志賀本通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 北区 > 志賀本通
志賀本通
—  町名  —
志賀本通の位置(愛知県内)
志賀本通
志賀本通
志賀本通の位置(名古屋市内)
志賀本通
志賀本通
志賀本通の位置
座標: 北緯35度11分47秒 東経136度55分5.6秒 / 北緯35.19639度 東経136.918222度 / 35.19639; 136.918222
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
町名制定 1930年3月15日
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 462-0853
ナンバープレート 名古屋

志賀本通(しがほんとおり、しがほんどおり)は、愛知県名古屋市北区にある地名。1丁目から2丁目まである。郵便番号は462-0853[1]。当地域の人口は817人(2013年10月1日現在、住民基本台帳調査による。名古屋市調べ)[2]

地理[編集]

名古屋市北区南部に位置する。東は若葉通、西は黒川に残る志賀町を挟み志賀南通、南は神明町大蔵町、北は猿投町に接する。西から順に1丁目・2丁目がある。町域は名古屋市道名古屋環状線に沿って東西に長く設定されている。

学区[編集]

歴史[編集]

町名の由来[編集]

志賀町の一部より分離したことによる。志賀自体の由来は、かつてこの町が海に面していたことによる波の「皺(しわ)」が転じたという説と、湿地を示す「湿(しる)き陸」の「か(場所)」であるという説がある[4]。また、「志賀本通」の読みは本来「しがほんおり」であるが[5]連濁の例や同地内の駅名が正式に「しがほんおり」とされていることもあり、後者の読みで呼ばれることが多い。

沿革[編集]

  • 1930年(昭和5年)3月15日 - 西区志賀町の一部(字下三反田・東猿投・寺西・上三反田の各一部)により西区志賀本通として成立[6]
  • 1937年(昭和12年) - 東区に編入[5]
  • 1944年(昭和19年)2月11日 - 北区成立に伴い同区に編入[5]

交通[編集]

地内の地下鉄志賀本通駅

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

  • 名古屋市道名古屋環状線

施設[編集]

米常商事本社(2006年9月)
  • アンビックス志賀ストリートタワー[地図]
1993年(平成5年)11月築の25階建て高層マンション[9]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 郵便番号検索 Archived 2013年11月3日, at the Wayback Machine.2013年7月13日閲覧。
  2. ^ 平成25年10月1日現在の学区別、町丁目(字)別、世帯数、公簿人口(全市分)”. 2013年11月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月31日閲覧。
  3. ^ a b 家造.net 八王子中学校学区”. 2013年12月4日閲覧。
  4. ^ 名古屋市北区役所市民室 『北区 私たちのまち』 名古屋市北区役所、1979年3月、13頁。
  5. ^ a b c 「角川日本地名大辞典」編纂委員会編 『角川日本地名大辞典 23 愛知県』 角川書店1989年、628頁。ISBN 4-04-001230-5
  6. ^ 名古屋市北区役所市民室 『北区 私たちのまち』 名古屋市北区役所、1979年3月、58頁。
  7. ^ 名古屋市交通局. “なごや地図ナビ 志賀橋”. 2013年12月4日閲覧。
  8. ^ 名古屋市交通局. “なごや地図ナビ 志賀本通”. 2013年12月4日閲覧。
  9. ^ リクルート住まいカンパニー. “SUUMO物件ライブラリー アンビックス志賀ストリートタワー”. 2013年12月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、志賀本通に関するカテゴリがあります。