草野絵美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
草野 絵美
Emikusano.jpg
生誕 (1990-08-04) 1990年8月4日(27歳)
日本の旗 日本 東京都
出身校 慶応義塾大学
職業 歌手
作詞家
作曲家
アーティスト
タレント

草野 絵美(くさの えみ、1990年8月4日 - )は、東京を拠点に活動する 歌手タレントアーティスト。歌謡エレクトロユニット Satellite Young 主宰。作詞作曲を自ら行う。東京都出身、東京都育ち。5歳児の母[[1]]。

来歴・人物[編集]

2008年より 高校時代から、フォトグラファー、ライターとして活動。ウェブサイト「Japanese Streets」 英語雑誌「メトロポリス」、CNNのトラベルガイド総合サイト「CNN Go」、イギリスの業界誌「WGSN」などを媒体に原宿を中心にストリートスナップを撮影。[1]

2011年、慶応大学在学中に、スタートアップを立ち上げ起業。伊藤穣一率いるインキュベーションOpen Network Labの4期生として、海外向けのグラフィックデザイナーのSNS「arraies」ベータ版を立ち上げるものの、立ち上げメンバーの就職により開発は見送られる。[2]

2012年3月に21歳で結婚。11月に第一児を出産。

2014年、歌謡曲エレクトロの分野で、サウンドマンであるベルメゾン関根と、音楽ユニット『Satellite Young (サテライトヤング)』として活動を開始する。自ら作詞作曲、歌唱。メロディをアカペラで決め、衣装、メイクなどもセルフプロデュースしている。[3]

2016年、Adobeが開催するクリエイターの祭典『Adobe Max』の日本代表のアンバサダーに選出される。[4]

スウェーデン発のアニメ『Senpai Club』の主題歌提供、米国インディーレーベル『Future City Records』『New Retro Wave』からのリリースにより、欧米を中心にファンを増やし、2017年にはテキサス州の音楽フェス サウス・バイ・サウスウエストに出演を果す。[3]

2018年、多分野横断型のアートに特価したハッカソン「Art Hack Day」に参加アーティストとして選出される。人工生命をもったカラオケマシンをアート作品「Singing Dream」として発表する。審査員特別賞(和田永 賞)を受賞[5]

展示[編集]

広告[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

雑誌[編集]

新聞[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

インタビュー[編集]