清水 (名古屋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 北区 > 清水
清水
名古屋鉄道名鉄瀬戸線の清水駅(2005年4月)
名古屋鉄道名鉄瀬戸線の清水駅(2005年4月)
清水の位置(愛知県内)
清水
清水
清水の位置
清水の位置(名古屋市内)
清水
清水
清水の位置
北緯35度11分26.5秒 東経136度54分46.0秒 / 北緯35.190694度 東経136.912778度 / 35.190694; 136.912778
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
市町村 Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
北区
面積
 • 合計 0.53056106km2 (0.20485077mi2)
人口
2019年(平成31年)1月1日現在)[2]
 • 合計 4,323人
 • 密度 8,100/km2 (21,000/mi2)
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
462-0844[3]
市外局番 052 (名古屋MA)[4]
ナンバープレート 名古屋

清水(しみず)は、愛知県名古屋市北区東区にまたがる地域の一部の地名である。現行行政地名として清水一丁目から清水五丁目がある[5]住居表示実施済み[6]

概要[編集]

地名の由来は、古くから、名古屋三名水にも数えられる清水である亀尾の清水(年魚市水)があったことからいう(『金鱗九十九之塵』)。この亀尾の清水は、現在の名鉄瀬戸線清水駅付近にあったといわれている。また、弘法大師がこの地で湧き出ていた清水を人々が汲み取っていたのを見て、清水と名づけたとの伝承もある。別表記に、志水がある。古くは、隣接して春日井郡にも、清水の地名があった。

現在の清水という町名は、1980年(昭和55年)、清水町、深田町、西杉町などのそれぞれ一部分を町名変更により清水と定められたものである。すべて北区に属する。北端には堀川、北区役所、名古屋高速道路黒川出入口があり、南端は名鉄瀬戸線清水駅、東区との区界があって、白壁地区に接する。

地理的には、熱田台地の北端、濃尾平野の東端に当たり、古くは、北、東側は低湿地帯、南は崖地であった。また、犬山を通る木曽街道から東片端を通って名古屋城下に入るための交通の要衝でもあった。そのため、名古屋城下に入る口ということから、清水から南へ坂を上りきったところは清水口と呼ばれ、現在でも交差点とバス停に清水口の名が残っている。

歴史[編集]

町は、清洲越し慶長の頃の清洲からの名古屋への遷府)に伴って、名古屋村本郷の住人がこの地に移住してきたことによってできた(『府城志』)。犬山城主に成瀬正成がついた1618年元和4年)以降、木曽街道(稲置街道とも呼ばれた)の往来が活発化し、食品や日用品を販売する市が立つようになり、志水の地も発展していった。1693年元禄6年)には、北の隣接地に志水蓮池新田が開墾されて、木曽街道の大坂(清水の大坂)沿いに、志水池町が成立した(『徇行記』)。この志水池町と新田との境が、春日井郡と名古屋村との境界であった(『府城志』)。

町内には多くの小川が流れていた。寛文3年頃には、名古屋城へ水を流す御用水が通された。これは、堀川や黒川につながるものであり、この水を利用して染物業が行われていた。御用水そのものは、1961年(昭和36年)ころ、東急鯱バス車庫(旧三井名古屋製糸所紡績工場跡地)の建設に伴い、埋め立てられ、道路となった。現在でも、数件の染物業者が残っており、黒川などで、名古屋友禅の水洗いのイベントが行われることがある。

志水池町は、明治11年から、杉江町とあわせて、清水町となった。この清水町は、「きよみずまち」とも呼ばれた(『明治15年字名調』)。そして、1921年(大正10年)に、名古屋市東区清水町、北清水町となった。この清水池町のあった清水の大坂は、名鉄瀬戸線清水駅の東側から、南に向かって上り、空港線(国道41号)を西に渡って、再び南へ清水口交差点西側に上る坂として現在も残っている。

対して、北側の志水の方は、1878年(明治11年)に、名古屋村清水に表記が統一され、名古屋村志水町と合併して名古屋区に、1889年(明治22年)名古屋市に、1908年(明治41年)には、名古屋市東区に属した。1934年(昭和9年)には、清水町から分離した北清水町と、杉江町・生駒町・城東町・水切町のそれぞれ一部分を組み込み、1935年(昭和10年)から東区深田町となった。1944年(昭和19年)の北区の誕生により、北区清水町となった。

1980年(昭和55年)、北区の西杉町と清水町・深田町船附町元柳原町・八坪町・柳原町豆園町田幡町・杉村町・大杉町・金作町志賀町神明町のそれぞれ一部分が合わせて、北区清水とする町名変更がされた。東区清水町は、東区白壁二丁目と三丁目の一部となった。

交通[編集]

町の中央を南北に、名古屋高速1号楠線空港線国道41号)が貫いていて、東西に、出来町通(愛知県道215号田籾名古屋線)が貫いている。

鉄道では、名鉄瀬戸線が南端を東西に横断しており* 清水駅がある。昭和40年代までは、国道41号上を市電が走っていた。町の北端は、先述の清水駅よりも、名古屋市営地下鉄名城線黒川駅に近く、西端は柳原を通って同線の名城公園駅を利用するほうが近い。

世帯数と人口[編集]

2019年(平成31年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
清水一丁目 154世帯 308人
清水二丁目 586世帯 1,034人
清水三丁目 503世帯 989人
清水四丁目 287世帯 603人
清水五丁目 690世帯 1,389人
2,220世帯 4,323人

人口の変遷[編集]

国勢調査による人口の推移

2000年(平成12年) 4,405人 [7]
2005年(平成17年) 4,447人 [8]
2010年(平成22年) 4,469人 [9]
2015年(平成27年) 4,405人 [10]

学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学校等は以下の通りとなる[11]。また、公立高等学校に通う場合の学区は以下の通りとなる[12]。なお、小学校は学校選択制度を導入しておらず、番毎で各学校に指定されている。

丁目 番・番地等 小学校 中学校 高等学校
清水一丁目 全域 名古屋市立清水小学校 名古屋市立八王子中学校 尾張学区
清水二丁目 全域 名古屋市立大杉小学校
名古屋市立清水小学校
清水三丁目 全域 名古屋市立清水小学校
清水四丁目 全域
清水五丁目 全域 名古屋市立大杉小学校
名古屋市立清水小学校

主な施設[編集]

教育[編集]

寺院・神社[編集]

  • 解脱寺(げだつじ) : 清水二丁目12番2号
  • 開闡寺(かいせんじ) : 清水二丁目16番22号
  • 八王子神社
    • 1880年(明治13年)の明治天皇清水御小休所が移築保存されていた。(碑が残る)

その他施設[編集]

  • 名古屋市北区役所 : 清水四丁目17番1号
  • 名古屋北税務署 : 清水五丁目6番16号
  • 名古屋清水郵便局 : 清水二丁目20番9号
  • 清水街園
  • 美宝堂倒産廃業
  • 中日信用金庫本店
  • 白龍酒造(平成20年3月閉店)

その他[編集]

日本郵便[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 愛知県名古屋市北区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2017年10月7日閲覧。
  2. ^ a b 町・丁目(大字)別、年齢(10歳階級)別公簿人口(全市・区別)” (日本語). 名古屋市 (2019年1月23日). 2019年1月23日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年1月6日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年1月6日閲覧。
  5. ^ 名古屋市役所市民経済局地域振興部住民課町名表示係 (2015年10月21日). “北区の町名一覧” (日本語). 名古屋市. 2017年10月7日閲覧。
  6. ^ 北区の町名一覧”. 名古屋市 (2015年10月21日). 2019年1月12日閲覧。
  7. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2005年7月1日). “(刊行物)名古屋の町(大字)・丁目別人口 (平成12年国勢調査) 北区 (xls)” (日本語). 2017年10月8日閲覧。
  8. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2007年6月29日). “平成17年国勢調査 名古屋の町(大字)別・年齢別人口 北区 (xls)” (日本語). 2017年10月8日閲覧。
  9. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2012年6月29日). “平成22年国勢調査 名古屋の町(大字)別・年齢別人口 北区 (xls)” (日本語). 2017年10月8日閲覧。
  10. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2017年7月7日). “平成27年国勢調査 名古屋の町(大字)別・年齢別人口 (xls)” (日本語). 2017年10月8日閲覧。
  11. ^ 市立小・中学校の通学区域一覧”. 名古屋市 (2018年11月10日). 2019年1月14日閲覧。
  12. ^ 平成29年度以降の愛知県公立高等学校(全日制課程)入学者選抜における通学区域並びに群及びグループ分け案について”. 愛知県教育委員会 (2015年2月16日). 2019年1月14日閲覧。
  13. ^ 郵便番号簿 平成29年度版 - 日本郵便. 2019年01月06日閲覧 (PDF)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]