ザ ブルーハーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
THA BLUE HERB
Thablueherb-onstage-aug14-2016.jpg
基本情報
別名 TBH/TBHR
出身地 日本の旗 日本 北海道札幌市豊平区平岸
ジャンル ヒップホップ
トリップ・ホップ
オルタナティブ・ヒップホップ
活動期間 1997年 -
レーベル THA BLUE HERB RECORDINGS
共同作業者 JAPANESE SYNCHRO SYSTEM
公式サイト http://www.tbhr.co.jp/
メンバー ILL-BOSSTINO(MC)
O.N.O(DJ)

THA BLUE HERB(ザ・ブルー・ハーブ)は、北海道札幌市を本拠地として活動を続ける日本のヒップホップグループである。

概要[編集]

ILL-BOSSTINOO.N.Oの2人で1997年に札幌の地に結成された。アナログでリリースされたシングル曲『知恵の輪(THIRD HALLUCINATION CHAOS)』を聴いたDJ KRUSHがクラブプレイ時に盛んにこの楽曲をかけた(「remix」誌に掲載されていた自身のプレイリストにもこの曲の名前を入れていた)ため、東京を始めとして日本全国のヒップホップ関係者の耳目を集めることになる。

2000年に初の全国ツアーを行う。フジ・ロック・フェスティバルに出演した。2005年以降はレコーディングに集中するためライヴ活動を休止し、2006年は新曲の発表も無かったものの、2007年マキシシングル『PHASE 3』の発売をきっかけに活動を再開、同年5月にはサードアルバム『LIFE STORY』をリリースした。自身のレーベルTHA BLUE HERB RECORDINGSを持つ。

メンバー[編集]

1人のMCと1人のトラックメイカーに加えて、ライヴにおいては1人のDJが加わる。

  • BOSS THE MC(ボス・ザ・エムシー) / ILL-BOSSTINO(イル・ボスティーノ)

MC。1971年生まれ。北海道亀田郡七飯町大中山出身。札幌市在住。市立函館高等学校(当時は函館北高等学校)出身。高校では1年休学しており、その間配管工として働いていた[1]。高校を卒業後、札幌大学経済学部へ進学[2][3]。すすきののキャバクラやクラブで働きながらヒップホップカルチャーにのめり込むようになる。ラッパーのNasが1994年に発表したアルバム『イルマティック』の歌詞カードを日本語で読んだことで衝撃を受け、作詞に関する研究と思考を深めることになる[4]。 ブルーハーブではBOSS THE MCの名前を、外部作品及びブルーハーブ以外のプロジェクトではILL-BOSSTINOの名前を使う。レーベルメイトであるワチャルと共にHERBEST MOONというハウスのプロジェクトも行っている。また2006年にはCalmJAPANESE SYNCHRO SYSTEMというユニットを組んでいる。

  • O.N.O (オー・エヌ・オー)

トラックメイカー。既成のヒップホップにとらわれないサンプリングの加工や複雑に打ち込まれたドラムはTBH独自のグルーヴを産み出した。ソロアーティストとしてもハード機材を用いたライブ活動を行い、2004年にはフジロック・フェスティバルに、2007年にはMETAMORPHOSEに出演した。

  • DJ DYE (ディージェイ・ダイ)

ライブDJ。個人名義でMix CDもリリースしている。

  • JERRY "KOJI" CHESTNUTS(ジェリー“コージ”チェストナッツ)

シンガー。ブルーハーブ関連の楽曲にたびたび登場し、上の3人に続くブルーハーブの準メンバーと言える。

作風[編集]

THA BLUE HERBの最大の特徴はそのリリックである。Shing02などと同様、リリックには強いメッセージ性があるとされている。 自身の存在の誇示(セルフボースティング)、セレブや音楽業界の東京中心主義への批判(ディスリリック、バトルライム)が衆耳を集めがちだが、『時代が変わるPt.2』ではイデオロギーの違いによる人間の対立、『未来は俺らの手の中』で生への希望を描き、『Candle Chant』で死者への追悼をするなどメッセージは幅広い。

フロウは『SHOCK-SHINEの乱』などの早期はガナリ声、トラックにとらわれない強引な言い回しであったが、『智慧の輪』以降、近年は冷静な口調でラップをする事が多くなった。またJAPANESE SYNCHRO SYSTEMではポエトリーリーディングのような作風になっている。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

発売日   タイトル 規格品番 備考
1999年9月15日
2002年4月19日(再発)
1st STILLING,STILL DREAMING SUR-50
TBHR-003:アナログ盤
RLCA-1018:再発
(2002年4月19日に2枚のアナログシングルの曲が収録されたボーナスディスク付で再発。
2002年5月22日 2nd Sell Our Soul TBHR-CD-003
TBHR-011:アナログ盤
オリコン最高29位、登場回数4回
2007年5月23日
12月21日(INSTRUMENTAL VER.)
3rd LIFE STORY TBHR-CD-014
TBHR-038:アナログ盤
TBHR-039:アナログ限定盤
オリコン最高15位、登場回数8回
2012年5月9日
12月26日(アナログ盤)
4th TOTAL TBHR-CD-020
TBHR-043:アナログ盤
オリコン最高15位、登場回数9回
2019年7月3日 5th THA BLUE HERB TBHR-CD-030 オリコン最高16位、登場回数6回
2020年7月2日 1st mini 2020 TBHR-CD-034 オリコン最高18位、登場回数4回

シングル(マキシシングルを含む)[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2000年4月30日 アンダーグラウンドVSアマチュア SUR-067 アンダーグラウンドvsアマチュア/未来世紀日本(BACK GROUND VOCALS) STRAIGHT UP RECORDS
2nd 2002年3月20日 FRONT ACT CD TBHR-CD-002 TRANS SAPPORO EXPRESS/A SWEET LITTLE DIS/3 DAYS JUMP(2001年地球の旅) オリコン最高63位、登場回数3回
2002年4月19日 アンダーグラウンドVSアマチュア TBHR-005 アンダーグラウンドvsアマチュア〜TBHR ANTHEM/未来世紀日本 BACK GROUND VOCALS BY HANA(遊星'S)
3rd 2003年5月23日 未来は俺等の手の中 TBHR-CD-006 未来は俺等の手の中/未来は俺等の手の中(インスト) THE BLUE HEARTSの「未来は僕等の手の中」のカバーということになっているが歌詞・内容ともにかけ離れている。元々アルバム『THE BLUE HEARTS SUPER TRIBUTE』に収録されるはずだったが、諸事情によりお蔵入り。
オリコン最高88位、登場回数6回
4th 2005年9月2日 THE WAY HOPE GOES TBHR-CD-012
TBHR-035:アナログ盤
THE WAY HOPE GOES/PUSHER ON THE STREET(THAMEL TOWN DUB)/智慧のDub オリコン最高84位、登場回数5回
5th 2007年3月21日
3月23日(アナログ盤)
PHASE 3 TBHR-CD-013
TBHR-036:アナログ盤
PHASE 3/C2C4 オリコン最高31位、オリコンインディーズチャート1位獲得、登場回数8回
6th 2009年5月20日
6月30日(アナログ盤)
STRAIGHT YEARS TBHR-CD-016
TBHR-040:アナログ盤
STRAIGHT YEARS/STRAIGHT YEARS (INST) オリコン最高35位、登場回数6回
7th 2012年3月14日

2012年3月17日(アナログ盤)

STILL RAINING, STILL WINNING TBHR-CD-019:通常盤
TBHR-CD-019X:初回限定仕様
TBHR-042:アナログ盤
STILL RAINING, STILL WINNING/HEADS UP オリコン最高32位、登場回数4回
8th 2017年8月23日 愛別 EP TBHR-CD-029 ALL I DO/BAD LUCKERZ/20YEARS, PASSION &

PAIN

オリコン最高46位、登場回数4回
9th 2019年10月2日 ING / それから TBHR-CD-033 ING/それから/ING - INSTRUMENTAL/それから - INSTRUMENTAL

アナログ[編集]

  1. SHOCK-SHINEの乱(1998年)
  2. 知恵の輪/北風(1998年)
  3. アンダーグラウンド vs. アマチュア(1999年)
  4. 時代は変わる
  5. TRANS SAPPORO EXPRESS
  6. ANNUI DUB : THANK YOU VERY MUCH MY FRIEND
  7. 3 DAYS JUMP(2001年地球の旅)(2001年)
  8. FRONT ACT CD(2002年)
  9. 未来は俺等の手の中(2003年)
  10. ROADS OF THE UNDERGROUND/智慧の輪
  11. MY HEAT
  12. MY WORK/MY FAITH(2006年11月4日)
  13. 智慧のdub/Pusher On The Street(2005年6月24日)
  14. PHASE 3(2007年3月21日)
  15. HIP HOP 番外地/この夜だけは(2007年4月19日)

ILL-BOSSTINO ソロアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
ミックスCD 2015年09月23日 BORDERS-Mixed by DJ HIKARU TBHR-CD-025
  1. ヤバスギルスキル pt.6 feat. ILL-BOSSTINO
  2. 野良犬 feat. ILL-BOSSTINO
  3. 真夜中の決闘 feat. ILL-BOSSTINO
  4. DIS SHIT IS REAL feat. ILL-BOSSTINO & JERRY"KOJI"CHESTNUTS
  5. MIC STORY feat. ILL-BOSSTINO
  6. JAPANESE HIPHOP AND ME feat. ILL-BOSSTINO
  7. HOME BREWER feat. BOSS THE MC, DJ BAKU
  8. THE DRAMA IS... feat. ILL-BOSSTINO
  9. あかり from HERE ~NO MUSIC, NO LIFE.~ feat. THA BLUE HERB
  10. MISSION POSSIBLE
  11. MY PEOPLE feat. ILL-BOSSTINO, MASTA SIMON & SHINGO★西成
  12. NO MISSION (IRON VOCAL) feat. ILL-BOSSTINO
  13. スクリュードライマー(Elements of Rhyme) feat. BOSS THE MC
  14. CHECK IT, SPREAD IT / PANDRA'S VOICES feat. ILL-BOSSTINO
  15. SLEAZY RAP feat. ILL-BOSSTINO
  16. WE LOVE THE SILVER MOONLIGHT
  17. ILL-BEATNIK featuring BOSS THE MC
オリコン最高60位

登場回数4回

1st 2015年10月14日

2019年4月14日(アナログ盤)

IN THE NAME OF HIPHOP TBHR-CD-027

TBHR-045:アナログ盤

  1. HELL-O MY NAME IS…
  2. I PAY BACK
  3. BLOODY INK
  4. HELL'S BELLS
  5. WORD...LIVE
  6. S.A.P.P.O.R.A.W.
  7. REMEMBER IN LAST DECEMBER
  8. MATCHSTICK SPIT
  9. SEE EVIL, LISTEN EVIL, SPEAK NO EVIL
  10. NOW IS NOT THE TIME
  11. WE WERE, WE ARE
  12. 44 YEARS OLD
  13. LIVING IN THE FUTURE
  14. ABOVE THE WALL
  15. ...RELEASED ALL
オリコン最高18位

登場回数6回

O.N.Oソロアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2008年11月21日 SIGNALOG TBHR-CD-015 Signa/Gravity Hill/Effekt/Trench Line/Incell/Emotional Echo/Machine Drive/Light Velocity/Shops/August/She Sings/Bright Black/Film オリコン最高284位
ライブ 2009年9月3日 Machine Livelog at module, tokyo 30 / Jan / 2009 TBHRCD-017 オリコン圏外
2nd 2009年9月18日 SLOW DAY OVER HERE RBCP-2424 forest glow/the path/floating at dusk/groundwater/passing by/she side/night scene/struck a chord/tower resound/motion! オリコン圏外
3rd 2014年6月4日 Ougenblick TBHR-CD-022 FrameStack/Strom/SketchFlow/InduktorBass/Strain/Affekt/Functor/Reng/DawningLine/Farbeyond オリコン圏外

VIDEO/DVD[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2003年5月30日
2009年5月20日
藷演武 Live At Core, Tokyo 99.5.2 TBHR-VD-001:VHS
TBHR-DVD-003:DVD
RAGING BULL/北風[WIND FOR WIN]/SHOCK-SHINEの乱/COAST 2 COAST/STOICIZM/¥/ONCE UPON A LAIF IN SAPPORO/知恵の輪 / ペンと知恵の輪/BOSSIZM/孤憤/コンクリートリバー/AME NI MO MAKEZ オリコン最高71位(再発)
2nd 2007年1月21日 THAT'S THE WAY HOPE GOES TBHR-DVD-001 MY HEAT/TRANS SAPPORO EXPRESS/RAIGING BULL/孤憤/ウルトラC/未来世紀日本/RAIGING BULL/人斬り/A SWEET LITTLE DIS/COAST 2 COAST 2/北風(WIND FOR WIN)/AME NI MO MAKEZ/ROAD OF THE UNDERGROUND/MY HEAT/野良犬/BOSSIZM/STILL STANDING IN THE BOG/知恵の輪/S.S.B./BATTY REALIZED/SMILE WITH TEARS/STOICIZM/未来は俺等の手の中/時代は変わる/ROAD OF THE UNDERGROUND オリコン最高41位、登場回数4回
3rd 2009年3月25日 STRAIGHT DAYS/AUTUMN BRIGHTNESS TOUR'08 TBHR-DVD-2 【DISC1-THAT'S THE WAY HOPE GOES】OPENING/PHASE 3/RAGING BULL/BOSSIZM/野良犬/北風(WIND FOR WIN)/MAINLINE/C2C4/MY HEAT/DIS SHIT IS REAL/MIC STORY/STOICIZM/ONCE UPON A LAIF IN SAPPORO/SUPA STUPID/HIP HOP番外地/AME NI MO MAKEZ / ILL BEATNIK/ROAD OF THE UNDERGROUND/BROTHER/STILL STANDING IN THE BOG/MY FAITH/THE WAY HOPE GOES/MOTIVATION/時代は変わる/未来は俺等の手の中/あの夜だけが/この夜だけは/ROADS OF THE UNDERGROUND

【DISC2-THAT'S THE WAY HOPE GOES】OPENING/PHASE 3/RAGING BULL/BOSSIZM/野良犬/北風(WIND FOR WIN)/MAINLINE/C2C4/MY HEAT/DIS SHIT IS REAL/MIC STORY/STOICIZM/ONCE UPON A LAIF IN SAPPORO/SUPA STUPID/HIP HOP番外地/AME NI MO MAKEZ/ROAD OF THE UNDERGROUND/BROTHER/STILL STANDING IN THE BOG/MY FAITH/THE WAY HOPE GOES/MOTIVATION/時代は変わる/未来は俺等の手の中/あの夜だけが/この夜だけは/ROADS OF THE UNDERGROUND

オリコン最高73位、登場回数4回
4th 2011年2月16日 PHASE 3.9 TBHR-DVD-004 オリコン最高17位、登場回数3回
5th 2012年6月27日 TOTAL WORKS TBHR-DVD-005 (ドキュメンタリー) オリコン最高174位
6th 2013年8月14日 PRAYERS TBHR-DVD-006 2DVD+CD オリコン最高31位、登場回数3回
7th 2016年8月24日 ラッパーの一分 TBHR-DVD-007 オリコン最高16位、登場回数3回
8th 2018年4月11日 20YEARS, PASSION &

RAIN

TBHR-DVD-008 オリコン最高19位、登場回数4回

参加作品[編集]

  1. DJ SEIJI (現在は、DJ SEIJI(S.P.C.)) feat. BOSS THE MC「腐触列島」
  2. オムニバス「TE BEST OF JAPANESE HIP HOP vol .6」(1996年8月21日)
    6. 悪の華(BOSS THE MC featuring DJ ONO)
  3. 「流 -RYU-」(1999年8月1日)
    3. 流-RYU-(featuring BOSS THE MC)
    8. ILL-BEATNIK(featuring BOSS THE MC)
  4. audio active「SPACED DOLLS」 (2000年9月27日)
    3. スクリュードライマー(Elememts of Rhyme)(featuring Boss The MC)
  5. DJ KRUSH 「漸〜zen〜」2001年1月24日
    9.Candle Chant (A Tribute) Feat. Boss The MC
  6. コンピレーション「ONLY FOR THE MINDSTRONG」(2001年5月5日)
    1.時代は変わる pt.1
    7.時代は変わる pt.2.3
  7. 刃頭「野良犬 feat.ILL BOSSTINO a.k.a. BOSS THE MC」(2002年11月21日)
  8. ラッパ我リヤ「RG A.I.R.4TH」(2003年8月20日)
    6.ヤバスギルスキル pt.6(feat.ILL-BOSSTINO)
  9. HEAT-灼熱-original soundtrack (2004年2月4日)映画HEAT-灼熱-のサントラ
  10. DRUM, PROGRAM, ANAGRAM EP(2004年7月2日)
    2.BG-073 / O.N.O
  11. REBEL FAMILIA「REBEL FAMILIA presents“SOLIDARITY”」(2004年5月19日)
    1. NO MISSION(IRON VOCAL)(ILL-BOSSTINO&REBEL FAMILIA)
  12. コンピレーション「ONLY FOR THE MIND STONE LONG」 (2005年1月28日)
    2. ROAD OF THE UNDERGROUND
    6. 智慧の輪
    11. ROADS OF THE UNDERGROUND
  13. オムニバス「WHITE OUT 3~real snowboarder's compilation~」(2006年12月6日)
    14.BOSSIZM
  14. RUMI「Hell Me WHY??」(2007年5月12日)
    5.極楽都市 feat.O2(MSC) Track by O.N.O
  15. SEEDA街風」(2007年10月17日)
    4.MIC STORY feat ILL BOSSTINO
  16. 山仁「クッキーマン」(2008年10月10日)
    9.THE DRAMA IS... feat.ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)
  17. クラムボン feat. THA BLUE HERB「あかり from HERE ~NO MUSIC, NO LIFE.~」(2009年11月11日)
  18. G.CUE「G.A.N.X.T.A」(2009年11月11日)
    12.真夜中の決闘 Feat. ILL-BOSSTINO / DJ 刃頭
  19. SEEDA「WISDOM」(2009年12月23日)
    1.WISDOM feat.ILL-BOSSTINO,EMI MARIA
  20. OLIVE OILILL-BOSSTINOB.I.G. JOE「MISSION POSSIBLE」(2010年7月21日)
    1.MISSION POSSIBLE
  21. tha BOSS「NEW YEAR'S DAY feat. 般若」(2014年12月10日)
    1.NEW YEAR'S DAY feat. 般若
  22. OLEDICKFOGGY x ILL-BOSSTINO (THA BLUE HERB)「弾丸さえあれば」(2017年1月25日)
    1.弾丸さえあれば

動画[編集]

ミュージックビデオ[編集]

公開年 監督 曲名 備考
2000年 小島淳二/ミズヒロ・サビーニ スクリュードライマー(Elements of Rhyme) 客演(audio active featuring BOSS THE MC)
2002年 刃頭 野良犬 客演(刃頭 feat.イル・ボスティーノ)
2004年 横井健司 MY HEAT
2005年 森田貴宏 ROAD OF THE UNDERGROUND
DJ Quietstorm for 中目黒薬局 智慧の輪 Photography by Miyuki "Pai" Hirai
2007年 FUTONE PHASE 3
川口潤 この夜だけは
2009年 名取哲 JAPANESE HIPHOP AND ME ft.ILL-BOSSTINO 客演(DJ BAKU)
2010年 MISSION POSSIBLE 客演(ILL-BOSSTINO×OLIVE OIL×B.I.G. JOE)
2012年 川口潤 STILL RAINING,STILL WINNING / HEADS UP(VIDEO EDIT VERSION)
2014年 PRAYERS
2015年 Toshiaki Toyoda MATCHSTICK SPIT tha BOSSソロMV
Satoshi Hamano WE WERE, WE ARE feat. B.I.G. JOE
川口潤 REMEMBER IN LAST DECEMBER
スタジオ石 NEW YEAR'S DAY feat. 般若
2019年 MarioWorks 前口上
志真健太郎 ASTRAL WEEKS / THE BEST IS YET TO COME
MarioWorks SMALL TOWN, BIG HEART
西村美香 / 稲葉昌也 REQUIEM 撮影協力:AMPcafe
2020年 MarioWorks バラッドを俺等に

ライブ映像[編集]

タイトル
AMENIMOMAKEZU(LIVE AT CORE TOKYO 1999.5.2)
"知恵の輪/ペンと知恵の輪" from 演武 LIVE at CORE, TOKYO 1999.5.2
クラムボン featuring ILL-BOSSTINO - あかり from HERE @ KAIKOO POPWAVE FESTIVAL'10
「tha BOSS "IN THE NAME OF HIPHOP"」 RELEASE TOUR @ 大阪 CLUB QUATTRO 2015/12/17
OLEDICKFOGGY feat. ILL-BOSSTINO "弾丸さえあれば" @札幌 KLUB COUNTER ACTION - 2017.3.4
@ 宮古 KLUB COUNTER ACTION - 2017/12/29
@ 石巻 BLUE RESISTANCE - 2017/12/30
"SMALL TOWN, BIG HEART" @ 山形 Sandinista - 2019.9.20
“今年無事” @ 東京 contact - 2019.12.29

主な出演イベント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 都築響一『ヒップホップの詩人たち』(新潮社、2013年)564頁。
  2. ^ 都築響一『ヒップホップの詩人たち』(新潮社、2013年)564-566頁。
  3. ^ IN&OUT -ハコダテとヒト-
  4. ^ 都築響一『ヒップホップの詩人たち』(新潮社、2013年)567-568頁。

外部リンク[編集]