金城村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きんじょうむら
金城村
廃止日 1921年8月22日
廃止理由 編入合併
金城村 ほか15町村 → 名古屋市
現在の自治体 名古屋市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
西春日井郡
総人口 8,232
(1920年10月1日)
金城村役場
所在地 愛知県西春日井郡金城村
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

金城村(きんじょうむら)は、かつて愛知県西春日井郡にあったである。現在の名古屋市北区南西部、西区南東部に該当する。村名は名古屋城の別名の「金城」に由来し、村は名古屋城を西、北、北東と取り囲むように位置していた。

沿革[編集]

  • 江戸時代末期、この地域は尾張国春日井郡愛知郡であり、尾張藩領であった。
  • 1878年(明治11年) - 郡区町村編制法に伴い、
    • 愛知郡名古屋村が、上名古屋村、下名古屋村と名古屋区の一部に分割される。
    • 愛知郡押切村が、北押切村、南押切村と名古屋区の一部に分割される。
  • 1880年(明治13年)2月5日 - 春日井郡が分割されこの地域の4村が西春日井郡の所属となる。
  • 1889年(明治22年)10月1日 - 西春日井郡田幡村、児玉村、東志賀村、西志賀村と愛知郡上名古屋村、北押切村が合併し、金城村となる。
  • 1921年(大正10年)8月22日 - 名古屋市西区に編入される。
  • 1944年(昭和19年)2月11日 - 北区新設にともない、名古屋城より東側が北区となる。

教育[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]