Raspberry Pi OS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Raspbianから転送)
Raspberry Pi OS
Raspberry Pi OS Logo.png
Rapberry Pi OS Screenshot 2021-12-02 de.png
開発者 Raspberry Pi Foundation
OSの系統 Unix系及びLinux
開発状況 開発中
ソースモデル オープンソース
最新安定版 Raspberry Pi OS / 2022-09-06[1] ウィキデータを編集
対象市場 Raspberry Pi
使用できる言語 英語日本語
アップデート方式 APT
パッケージ管理 dpkg
プラットフォーム ARMi386[2]
カーネル種別 モノリシック
ユーザランド GNU
既定のUI PIXEL[3]LXDE
ライセンス FLOSS(主にGPL
ウェブサイト www.raspberrypi.org/software/operating-systems/
サポート状況
サポート中
テンプレートを表示

Raspberry Pi OS は、Raspberry Pi 財団が公式にサポートしている、Raspberry Piの標準OS

概説[編集]

現在Raspberry Pi上で動かすことができるOSは多数あるが、Raspberry Pi OSはRaspberry Pi Foundationが公式にサポートしているOSであり、Raspberry Pi用の最も標準的なOSである。 現在もメンテナンスが続けられている、現行のOSである。

2013年以来、Raspberry Pi FoundationによってRaspberry Pi用の主要なOSとして提供されてきた [4][5]

Debianがベースになっている。当OSのバージョンの区別の方法については、Debianにはバージョン番号が存在するがRaspberry Pi OSにはバージョン番号が存在しないので、リリース日とカーネルバージョンで識別する。リリースノート(各バージョンの新たな変更点などに関する説明文)はこちら[1]で確認できる。

Pythonがあらかじめ標準でインストールされている。

付属ソフト[編集]

ChromiumVNCGIMPnginxBlenderTesseract OCRSonic PiScratchなどを同梱している。これ以外のソフトも、Debianに対応したソフトなら、インターネットにつないだ状態でターミナル画面で「apt install」とコマンドを打ち込むだけで、簡単にインストールできる。

2019年6月20日には、「Raspberry Pi OS with desktop and recommended software」、「Raspberry Pi OS with desktop」と「Raspberry Pi OS Lite」が提供された(次の節で解説)。

さまざまなバージョン[編集]

Raspberry Pi OS with desktop and recommended software[編集]

Raspberry Pi Foundationが推奨するソフトウェア一式が入ったバージョンが提供されることになった。

Raspberry Pi OS with desktop[編集]

GUIのX-Windowをはじめ、ブラウザワープロ表計算プレゼンテーションなど事務用の必要最小限のソフトウェア(オフィススイート)も同梱している。OSパッケージは4GB以上になり、8GB以上のSDが必要である。

Raspberry Pi OS Lite[編集]

軽量版つまり少ないメモリの量でインストールできる版。そのかわりGUIは使えず、コマンドラインで利用する。つまりGUIのX-Windowも最初から無いRaspberry Pi OSであり、概説で説明した「同梱ソフト」類も入っていない。コマンドには、Linux Standard Baseで参照しているコマンド[6]、Debian固有のコマンド(apt-get)、Raspberry Pi OS固有のコマンド (raspi-config)などがある[7]。これらのコマンドはDesktopでも利用できる。

歴史[編集]

Raspberry Pi OSはマイク・トンプソンやピーター・グリーンによって、Debianを非公式に移植する形で、最初のバージョン「Raspbian」が開発された[8] 。最初のビルドの公開は2012年7月15日に行われた[9]。特徴やDebianからの改良点は、Raspberry Piに搭載されているARM CPU浮動小数点演算命令を高速で実行させる「hard-float」(※)の機能を足したこと、および他にもこのCPUの高機能命令群を活用することによってパフォーマンスを向上させていることである[10]

(※「hard-float」の反対語は「soft-float」。CPUによっては浮動小数点演算の機能が無いものもあり、その場合、ソフトウェアで浮動小数点演算を実現しなければならず演算がかなり遅い。ARM CPUは浮動小数点演算の機能をハードウェア的に搭載しており、OSをそれに対応させることではじめてその性能を十分に発揮させてやることができるようになるわけで、Raspberry Pi OSはその点で優れている。)

2020年5月に正式名称が「Raspbian」からRaspberry Pi OSへ変更された[11]。PCとMac向けのRaspbianの名称についても「Raspberry Pi Desktop」へと変更された。

導入方法[編集]

複数の方法がある。

  • SDをフォーマットし、直接Raspberry Pi OSのDesktop/Liteを書き込む。
  • Raspberry Pi公式で開発された「Raspberry Pi Imager」で書き込む。
  • Raspberry Pi OSインストール済microSDメモリーカード(以下、SD)を購入する。
  • NOOBSをSDにコピー(※注)。Raspberry Pi OS本体が含まれている。
  • NOOBS Lite[12]をSDにコピー。Raspberry Piで起動し、インターネット経由でRaspberry Pi OSのDesktop/Liteを導入する。

(※注)Raspberry Pi Imagerのリリースに伴い、NOOBSは非推奨となった。[13]


関連する配布版[編集]

脚注[編集]

  1. ^ https://www.raspberrypi.com/news/the-latest-update-to-raspberry-pi-os/.
  2. ^ https://www.raspberrypi.org/blog/pixel-pc-mac/
  3. ^ Introducing PIXEL” (英語). Raspberry Pi. 2016年10月5日閲覧。
  4. ^ Raspbian release notes”. 2022年2月24日閲覧。
  5. ^ Download Raspbian for Raspberry Pi” (英語). Raspberry Pi. 2016年6月5日閲覧。
  6. ^ command best 50 at Linux Standard Base. https://researchmap.jp/joej5xiyu-2000107/#_2000107
  7. ^ yet another command index at Getting start with Raspberry Pi https://researchmap.jp/joledtczy-2000107/#_2000107
  8. ^ RaspbianAbout - Raspbian”. www.raspbian.org. 2016年6月5日閲覧。
  9. ^ FrontPage - Raspbian”. www.raspbian.org. 2016年4月4日閲覧。
  10. ^ RaspbianFAQ - Raspbian” (英語). Raspberry Pi Foundation. 2018年11月11日閲覧。
  11. ^ 8GB Raspberry Pi 4 on sale now at $75”. www.raspberrypi.org. Raspbe令rry Pi Blog (2020年5月28日). 2020年6月3日閲覧。
  12. ^ New Out Of the Box Software https://www.raspberrypi.org/downloads/noobs/
  13. ^ NOOBS - Raspberry Pi Documentation”. www.raspberrypi.org. 2021年4月10日閲覧。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、Raspberry Pi OSに関するカテゴリがあります。