Parabola GNU/Linux-libre

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Parabola GNU/Linux-libre
Parabola Gnu Linux-libre.svg
Parabola-installer.jpg
Parabola GNU/Linux-libreインストーラー
開発元企業 / 開発者 Parabola Hackers[1]
OSの系統 Unix系,Linux,Arch Linux
開発状況 開発中
初リリース 2009年10月26日(7年前) (2009-10-26
最新安定版リリース ローリング・リリース) / Installation medium 2015.11.11[2]
アップデート方式 Pacman
パッケージ管理 Pacman
対応プラットフォーム i686, x86-64, ARMv7[3]
カーネル種別 モノリシック (Linux-libre)
ユーザランド GNU Core Utilities
既定のユーザインタフェース Bash
ライセンス Parabola GNU/Linux-libre Social Contract[4]で採用されたGNUフリーシステムディストリビューションガイドライン (GNU FSDG) による排他的フリーライセンス[5]
ウェブサイト www.parabola.nu
テンプレートを表示

Parabola GNU/Linux-libreArch Linuxi686版、x86-64版)およびArch Linux ARM英語版ARMv7[6])ベースの、フリーソフトウェアのみを使用したコンピュータ用のLinuxディストリビューションである。 ParabolaにはGNUプロジェクトのOSツールが含まれるが、カーネルは一般的に使用されるLinuxカーネルではなくLinux-libreである。Parabolaの開発は簡潔さ、コミュニティへの貢献、そして最新のフリーソフトウェアパッケージの使用に焦点を当てている。フリーソフトウェア財団 (FSF) はParabolaを完全にフリーなオペレーティングシステムのリストに入れている[7][8]

Parabolaは通常のシステムアップデートが最新のソフトウェアを取得するために必要な全てであるような、ローリング・リリースモデルである。

歴史[編集]

Parabolaは元々2009年gNewSenseIRCチャネルのメンバーにより提案された。Arch Linuxの様々なメンバーの中で、特にスペイン語を話すメンバーがParabolaプロジェクトのソフトウェアとドキュメントの開発と保守を開始した[要出典]

Parabolaは中国のLoongsonプロセッサで動作するためのサポートを提供するためMIPSへ移植されたが[9]、開発者リソースの不足により中止となりMIPSリポジトリへの最後のコミットが2014年7月に行われた[10]

2011年5月20日、Parabolaディストリビューション完全にフリーなプロジェクトとしてGNUプロジェクトに受け入れられ、FSFのフリーディストリビューションリストの一部となった[11]

2012年2月、Dmitrij D. CzarkoffはOSNews英語版にParabolaをレビューした。Czarkoffは、フリーなファームウェアの不足によりテストコンピュータで数多くのハードウェア問題が浮上したことを報告した。彼は「この事は事実上Parabolaでサポートされないデバイスが多いことを意味する。例を挙げると自分のAcer Aspire One 531hネットブックにParabolaをインストールするとブロードコムBluetoothモジュールとインテルWiFi/WiMax Link 5150アダプタが使えない(なのでラップトップや特にネットブックでUSBポートに何かを常時接続するのはかなり面倒ではあるが、今まで通りUSB 3G/WiFiモデムとしてカスタムGingerbread ROMを搭載したHTC Magicを使うことになるだろう)」と語った。CzarkoffはParabolaで利用可能なドキュメントが不足していることについても批判した。彼は「Parabola GNU/Linuxのユーザーエクスペリエンスの全体的な印象としては、簡単かつ柔軟なインストールおよび設定プロセスを備え、適切なフリーソフトウェアパッケージを自由に選べるシステムであるという、Archのユーザーエクスペリエンスと正しく調和している。ドキュメントが不足していることでユーザーエクスペリエンスが台無しになるが、Arch Linuxのリソースをさらに進んだ設定やディストリビューションの拡張に使うことができる。自分のハードウェアが許せば、Parabolaに固執することになるだろう」と結論付けた[12]

リポジトリセキュリティ[編集]

バージョン4.0.0まで、Parabolaのパッケージマネージャには署名付きパッケージのサポートが不足していた。Pacmanはダウンロード・インストール処理中に署名付きパッケージとメタデータの真偽を確認しなかった。パッケージ認証の検査を行わないと、改ざんや悪意のあるリポジトリのミラーによりシステムの完全性が損なわれる恐れがある[13]。Pacman 4でパッケージデータベースの真偽を確認できるようになり、2012年4月現在各パッケージが署名されている。

マスコット[編集]

2015年5月、ParabolaのアーティストがGnuというマスコットを作成した。2016年3月、Parabolaの新しいマスコットとしてドン・キホーテ風のBolaが追加された。この猫は Parabolaの主な特徴である「優雅で、最小限で、そして軽量である("elegant, minimalist and lightweight")」ことを表している。Bolaはポルトガル語で「ボール」を意味しており、Para"Bola"という名前の一部を構成している[14]

Arch Linux/Arch Linux ARMとの違い[編集]

このプロジェクトはi686およびx86-64アーキテクチャ用の公式Arch Linuxリポジトリと、ARMv7用の公式Arch Linux ARMリポジトリ(ただし [alarm] および [aur] を除く)から100%フリーなソフトウェアのみを使用する。一般的なLinuxカーネルの代わりにLinux-libreカーネルを使用するように、可能であればフリーな代替ソフトウェアを使用する。

使用される除去プロセスはリポジトリから、各アーキテクチャ用のフリーソフトウェアの定義の要件を満たさない約700個のソフトウェアパッケージを削除する[15]

社会契約[編集]

Parabolaは社会契約としてParabola GNU/Linux-libre Social Contractを設立した。フリーソフトウェアコミュニティや民主的精神のためのParabolaプロジェクトがフリーではないソフトウェアの最善の競合ソフトウェアでありArch Linuxの簡潔さの哲学を尊重することをこの社会契約が約束している[4]。さらにこの社会契約はParabolaにフリーなディストリビューションであるという資格を与えたGNU Free System Distribution Guidelinesに採用されている。

TalkingParabola[編集]

TalkingParabolaはTalkingArchベースのインストールCD派生であり、盲目のユーザーや視覚障害のあるユーザー向けに音声と点字による出力を含んだParabola ISOのリスピンである。

TalkingParabolaはParabolaライブイメージの機能が全て含まれているが、盲目のユーザーや視覚障害のあるユーザーがParabola eyes-freeをインストールを可能にするため音声と点字のパッケージが追加されている。[16]

インストール[編集]

Parabolaをインストールするには、インストール可能なISOイメージから行う方法と、インストール済みのArch LinuxからリポジトリリストをParabolaのそれに変更して移行する方法の2つがある[2][17]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Parabola Hackers development team
  2. ^ a b Get Parabola”. 2015年11月14日閲覧。
  3. ^ Parabola GNU/Linux-libre supports ARMv7
  4. ^ a b Parabola GNU/Linux-libre Social Contract”. Parabola GNU/Linux-libre (2011年8月30日). 2015年11月12日閲覧。
  5. ^ https://wiki.parabola.nu/Parabola_GNU/Linux_Social_Contract
  6. ^ Parabola GNU/Linux-libre supports ARMv7
  7. ^ List of Free GNU/Linux Distributions”. フリーソフトウェア財団 (2011年12月21日). 2015年11月14日閲覧。
  8. ^ Parabola GNU/Linux-libre”. DistroWatch (2011年11月1日). 2012年1月12日閲覧。
  9. ^ MIPS Installation - Parabola GNU/Linux-Libre Wiki”. Wiki.parabola.nu (2012年5月3日). 2012年5月26日閲覧。
  10. ^ Parabola support for mips64el discontinued - Parabola GNU/Linux-Libre Wiki”. Wiki.parabola.nu (2015年6月17日). 2015年7月1日閲覧。
  11. ^ Smith, Brett (2011年5月20日). “Parabola GNU/Linux joins the FSF list of free distributions”. フリーソフトウェア財団. 2015年11月14日閲覧。
  12. ^ Czarkoff, Dmitrij D. (2012年2月2日). “Parabola GNU/Linux: Freedom Packaged”. OSNews. http://www.osnews.com/story/25576/Parabola_GNU_Linux_Freedom_Packaged 2012年2月14日閲覧。 
  13. ^ Attacks on Package Managers”. cs.arizona.edu (2008年7月10日). 2010年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月14日閲覧。
  14. ^ “Parabola GNU/Linux-libre has a new mascot called Bola”. parabola.nu. (2016年4月). https://www.parabola.nu/news/parabola-has-a-new-mascot-called-bola/ 2016年4月30日閲覧。 
  15. ^ blacklist.git - Unfree packages found in ArchLinux repos”. Parabola GNU/Linux-libre. 2015年11月14日閲覧。
  16. ^ Get Parabola - TalkingParabola ISO”. Parabola GNU/Linux-libre. 2016年6月19日閲覧。
  17. ^ Migration from Arch”. Parabola GNU/Linux-libre. 2015年11月14日閲覧。

外部リンク[編集]