Mummy-D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
坂間大介から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mummy-D
出生名 坂間大介
別名 Mr.Drunk
生誕 (1970-04-14) 1970年4月14日(48歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
学歴 早稲田大学政治経済学部政治学科
ジャンル ヒップホップ
職業 ヒップホップMC
トラックメイカー
俳優
活動期間 1989年 -(RHYMESTERとして)
事務所 スタープレイヤーズ
共同作業者 宇多丸(佐々木士郎)、DJ JIN
公式サイト RHYMESTER

Mummy-D(マミーディー、1970年4月14日 - )は、日本のヒップホップグループ、RHYMESTERおよびマボロシMC、マイクロフォンNo.2、俳優(役者)、プロデューサー、タレント。本名、坂間 大介(さかま だいすけ)。弟は同じくヒップホップMCのKOHEI JAPAN。トラックメイカーとしてはMr.Drunk名義で活動している。相棒の宇多丸は、BMR誌でラップ評を書いていた佐々木士郎である。クイズプレゼンバラエティー Qさま!!テレビ朝日)に出演するなど、タレント業もおこなっている。

来歴[編集]

神奈川県横浜市出身。神奈川県立横浜緑ケ丘高校早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。

高校時代はサッカー部に在籍。RHYMESTERメンバーの宇多丸が帰宅部出身を売りにしているのに対し、高校まで部活をやっていたことを売りにしている。

高校時代の文化祭で友人のバンドにギタリストとして参加する傍ら、個人でも初ステージを踏んでいる(本人によると、その曲はレゲエのような曲だった)。また、別の高校に通っていた実弟のKOHEI JAPANと一緒にステージも踏んでいる(当時は『MCヤキニク (KOHEI JAPAN) とDJスペースシャトル (Mummy-D)』と名乗っていたと本人がラジオ番組で語っている)。大学時代の1989年、「早稲田大学ソウルミュージック研究会ギャラクシー」で出会った佐々木士郎らと「RHYMESTER」を結成。「ギャラクシー」では第13代部長を務めていた。第12代部長が佐々木士郎(宇多丸)で、DJ JINは第16代部長。

大学卒業後、桑沢デザイン研究所にてデザインを学ぶ。RHYMESTERの活動と並行して、当時の所属事務所であったファイルレコードに籍をおき、CDジャケットなどのデザインに携わっていた。『B-BOYイズム』の頃まではジャケットにデザイナーとしてのクレジットも見られる。

USブラック・ディスク・ガイドでは、佐々木士郎とともにラップの一部を担当した[1]。当時のお気に入りのラッパーは、マーリー・マール[2]率いるジュース・クルー系であることを示唆していた。RHYMESTERの活動以外に、トラックメイカーとして他のラッパーや歌手とのコラボレーションもしている。マボロシのMCでもあり、そちらでは本名の坂間大介を名乗る。

2006年9月23日に一般の女性と結婚。披露宴にはメンバーの2人に加え、実弟のKOHEI JAPANや、友人らが駆けつけた。

2007年11月25日にRHYMESTERとマボロシの両ブログにて11月24日午前7時に第一子が誕生したことを報告した。その日のRHYMESTERのブログでのタイトルは、弟KOHEI JAPANの『Family』に収録されている「もしも息子が出来たなら…」だった。ちなみに子どもが誕生する前日には、KREVA日本武道館ライブにゲスト出演していた。

エピソード[編集]

  • Mummy-DのMummyは中学時代のあだ名のマミーから来ている。
  • 独特な長髪のパーマヘアをちょんまげ風に結ぶヘアスタイルが特徴である。
  •  酒が好きで、3枚目のアルバム『グレイゾーン』(2004年発表)の「おぼえていない」という曲は、彼の酔って記憶が無い時のエピソードを題材にしている。同じアルバムの「だから私は酒を呑む」では「せんべい屋の長男」という表現が出てくるように、実家はせんべい屋である。
  • 実家に勘当されていたが現在は和解しており、実家の両親がライブ会場を訪れている。またKOHEI JAPANのミュージック・ビデオにも家族で共演している。
  • ヒップホップのジャンルで音楽活動をしている坂間広平(KOHEI JAPAN、ヒップホップグループMELLOW YELLOWの一員)は実弟。アルバム『リスペクト』(1999年発表)の「ブラザーズ」という曲は、ヒップホップの世界で兄弟が競い合い、切磋琢磨し、時に協力し合いながら技を磨いてゆくというストーリーになっていて、リリックが示すように、広平がヒップホップの世界に入ったきっかけは、兄の大介の影響が大きい。
  • ステージ上で宇多丸に「10年代来のマイメン(親友の意味)」や「大ちゃん」と紹介されたことがある。
  • アディダスなどスポーツ物のブランドを使ったファッションが得意で、ストリート系のファッション雑誌のグラビアを飾ったこともある。最近は名前の大介の大の字のペンダントを着けている。
  • 写真を撮るのが趣味であり、ブログなどに載せている写真を撮っている。自称「写メラマン」。
  • 歴史日本史)への造詣が深く、地方へ行った際は古跡巡りなどをしている。
  • ラップをやめようとした友人の童子-Tに、「まだマイクを置くのは早いよ、オレが代表曲を作ってやるよ」と言って作られた曲は彼の出世曲となった「少年A」である。後輩のダースレイダーも素人時代にクラブで彼に会った時、興奮し「俺に曲作ってください」と言うと「お前がしっかり仕事で頼める所まできたらいつでもやるよ」と言われ、後にその仕事が実現した。
  • DJミッツィーが『かたじけナイト』の名称に触発され、後に宇多丸も参加することになる日本語DJ集団のイベント名称は『申し訳ないと』と命名された。

客演作品[編集]

RHYMESTERマボロシの客演についてはそれぞれの項目参照。

プロデュース作品[編集]

Mr.Drunk名義での作品を含む

メディア出演[編集]

ナレーション[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

  • マガシーク「うっかり篇」(2012年)
  • 「トビタテ!留学JAPAN」キャンペーン・広報Webムービー「Dear Father」(2016年)[3]

舞台[編集]

  • 最高はひとつじゃない 2016 SAKURA(2016年)[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ USブラック・ディスク・ガイド、316ページ~318ページを参照
  2. ^ http://clubberia.com/ja/artists/851-MARLEY-MARL/
  3. ^ “Mummy-D、留学への夢抱く“息子”村上虹郎とラップで会話”. 音楽ナタリー. (2016年4月7日). http://natalie.mu/music/news/182612 2016年4月7日閲覧。 
  4. ^ 内博貴、初ラップに四苦八苦 自己採点は「3点…」”. ORICON STYLE (2016年2月26日). 2016年2月26日閲覧。
[ヘルプ]

外部リンク[編集]