城北新町 (名古屋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 北区 > 城北新町
城北新町
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
町名制定 1951年(昭和26年)5月1日[1]
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
市外局番 052

城北新町(じょうほくしんまち)は、愛知県名古屋市北区の地名。堀川部分に[1]、「道路・河川・鉄道等用地」として残る[2]

地理[編集]

学区[編集]

人口[編集]

国勢調査による人口の推移

1950年(昭和25年) 1221人[3]
1955年(昭和30年) 1555人[3]
1960年(昭和35年) 1556人[4]
1965年(昭和40年) 1557人[4]
1970年(昭和45年) 3689人[5]
1975年(昭和50年) 4420人[5]
1980年(昭和55年) 4337人[6]

歴史[編集]

地名の由来[編集]

沿革[編集]

交通[編集]

史蹟[編集]

  • 城北新町遺跡は当地名を冠しているが、地名変更のため現在は名城2丁目に位置する[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 名古屋市計画局 1992, p. 748.
  2. ^ 名古屋市市民経済局地域振興部住民課町名表示係 (2014年1月24日). “北区の町名一覧” (日本語). 名古屋市. 2015年3月8日閲覧。
  3. ^ a b 名古屋市総務局企画室統計課 1957, p. 75.
  4. ^ a b 名古屋市総務局企画部統計課 1967, p. 69.
  5. ^ a b 名古屋市総務局統計課 1977, p. 43.
  6. ^ 名古屋市総務局統計課 1981, p. 26.
  7. ^ a b 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 693.
  8. ^ 名古屋市北区役所市民室 1979.
  9. ^ 北区制50周年記念事業実行委員会 1994, p. 475.
  10. ^ 北区25番目の埋蔵文化財(広報なごや北区版)平成19年2月号 (PDF)” (日本語). p. 12. 2013年7月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『昭和31年版 名古屋市統計年鑑』名古屋市総務局企画室統計課、名古屋市、1957年(日本語)。
  • 『昭和41年版 名古屋市統計年鑑』名古屋市総務局企画部統計課、名古屋市、1967年(日本語)。
  • 『昭和51年版 名古屋市統計年鑑』名古屋市総務局統計課、名古屋市、1977年(日本語)。
  • 『昭和55年国勢調査 名古屋の町・丁目別人口(昭和55年10月1日現在)』名古屋市総務局統計課、名古屋市役所、1981年(日本語)。
  • 名古屋市北区役所市民室『北区 私たちのまち』名古屋市北区役所、1979年3月(日本語)。
  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年3月8日(日本語)。ISBN 4-04-001230-5
  • 名古屋市計画局『なごやの町名』名古屋市計画局、1992年3月31日(日本語)。
  • 『北区誌』北区制50周年記念事業実行委員会、北区制50周年記念事業実行委員会、1994年2月11日(日本語)。