猿投町 (名古屋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 北区 > 猿投町
猿投町
猿投町の位置(愛知県内)
猿投町
猿投町
猿投町の位置
猿投町の位置(名古屋市内)
猿投町
猿投町
猿投町の位置
北緯35度11分50.5秒 東経136度55分8.3秒 / 北緯35.197361度 東経136.918972度 / 35.197361; 136.918972
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
市町村 Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
北区
町名制定[1] 1930年(昭和5年)3月15日
人口
2019年(平成31年)1月1日現在)[2]
 • 合計 192人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
462-0852[3]
市外局番 052 (名古屋MA)[4]
ナンバープレート 名古屋

猿投町(さなげちょう)は、愛知県名古屋市北区にある地名。丁番を持たない単独町名である。住居表示未実施[5]

地理[編集]

名古屋市北区南部に位置する。東は垣戸町、西は黒川志賀町字町東)を挟み稚児宮通、南は志賀本通、北は木津根町に接する。町域西部に大同メタル工業工場跡地に整備された黒川東中日ハウジングセンターが占めるおおむね住宅地。

歴史[編集]

町名の由来[編集]

志賀町字東猿投の名に由来する。字名の由来は未詳。『蓬州旧勝録』には東志賀村(志賀町の前身)氏神猿投明神の名があり、その名に由来するとみられる。また、別の説として、この周辺の林に猿が生息し、川に行水に来たことによるともいう。[6]

沿革[編集]

世帯数と人口[編集]

2019年(平成31年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
猿投町 77世帯 192人

学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学校等は以下の通りとなる[7]。また、公立高等学校に通う場合の学区は以下の通りとなる[8]

番・番地等 小学校 中学校 高等学校
全域 名古屋市立大杉小学校 名古屋市立八王子中学校 尾張学区

施設[編集]

  • 黒川東中日ハウジングセンター[地図]

その他[編集]

日本郵便[編集]

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会編 『角川日本地名大辞典 23 愛知県』 角川書店、1989年。ISBN 4-04-001230-5
  • 名古屋市北区役所市民室 『北区 私たちのまち』 名古屋市北区役所、1979年3月。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 名古屋市北区役所市民室 『北区 私たちのまち』 名古屋市北区役所、1979年3月、57頁。
  2. ^ a b 町・丁目(大字)別、年齢(10歳階級)別公簿人口(全市・区別)” (日本語). 名古屋市 (2019年1月23日). 2019年1月23日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年1月6日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年1月6日閲覧。
  5. ^ 北区の町名一覧”. 名古屋市 (2015年10月21日). 2019年1月12日閲覧。
  6. ^ 名古屋市北区役所市民室 『北区 私たちのまち』 名古屋市北区役所、1979年3月、13頁。
  7. ^ 市立小・中学校の通学区域一覧”. 名古屋市 (2018年11月10日). 2019年1月14日閲覧。
  8. ^ 平成29年度以降の愛知県公立高等学校(全日制課程)入学者選抜における通学区域並びに群及びグループ分け案について”. 愛知県教育委員会 (2015年2月16日). 2019年1月14日閲覧。
  9. ^ 郵便番号簿 平成29年度版 - 日本郵便. 2019年01月06日閲覧 (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]