名古屋市立清水小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名古屋市立清水小学校
Nagoya City Shimizu Elementary School 20140517.JPG
過去の名称 杉村仮義校
第7義校
含章学校
清水町杉村組合金城村立清水尋常小学校
名古屋市立清水尋常高等小学校
名古屋市清水国民学校
国公私立の別 公立学校
設置者 名古屋市
設立年月日 1872年(明治5年)9月10日[1]
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 462-0844
愛知県名古屋市北区清水五丁目3番1号
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

名古屋市立清水小学校(なごやしりつ しみずしょうがっこう)は、愛知県名古屋市北区清水にある公立小学校である。 六郷小学校城北小学校楠小学校とともに、北区における近代教育の源流となった。

歴史[編集]

集団疎開先略地図
(地図南側の駅は東海道本線支線美濃赤坂駅
1
法泉寺
2
修善寺
3
天清院
4
東光寺
5
正福寺
6
妙法寺
7
正安寺

日本の近代教育制度上の教育機関として小学校が各地に設置されるのに先立ち、愛知県においては暫定的な施設として「義校」という形式で初等教育を行う方針を定めた[2]。これに応じて、春日井郡杉村久国寺境内において、1872年(明治5年)に「杉村仮義校」と称する学校が設置されることとなった[3]。これを名古屋市立清水小学校の始まりとして扱っている[3]。建物は座禅堂の南にあったものを利用したという[4]。また同寺の境内には初代校長であった井出珠雄を記念する「井出先生頌徳之碑」が残されているという[4]

翌年1月には名称を「第七義校」と改めている[3]学制が成立すると、同制度上の学校として改組されることとなり、愛知県第1中学区第71番小学含章学校(のち改番され、第1中学区第17番小学含章学校)となった[5]。校名にある「含章」は経書に由来する[5]。また、同時に久国寺の西側への移転を行っている[5]。通学区域として、学校が所在する春日井郡杉村と隣接する名古屋区清水町が設定された[5]

1876年(明治9年)には学区改編に伴い、学校名称を地名などから命名する方針となり、ここに「清水」の名がはじめて登場することとなる[5]

太平洋戦争の戦況が悪化すると、各地の国民学校において集団疎開が実施されるようになった。清水国民学校では1944年(昭和19年)8月10日、470人の児童が岐阜県不破郡赤坂町(現大垣市)の法泉寺・修善寺・天清院・東光寺・正福寺・妙法寺・正安寺・公会堂に分かれて疎開を行うこととなった[6]。疎開中の1945年(昭和20年)5月14日には空襲により、学校を全焼する憂き目に遭っている[7]

校舎を失ったために授業は、辛くも焼け残った杉村小学校校舎の一部を借りたり、神明八幡合祀社社務所・診療所(旧清水幼稚園)・旧城北練兵場兵舎といった建物に分散して行われることとなった[8]。疎開児童も1945年(昭和20年)11月には引き揚げている[9]。翌年8月になってバラック(仮校舎)が建ち、従来の校地に復した[9]

戦災復興に関して清水小学校の付近は戦災復興土地区画整理事業北第1工区に含まれることとなり、事業の終結により校地の拡張を果たしている[10]。従来の住所は金作町4丁目16であった[11]ものが、換地処分により清水五丁目3番1号へと変更された。

沿革[編集]

歴代校長[編集]

年は着任年を示す

交通アクセス[編集]

学区[編集]

清水学区は名城公園東側の地域で、金城東志賀大杉山吹名城城西の6学区と接している。清水小学校は学区の北東に位置しており、学区内の大部分の地域から道程1.5km以内で到達できる。

設立当初の学区は前述の通り、春日井郡杉村と名古屋市清水町であった[5]。杉村は北区杉村・杉村町・杉栄町中杉町西杉町・大杉・大杉町・東大杉町豆園町城東町生駒町水切町長田町清水[14]、清水町は北区清水二丁目・東区白壁二丁目・白壁三丁目に相当する地域であるという[15]。1887年(明治20年)頃には、それに西春日井郡金城村が加わっている[12]

金城村には1901年(明治34年)に金城尋常小学校(現名古屋市立金城小学校)が設置されたため、このとき学区から除かれた[13]。また人口の増加に伴い、1927年(昭和2年)に杉村尋常小学校が、1935年(昭和10年)に大杉尋常小学校がそれぞれ開校したため、学区を分けている[16]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

WEB[編集]

新聞[編集]

  1. ^ “名古屋市の教職員異動 校長・園長” (日本語). 中日新聞朝刊市民版・なごや東版: p. 1. (2015年3月29日) 

文献[編集]

参考文献[編集]

  • 『北区誌』北区役所教育課、北区役所総務課、1964年6月3日(日本語)。全国書誌番号:65000171
  • 『日本歴史地名大系 第23巻 愛知県の地名』平凡社地方資料センター、平凡社、1981年11月30日。ISBN 4-582-49023-9
  • 『北区誌』北区制50周年記念事業実行委員会、1994年。
    • 宮田幸治「明治の学校教育」『北区誌』北区制50周年記念事業実行委員会、1994年、268-284頁。
    • 伊藤豊「学童疎開と工場動員」『北区誌』北区制50周年記念事業実行委員会、1994年、399-413頁。
    • 贄博光「インフレ,ヤミ物資の横行,疎開から戻った児童と市民」『北区誌』北区制50周年記念事業実行委員会、1994年、423-431頁。
    • 西淵茂男「名古屋市の復興計画」『北区誌』北区制50周年記念事業実行委員会、1994年、432-444頁。

外部リンク[編集]