北陸おでかけパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北陸おでかけパス(ほくりくおでかけパス)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)が発売する前売り制の特別企画乗車券である。

当項目では北陸新幹線等の利用者向けに、着地型周遊乗車券として発売される北陸周遊乗車券(ほくりくしゅうゆうじょうしゃけん)についても述べる。

概要[編集]

北陸おでかけパス[編集]

北陸おでかけパスは、土曜日日曜日祝日の1日に限り(年末年始1月1日のみ)、JR西日本管内のうち主に金沢支社管内の北陸地方3県を中心とするエリア内の、普通列車および快速列車普通車自由席に自由に乗降することができる。また北陸新幹線開業に伴い、それまで自由周遊区間となっていた北陸本線金沢駅 - 谷浜駅間が並行在来線として沿線3県の第三セクター鉄道へ移管されたが、IRいしかわ鉄道線とあいの風とやま鉄道線の全線、えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン市振駅 - 谷浜駅間の3区間すべてが、移管後も引き続き周遊区間に設定されている。さらに、2016年4月2日利用分より、日本海ひすいラインの谷浜駅 - 直江津駅間も周遊区間に追加されることになった[注 1]

発売価格はおとな2,500円、こども1,000円。前売り制となっており、利用日の1か月前から3日前までに購入する必要がある[注 2]

2015年3月8日利用分まではおとな2,060円、こども510円、2009年度までは基本的に大人2,000円、子ども1,000円の価格で発売されていたが、はじめて設定された2003年秋から3か月間はおとな1,500円、こども750円の特別価格で発売され、その後も2006年夏休み期間など、何度か特別価格で発売されている。また2005年4月に福井駅が高架化され、駅ビルプリズム福井」が開業した際は、平日も含めた連続10日間が利用日として設定されたこともある。

北陸周遊乗車券[編集]

北陸周遊乗車券は、2015年(平成27年)3月14日の北陸新幹線・長野駅 - 金沢駅間延伸開業にあたり、東日本旅客鉄道(JR東日本)管内の東京駅 - 上越妙高駅間の各駅から、JR西日本管内の糸魚川駅 - 金沢駅間の各駅まで「えきねっとトクだ値」もしくは「モバイルSuica特急券」を利用する乗客と[1]、首都圏および京阪神圏から北陸方面への旅行商品のうち、往復の行程にJR線を含む商品を利用する乗客[2][3]向けのサービスの一環として、北陸おでかけパスと同一のフリー区間内を曜日に関わらず連続2日間利用できる企画乗車券である。

発売価格はおとな2,500円、こども1,000円で、「えきねっと」「モバイルSuica特急券」利用の場合は新幹線乗車当日か翌日に、糸魚川駅以西の新幹線5駅で当該乗車券の購入完了画面もしくは利用履歴などを提示した場合に発売される。旅行商品利用の場合は発売対象となる旅行商品と同時にセットで購入する必要がある。

利用方法[編集]

利用方法は北陸おでかけパス、北陸周遊乗車券とも概ね同一である。

自由周遊区間(フリーエリア)内では、普通列車(新快速列車・快速列車を含む)の普通車自由席に乗車できる。指定席や着席整理券制(あいの風とやま鉄道「あいの風ライナー」など)の列車に乗車する場合は、当該の料金が別途必要となる。ただしグリーン席に乗車する場合は無効となり、乗車券(運賃)とグリーン料金が別途必要となる[注 3]。また特急列車などの優等列車は本券だけでは利用できないが、特急券等を別途購入すれば自由席のほか、指定席やグリーン席についても乗車できる[注 4][注 5]。ただし北陸新幹線については全区間エリア外となるため無効で、乗車券と特急券が別途必要となる。

有効期間は、北陸おでかけパスが乗車当日限り、北陸周遊乗車券は2日間である。乗車日が有効期間の翌日にまたがる場合は、午前0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効で、それ以降の区間は別途乗車扱いとして乗り越し分の運賃が必要となる。

自由周遊区間[編集]

自由周遊区間(フリーエリア)となる路線は、西側から順に下記のとおりである。

過去の周遊区間[編集]

2006年(平成18年)3月1日をもって廃止されたため周遊区間から除外された。なお同線は同年4月29日から富山ライトレールに移管した。
  • 北陸本線(金沢駅 - 谷浜駅間)
JR西日本管内の周遊区間としては、2015年3月8日利用分までの取り扱いだった。なお同区間が第三セクターへ転換された同年3月14日利用分以降も引き続き、前掲のとおり周遊区間として設定されている。

利用できない列車[編集]

いずれも運賃としては無効となり、別途乗車券などの購入が必要。

発売箇所・期間[編集]

発売は利用日の1か月前から3日前までの間となっている。また、利用日の1週間前までであれば、JR西日本の「e5489」でも購入可能。

北陸周遊乗車券のうち「えきねっと」「モバイルSuica特急券」利用の場合は、糸魚川駅と黒部宇奈月温泉駅富山駅新高岡駅、金沢駅のみどりの窓口で、当日もしくは前日にJR東日本管内から対象となる乗車券類を利用した旨を証明する、画面プリントや購入履歴などを提示した場合に限り発売される。旅行商品利用の場合はJTB、日本旅行、近畿日本ツーリストなどの主な旅行会社等で、発売対象となる商品と同時にセットで購入する必要がある。

主な利用特典[編集]

北陸おでかけパスは、乗車券本券のほか、案内書とアンケート用紙が添付されており、案内書にはおでかけパス利用者向けの特典などの案内が記載されている。

福井駅「プリズム福井」、金沢駅「金沢百番街」、富山駅「マリエとやま」「とやマルシェ」館内の指定店
駅ビル来館時、指定されたサービスカウンターでおでかけパスを提示すると、館内で割引や景品進呈などのサービスを実施している対象店舗が記載されたリーフレットが進呈される。
「一日フリーきっぷ」(おとな800円、こども400円)の割引
福井駅、田原町駅あわら湯のまち駅三国駅の窓口でおでかけパスを提示すると、おとな600円、こども300円の割引価格で購入できる。
特急バス「永平寺ライナー」(福井駅東口 - 永平寺門前間・往復 おとな1,440円、こども720円)の運賃割引
福井駅東口の同社窓口でおでかけパスを提示すると、往復乗車券をおとな1,200円、こども600円の割引価格で購入できる。また片道乗車券(おとな720円、こども360円)もおとな600円、こども300円で購入できる。ただし割引は窓口での乗車前購入時のみ有効で、車内精算の場合は対象外となる。
「一日フリーきっぷ」(おとな800円、こども400円)の割引
車内でおでかけパスを提示すると、おとな500円、こども250円の割引価格で購入できる。
利用料金の割引

備考・注意事項[編集]

北陸おでかけパスは、利用日の1か月前から3日前までの前売り制となっており、利用日2日前以降は発売されない。北陸周遊乗車券のうち「えきねっと」「モバイルSuica特急券」利用の場合は、対象となる乗車券類の購入履歴等が提示されない場合は発売されない。旅行商品利用の場合は、該当する商品と同時のセット購入が条件となっており、単体では発売されない。

購入後の利用日の変更はできない。有効期間内(利用日当日を含む)であれば未使用の場合に限り、発売箇所で払い戻しが可能で、手数料220円を差し引いた額が返金される。

使用開始後は乗り越し、方向変更、経路変更などの区間変更の取扱いは対象外で、別途乗車扱いとして乗り越し・変更分の運賃が必要となる。また使用開始後に災害等による列車の遅延や運休等が発生し、旅行を取りやめる場合でも、払い戻しや変更などは原則として認められない。乗車券を紛失した場合でも、再発行の取り扱いは行わない。

なお利用可能な区間と期日内であれば、事故・災害などで列車が運行不能になった場合の「代行バス」に乗車することも可能である[注 8]

北陸おでかけパスは2006年4月のフリーエリア拡大に伴い、エリア外の琵琶湖線と湖西線の一部の駅でも発売されている。ただしエリア外から乗車する場合は、琵琶湖線からは長浜駅まで、湖西線からは近江塩津駅までの運賃が別途必要となる。また北陸周遊乗車券を黒部宇奈月温泉駅から利用する場合も、エリア内各駅へ接続する交通機関(富山地方鉄道本線、路線バス等)の運賃等が別途必要となる。2017年度の発売分からは本券が小型化され、自動改札にも対応した仕様となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 谷浜駅 - 直江津駅間については、JR時代は東日本旅客鉄道(JR東日本)との社境にあたるため、自由周遊区間から除外されていた。えちごトキめき鉄道への移管直後の2015年度もその名残で、当該区間は自由周遊区間から除外されていた。
  2. ^ 2005年度発売分までの購入期限は利用日の7日前であった。
  3. ^ 2017年11月現在、フリーエリア内の普通列車で適用される列車はない。
  4. ^ なお2015年3月8日利用分までは在来線の特急列車の乗車についても無効で、乗車券と特急券が別途必要となっていた。
  5. ^ 2015年3月14日のダイヤ改正時点では定期列車としての設定はないが、個室や寝台は利用できない。
  6. ^ 2006年(平成18年)4月以前のフリー区間は新疋田駅 - 谷浜駅間となっていた。
  7. ^ 七尾線の七尾駅 - 和倉温泉駅間の普通列車は全てのと鉄道が運行しているが、同区間内であれば乗車できる。
  8. ^ 越美北線は2004年(平成16年)の福井豪雨で被災し一部区間が運休となったが、復旧の間の代行バスについても利用可能となっていた。

出典[編集]

  1. ^ “「北陸周遊乗車券」発売のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2015年2月13日), http://www.jreast.co.jp/mobilesuica/pdf/hokuriku20150213.pdf 2015年3月4日閲覧。 
  2. ^ 北陸新幹線開業にあわせた周遊観光の取り組みについて”. 西日本旅客鉄道 (2015年1月28日). 2015年7月18日閲覧。
  3. ^ “その他の北陸周遊商品” (PDF) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2015年1月28日), http://www.westjr.co.jp/press/article/items/150128_05_hokuriku.pdf 2015年7月18日閲覧。 
  4. ^ 糸魚川駅を含むえちごトキめき鉄道の各駅では発売していない。

外部リンク[編集]