道 (1986年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
監督 蔵原惟繕
脚本 松田寛夫
原作 セルジュ・グルッサール
ヘッドライト
製作 本田達男
中山正久
出演者 仲代達矢
藤谷美和子
柴田恭兵
長門裕之
三田佳子
池内淳子
若山富三郎
音楽 ミシェル・ベルナルク
主題歌 フランソワーズ・アルディ
撮影 間宮義雄
編集 玉木濬夫
配給 東映
公開 日本の旗 1986年9月6日
上映時間 133分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

』(みち)は、1986年に公開された東映配給の映画作品。1956年フランス映画ヘッドライト』のリメイクである。

あらすじ[編集]

長距離トラックの運転手である田島精治は、冷え込んだ家庭を抱える中年男だ。鳥取県の米子市に近いドライブイン『さくら』で休憩した精治は、若いウェイトレスの小宮和江と知り合った。店を辞めようとする和江をトラックに乗せたことをきっかけに、和江と恋仲になる精治。

千葉の浦安に住む精治に近づくために、東京のラブホテルで働き始める和江。だが、家庭を捨てられない精治は、和江に別れを告げてしまった。行き場もなく『さくら』に戻る和江。

『さくら』のマスターで清治の友人でもある佐倉は、和江の妊娠を知り、清治に手紙を書いた。しかし、その手紙は清治の娘の絵里が開封し、隠してしまった。精治に厳しく叱られたことをきっかけに、反発した絵里は、母親もいる前でマスターの手紙を読み上げた。

家を飛び出し、トラックで『さくら』に向かう清治。和江との新生活を誓った清治は、トラックに和江を乗せて走り出した。しかし、ひどい出血で苦しみだす和江。救急車も間に合わず、和江は息を引き取るのだった。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]