SUSE Linux Enterprise Server

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SUSE Linux Enterprise Server(SLES:スレス)は、ドイツ SUSEにより開発されたLinuxベースの商用Linux オペレーティングシステムである。サーバー、メインフレームのためにデザインされている。ここではサーバー版の SLES について説明している。

SLES 12 sp1 が、2015年12月18日リリースされた。

特徴[編集]

IBM のワトソン[1]シリコングラフィックス (SGI)の HPC[要曖昧さ回避] やミッションクリティカルな分野では圧倒的な実績を作っている。かつては、東、南欧諸国を始め、南米など非英語圏でのシェアは高かったが、元来、エンタープライズ分野に強い Novell による買収以降、英語圏(米英など)での利用事例が増えた。例えばロンドン証券取引所[2]オフィス・デポ[3]三菱東京UFJ銀行[4]で採用されている。同じドイツ製品という事もあり2014年7月[5]まで SAP の唯一、認定されチューニングされた Linux ディストリビューションである。[6]

オープンソースでありながら、顧客ニーズを重視している事の表れとして Novell の1部門だった時代に マイクロソフト との相互運用の提携を行った。初期の Hyper-V 仮想化環境における唯一の動作認定を受けた Linux ディストリビューションでもあり、SLES には Hyper-V 統合サービスがあらかじめ導入されている。

堅牢性と高信頼性と併せ Yet another Setup Tool (YaST:ヤスト) ツールによる CUI および GUI でのインストールと設定、管理の自動化ツールにより、コマンドラインでの管理に不慣れな管理者でも容易にセットアップを行う事ができる。YaST のパッケージマネージャー登録されていないアプリケーションは openSUSE/SLE用オープンソースソフトウェアを検索、ブラウザーからダウンロードしてYaSTでインストールできる「1クリックインストール」機能がある。

SLESとSLEDの違い[編集]

SLED(Desktop) からは LibreOfficeなどのオフィスアプリケーション、マルチメディアアプリケーション、GIMP などの画像処理ソフトウェアは搭載されない。また xgl のような3Dデスクトップも省略されている。[7]

バリエーション[編集]

SUSE Linux Enterprise Server には汎用版以外に次のバリエーションがある[8]

  • SUSE Linux Enterprise Server for System z
  • SUSE Linux Enterprise High Availability Extension
  • SUSE Linux Enterprise Point of Service
  • SUSE Linux Enterprise Real Time Extension
  • SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications

YaST[編集]

YaST(Yet another Setup Tool) ツールは、CUI 版の yast と GUI 版の yast2 の二つが利用できる。SUSE Linux シリーズにおける共通のツールであり、SUSE の特徴的なツールである。

HTTP サービスや Samba と言った多くの主要なサーバー向けサービスは全て、メニュー形式の YaST によってインストールから必要なパラメータの設定、ブート時のサービスの起動と停止を指定できる。また、サービスの起動方法、パーティションの定義、ネットワークの設定、パッケージのインストール/アンインストールと言った、管理者の作業はコマンドラインを知らなくても、メニュー形式で実行できる。

操作は CUI 版は TAB キーやカーソルキー、スペースキーで行い、 GUI 版はマウスクリックで操作できる。

1 クリックインストール[編集]

SLE では、SUSE 公式レポジドリ以外から提供されるパッケージのサポートは行わない。しかし opneSUSE との共通性が強く openSUSE のレポジトリを利用すれば、各種のオープンソースプログラムの利用が自己責任で利用できる。openSUSE のソフトウェア配信サイトから、インストールしたいオープンソースプログラムをブラウザ上でクリックするだけで、yast2 のGUIインストーラでインストールできる1クリックインストールの機能がある。[9]

SUSE Studio[編集]

SUSE Studio は openSUSE, SUSE Linux Enterprise Server 用に用意された、オンラインアプライアンス作成ツールである。

歴史[編集]

  • 2010年 Novell の主要株主が Attachmate に移行してから、SUSE 部門は Novell よりスピンアウトした。
  • 2014年10月27日 SUSE Linux Enterprise Server 12 が発表された。
  • 2014年11月20日 主要株主の The attachmate group が Microfocus と合併したため、Microfocus International の一事業部門の製品となった[10]
  • 2015年4月29日 SLES12 ベースの SUSE Linux Enterprise Server 12 for SAP Applicationsが発表された。[11]
  • 2015年7月15日 SLES11 のマイナーバージョンアップである SLES11sp4 が発表された。[12]
  • 2015年12月18日 SLES12 sp1 がリリースされた。
  • 2016年11月4日 SLES12 sp2 がリリースされた。

VMDP[編集]

VMDP (SUSE Linux Enterprise Virtual Machine Driver Pack)[13] は、SLES をハイパーバイザーとした際に、完全仮想化された Windows の仮想環境上での、ディスクIO、ネットワークのパフォーマンスを向上させ、ハイパーバイザーからのシャットダウン、ポーズなどの動作を実現するための準仮想化ドライバである。

Xen の準仮想化では、ホストOS(Dom-0) とゲストOS(Dom-U) のカーネルにそれぞれパッチを当てる必要がある。Windows のようなプロプラエタリなオペレーティングシステムでは困難である。完全仮想化する必要がある。

VMDPは、Windows のブロックデバイス、ネットワーク、ホストからのシャットダウン制御を行うWindows のデバイスドライバとして、デバイスを抽象化、準仮想化させている。VMDP を搭載した SUSE Linux XEN 上の Windows は、ベアメタルに近いパフォーマンスを仮想化環境で実行できる。

SUSE Linux Enterprise Server 11 sp2 より KVM が公式にサポートされたため、VMDP 2.0 以降、Kernel-based Virtual Machine(KVM) 環境でも最適に動作する。これにより Windows ゲストOSを容易に XEN と KVM との間の移行が簡単となる。

サポートするオペレーティングシステム[編集]

  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 SP2
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2003 SP2
  • Windows 8.1
  • Windows 8
  • Windows 7 SP1
  • Windows Vista SP2
  • Windows XP SP3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参照[編集]

  1. ^ https://www.suse.com/promo/ibm-watson.html IBM Watson runs SUSE Linux Enterprise Server
  2. ^ https://www.suse.com/company/press/2011/2/novell-delivers-linux-server-system-to-london-stock-exchange.html Novell Delivers Linux Server System to London Stock Exchange
  3. ^ https://www.suse.com/ja-jp/success/stories/office-depot.html Office Depot社
  4. ^ https://www.novell.com/ja-jp/success/stories/btmu.html 導入事例 株式会社三菱東京UFJ銀行
  5. ^ http://www.redhat.com/ja/about/press-releases/red-hat-japan-and-sap-red-hat-enterprise-linux-for-sap-hana - リンク切れ
  6. ^ https://www.suse.com/ja-jp/products/sles-for-sap/ SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications
  7. ^ https://www.suse.com/ja-jp/products/desktop/features/productivity.html
  8. ^ https://www.suse.com/ja-jp/solutions/platform.html
  9. ^ http://software.opensuse.org
  10. ^ https://www.suse.com/ja-jp/company/press/2014/11/micro-focus-international-completes-merger-with-the-attachmate-group.html Micro Focus International、Attachmate Groupとの合併完了を発表
  11. ^ https://www.suse.com/company/press/2015/suse-introduces-suse-linux-enterprise-server-12-for-sap-applications.html SUSE Introduces SUSE Linux Enterprise Server 12 for SAP Applications
  12. ^ https://www.suse.com/ja-jp/documentation/sles11/ SLES12
  13. ^ https://www.suse.com/ja-jp/products/vmdriverpack/ SUSE Linux Enterprise Virtual Machine Driver Pack