ESA/390

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ESA/390
開発者 IBM
ビット数 31ビット/32ビット
発表 1990年
デザイン CISC
タイプ Register-Memory/Memory-Memory
エンコード Fixed (2, 4, 6バイト長)
エンディアン性 Big
レジスタ
汎用 16個の32ビット
浮動小数点 4個の64ビット
IBMメインフレーム
シリーズ名 アーキテクチャ
IBM 701など (モデルごと)
System/360 S/360
System/370
30x0
4300
9370
S/370
S/370-XA
ESA/370
ES/9000
S/390
ESA/390
(ARCHLVL 1)
zSeries z/Architecture
(ARCHLVL 2)
System z
(z9)
System z
(z10)
z/Architecture
(ARCHLVL 3)
zEnterprise

ESA/390 (Enterprise Systems Architecture/390、エンタープライズ・システム・アーキテクチャ/390)は、IBM1990年に発表したアーキテクチャである[1]

ESA/390は、IBMの最後の31ビットアドレス/32ビットデータのIBMメインフレーム用のアーキテクチャであり、アムダール日立製作所富士通などが互換機を製造した。System/370およびS/370-XA、ESA/370の後継であり、2000年64ビットz/Architectureに引き継がれた。

ESA/390アーキテクチャをサポートしたマシンは、1990年代IBM S/390ブランドで販売された。IBM S/390シリーズはCPUの実装に最初はバイポーラを採用し、後にCMOSに移行した。


オペレーティングシステム[編集]

OS/390VM/CMSVSELinux/390など、System/370 でサポートされた全てのオペレーティングシステムがサポートされた。

参照[編集]

  1. ^ http://publib.boulder.ibm.com/cgi-bin/bookmgr/BOOKS/DZ9AR006/1.1?DT=19990630131355 Enterprise Systems Architecture/390 Principles of Operation. IBM Publication No. SA22-7201. Retrieved on 17-09-2007.

外部リンク[編集]