以外)
テンプレート - ノート
Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg 『失われた未来を求めて』オープニングムービー(TRUMPLEjp) - YouTube
Nuvola apps kaboodle.svg 『失われた未来を求めて』CMムービー2(TRUMPLEjp) - YouTube

失われた未来を求めて À la recherche du futur perdu』(うしなわれたみらいをもとめて)は、2010年11月26日TRUMPLEから発売された18禁美少女恋愛アドベンチャーゲームである。「われめて」と略される。

2013年12月にアニメ化が発表された[1][2]

概要[編集]

TRUMPLEの処女作にして唯一の作品。本作は当初ABHARで開発されていたが、同ブランドの解散に伴い、関わっていた制作スタッフが再集結して生まれた新ブランドTRUMPLEから発売されることとなった[3]。ゲームの発売後、TRUMPLEは2012年7月27日に活動休止を発表した[4]

ABHARから2008年に発売された『水平線まで何マイル?』の世界観を引き継ぐ形で企画された。同じく内浜学園を主舞台とし、時間軸は約20年前[5]という設定になっている[3][6]

タイトルはフランスの作家、マルセル・プルーストの小説『失われた時を求めて』(原題:À la recherche du temps perdu)に由来することがうかがえる。

ストーリー[編集]

(出典:[3][6]

秋山奏は、所属する天文学会の個性的なメンバーと共に、今日も内浜(うちはま)学園の騒動の解決に当たっていた。ケガのため放課後遅くに保健室にいた奏は、校舎に響く怪音と振動を感じ、慌てて現場に駆けつけた所、何と全裸の少女が倒れていた。ゆいと名乗るその少女はそこにいた事情を全く話さないが、なぜか奏のことを知っている様子で、翌日に天文学会に入会する。そして学生会からの依頼を受け、学園の周囲で起こる「校内に現れる幽霊」「眠り病」「事故多発地区」の調査を始めた天文学会の面々だったが…

登場キャラクター[編集]

(出典:[3][6]

内浜学園天文学会[編集]

内浜学園は東京から100kmほど離れた海辺に建つ少人数制の学園[7]で、文化系の部活動は「学会」と呼ばれている。物語開始(2008年10月初頭)の時点で、新校舎完成前の旧校舎最後となる文化祭(総合学会)を目前に控えており、学会間や体育系部活との間でトラブルが相次いでいることから、天文学会は学生会からの依頼で治安維持を図っている。(学会内にタレントがそろっているため、学生会執行部が依頼先として選定した)。メンバーは普段は部室でのんびり過ごすことも多いが、今は文化祭関連の他に「校内に現れる幽霊」「眠り病」「事故多発地区」の3つの事件の調査を新たに受け、忙しい日々を過ごしている。

秋山 奏(あきやま そう)
クラス:二回生 B組
身長:175cm  体重:65kg  血液型:B型  誕生日:7月26日
本作の主人公。機械工学の権威の両親が海外へ行っているため、親の友人である佐々木家に預けられ、庭に建つ離れで寝泊まりしている。傑物揃いの天文学会では目立たないが、頭脳派で冷静に物事を分析・判断するタイプで、喧嘩や体力勝負は苦手。
佐々木 佳織(ささき かおり)
声優:有栖川みや美
クラス:二回生 B組
身長:152cm  体重:47kg  血液型:A型  誕生日:3月2日
天文学会の副会長で、奏の幼馴染み。父親が研究者で海外へ出ているため、母親の詩織、居候の奏と3人暮らしをしている。器量良しで料理も得意なため、学園の男子の人気は高い。争いを好まず平和主義で、奏や学会のメンバーが学内の騒動で喧嘩するのをハラハラしながら見守っている。幽霊が苦手。
支倉 愛理(はせくら あいり)
声優:かわしまりの
クラス:二回生 A組
身長:162cm  体重:53kg  血液型:B型  誕生日:4月10日
天文学会の会長で、文武両道の才女。かつては文系を目指していたが、ある時から理系志望に転じる。成績は良いものの、遅刻やサボりも多く、生活態度はあまり良くない。喧嘩の腕前は男勝りで、「内浜の最終兵器」の異名を持つ。佳織とは親友。
古川 ゆい(ふるかわ ゆい)
声優:青山ゆかり
クラス:一回生 A組
身長:157cm  体重:??kg  血液型:??  誕生日:??
校内に全裸で倒れていた謎の少女。その事情については何も話さないが、奏のことを以前から知っていた節がある。礼儀正しく冷静沈着な性格だが、世間の常識に疎く、ややズレた一面を垣間見せる。
華宮 凪沙(はなみや なぎさ)
声優:民安ともえ
クラス:三回生 C組
身長:148cm  体重:46kg  血液型:AB型  誕生日:2月16日
地元の名家である華宮家の令嬢であるが、本人はその家柄で判断されることを嫌っている。頭の回転が非常に速く、また策謀家で毒舌家。性格は根っからのSで、誰もが凪沙を敵に回す事を恐れている。加えて強いカリスマの持ち主で、自らのファンクラブを元に「華宮会」なる特殊情報部隊を作り上げたほど。
長船・KENNY・英太郎(おさふね けにー えいたろう)
声優:山口勝平
クラス:二回生 C組  所属:天文学会
身長:180cm  体重:70kg  血液型:B型  誕生日:7月16日
アメリカからの交換留学生。運動能力を買われて来日したものの、奏に勧誘されて天文学会に入会した。喧嘩は強いが、英語混じりのおかしな日本語を話し、時折突拍子もない行動を取る。婚約者のジェニファーを本国に置いてきており、写真を常に持ち歩いて、ときどき取り出しては話しかけている。

その他[編集]

佐々木 詩織(ささき しおり)
声優:本山美奈
佳織の母親。奏の両親とは友人(同僚の研究者)で、その縁で奏を預かっている。普段は優しい人だが、奏や佳織が悪さをすると長時間の説教をすることもあり、2人はかなり恐れている。
会長
声優:HAYATO
学生会の会長。本名は不明。天文学会に校内のトラブル解決を依頼してくる。おおむね好人物だが、時折欝陶しい。
山賀 寧子(やまが ねこ)
声優:加賀美琴音
クラス:二回生 B組
学生会の副会長。本編中では「副会長」とのみ表記。天文学会のことはあまりよく思っていない。会長のことを想っているような描写が見られる。
小川 光憲(おがわ みつのり)
声優:波動拳
天文学会の顧問の老教師。部室にはほとんど顔を見せない。
東 八重子(あずま やえこ)
声優:とまとあいこ
クラス:三回生 C組
三回生で、凪沙の同級生。文芸学会に所属。校内での「幽霊」目撃者として、天文学会に連れてこられる。
本城 作之進(ほんじょう さくのしん)
声優:山中荘一
華宮家の初老の執事。基本的には礼儀正しいが、モンゴル相撲の使い手で、凪沙に近づく男は容赦なく投げ飛ばす。
ボス
声優:滑川菊太郎
柔道部の部長。力こそ正義と思っており、融通が利かない。彼の暴力行為により、佳織は右足を負傷する。
柔道部員A
声優:ピエールとみー
柔道部員B
声優:滑川菊太郎
柔道部員C
声優:HAYATO
総合学会で柔道部の発表の場を増やそうとしてトラブルを起こし、天文学会と戦う。

スタッフ[編集]

(出典:[3][6]

  • キャラクターデザイン・原画: 深崎暮人(佳織、愛理、詩織、男性キャラクター) / 黒谷忍(ゆい、凪沙、女性キャラクター) / 成瀬未亜(SD原画)
  • シナリオ: オオタリョウ / サイトウケンジ / 沢柾機
  • プロデューサー: cc

主題歌[編集]

オープニングテーマ:「∞未来
作詞:橋本みゆき、作/編曲:羽鳥風画、歌:橋本みゆき
挿入歌:「ray of memories」
作詞:橋本みゆき、作/編曲:羽鳥風画、歌:橋本みゆき
エンディングテーマ:「Salut.soleil!」
作詞:橋本みゆき、作/編曲:羽鳥風画、歌:橋本みゆき

関連商品[編集]

CD[編集]

∞未来
2010年10月27日発売 発売元:Lantis
主題歌3曲のフルバージョン/インストゥルメンタルを収録。

書籍[編集]

『失われた未来を求めて ビジュアルファンブック』
2011年5月27日発売 発行:エンターブレイン ISBN 978-4-04-727312-2
ゲーム本編や各種媒体で使われたイラスト、キャラクター設定画、スタッフインタビュー、オオタリョウによるオリジナル小説「失われたオマケを求めて」を収録。
『失われた未来を求めて』(カドカワコミックスエース)
原作:TRUMPLE/アトリエ ハイキー 漫画:SASAYUKi 発行:角川書店
1巻:2012年2月24日発売 ISBN 978-4041201343
2巻:2012年11月19日発売 ISBN 978-4041204191
月刊コンプエース2011年11月号から2012年10月号まで連載。

脚注[編集]

  1. ^ 「失われた未来を求めて」のアニメ化が、発表されました。”. TRUMPLE (2013年12月29日). 2014年6月29日閲覧。
  2. ^ 失われた未来を求めて (アニメ化決定。)”. アトリエハイキー. 2014年6月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e PUSH!!(2010年9月号) pp.64-67.
  4. ^ 活動休止のお知らせ”. TRUMPLE. 2014年3月13日閲覧。
  5. ^ 『水平線まで何マイル?』の作中において西暦2030年 - 2031年という描写があり、本作は2008年からスタートする。
  6. ^ a b c d 『失われた未来を求めて ビジュアルファンブック』。
  7. ^ 初回限定版同梱の「設定資料集」より

外部リンク[編集]