PCLinuxOS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PCLinuxOS
PCLinuxOS Logo
Pclos20092.jpg
PCLinuxOS MiniMe 2009
開発者 Texstar
OSの系統 Unix系,Linux,Mandrake Linux
開発状況 開発中
ソースモデル Free software/open source
最新安定版リリース PCLinuxOS 2013.04 / 2013/4/8
ライセンス 様々
ウェブサイト http://www.pclinuxos.com
テンプレートを表示

PCLinuxOS(ピーシー・リナックス・オーエス)とは、Linuxディストリビューションの1つである。PCLOSと略して呼ばれることもある。

概要[編集]

デスクトップ指向のLinuxディストリビューションとして公開されており、GPLライセンスに従って配布されている。無償で利用することが可能なOSである。

歴史[編集]

Mandriva Linuxの前身である Mandrake Linux 9.2 をモデルとして、開発が開始された。 Mandrake の標準ではない独自の機能を追加し、カスタマイズすることによって、より使い易くする工夫が施されている。

PCLinuxOS としての最初のリリースは、2003年10月。当時 Mandrake Linux の主要な開発者でパッケージマネージャーの Bill Reynolds (一般には Texstar という名で広く知られる)が、新規Linuxディストリビューションとして公開した。PCLinuxOS 2007が公開されて以来、さらに世界的に注目を集めるようになり、主要な各言語版のフォーラムが存在する。

リリース[編集]

これまでのリリースは以下のとおりである[1]

リリース日 バージョン
2003年10月 PCLinuxOS としての最初のリリース
2005年11月22日 PCLinuxOS 0.92
2006年 8月04日 最小構成の PCLinuxOS 0.93a "MiniMe"
2006年 8月09日 最小構成の PCLinuxOS 0.93a "Junior"
2006年 8月22日 最小構成の PCLinuxOS 0.93a "Big Daddy"
2007年 5月21日 PCLinuxOS 2007
2008年 1月 最小構成の PCLinuxOS 2008 "MiniMe"
2009年 3月11日 PCLinuxOS 2009.1
2009年 6月30日 PCLinuxOS 2009.2
2010年 4月19日 PCLinuxOS 2010
2010年 5月 5日 PCLinuxOS 2010.1
2010年 7月 5日 PCLinuxOS 2010.07
2010年12月15日 PCLinuxOS 2010.12
2011年 6月27日 PCLinuxOS 2011.06
2011年 9月23日 PCLinuxOS 2011.09
2012年 2月3日 PCLinuxOS 2012.02
2012年 8月22日 PCLinuxOS 2012.08
2013年 1月31日 PCLinuxOS 2013.02
2013年 4月8日 PCLinuxOS 2013.04

特徴[編集]

PCLinuxOS 2007(GNOME デスクトップ)

Mandrake Linux を元にして開発されているため、標準のデスクトップ環境は KDE が採用されている。オプションとして、GNOMEXfceOpenboxLXDEEnlightenment 環境で利用するためのパッケージも公式に提供されている。(GNOMEデスクトップについては、右図参考のこと。)デスクトップ・アプリケーションやシステム管理の仕組みには重複する特徴が多い。

ただし、特に以下の点は、Mandrake Linux とは異なる。

  • Live CDとして提供されるが、ハードディスクへのインストールが可能。
  • パッケージの基本的な管理は、APTsynaptic によって行う。採用されているパッケージ形式は、Mandrakeと同じくRPM
  • リマスタリング機能を利用することで、ユーザーは独自にカスタマイズした Live CD を簡単に作成することが可能。

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ http://distrowatch.com/index.php?distribution=pclinuxos

外部リンク[編集]