中村良二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中村 良二
天理高等学校 野球部監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県三井郡北野町(現:久留米市
生年月日 (1968-06-19) 1968年6月19日(49歳)
身長
体重
180 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 1986年 ドラフト2位
初出場 1989年4月9日
最終出場 1995年8月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

中村 良二(なかむら りょうじ、1968年6月19日[1] - )は、福岡県三井郡北野町(現在の久留米市)出身の元プロ野球選手内野手)、野球指導者。左投げ右打ち。

1997年NPB阪神タイガースで現役を引退してからは、天理大学硬式野球部の監督を経て、2015年8月から出身校の天理高等学校で硬式野球部の監督を務める。

経歴[ソースを編集]

プロ入り前[ソースを編集]

1984年天理高等学校へ進学すると、2年生だった1985年第57回選抜高等学校野球大会へ出場。1本塁打を記録[2]。3年生だった1986年には、春夏連続で甲子園球場の全国大会へ出場。夏の選手権全国大会では、主将兼4番打者として1本塁打を記録する[2]などの活躍で、チームを優勝に導いた[3]。ちなみに、当時クリーンアップを組んでいた選手の1人に山下和輝がいた。

1986年のNPBドラフト会議で、近鉄バファローズからの2位指名を経て入団した[4]。背番号は28

プロ入り後[ソースを編集]

ウエスタン・リーグの公式戦では、1年目の1987年から70試合に出場すると、1991年1992年1994年に自己最多の17本塁打を記録。1994年から2年連続でシーズン最多本塁打・最多打点のタイトルを獲得[5][6]する一方で、1995年9月28日の対阪神戦(阪神鳴尾浜球場)では、斉藤浩行に次いで史上2人目の通算100本塁打を中込伸から達成した。1989年には一軍公式戦へのデビューを果たしたが、後述する事情から、最も多く出場したのは1995年の13試合であった。

1996年にはウエスタン・リーグ2位の打率を記録したが、一軍公式戦への出場機会がなく、シーズン終了後に近鉄球団から戦力外通告を受けた。しかし、他球団での現役続行を希望したため、当時山下が所属していた阪神の入団テストを受験[1]。後に合格したことから、1997年に阪神へ移籍した。背番号は59。しかし、阪神でも一軍公式戦への出場機会がなく、シーズン終盤に球団から戦力外を通告されたことを機に現役を引退した[1]。ちなみに、ウエスタン・リーグ公式戦での通算本塁打数は、阪神時代に放った現役最後の本塁打で110本にまで達した。

野球指導者としての活動[ソースを編集]

ファッションモデルだった女性と現役時代に結婚して2児を授かっていたことから、引退の直後には、会社員として一般企業に勤務していた。しかし、知人の紹介で少年野球チームの監督を務めたこと[7]をきっかけに、2008年8月から天理大学の硬式野球部監督に就任[8]。就任当時阪神大学野球リーグの2部に甘んじていたチームを、就任1年後の2009年秋季リーグ戦で1部への昇格に導いた[8]。さらに、チームは2013年の春季1部リーグ戦で優勝した[8]ことから、全日本大学野球選手権大会に出場。東京農業大学北海道との初戦で、14年振りの勝利を挙げた[9]

その一方で、2013年の秋季リーグ戦後には、学生野球資格回復研修を受講。2014年1月20日日本学生野球協会から学生野球資格の回復を認定されたことによって、同協会に加盟する高校の硬式野球部での指導が可能になったため、同年2月から母校・天理高校の硬式野球部コーチに転身した[4]

2015年8月25日付で、天理高校硬式野球部の監督に就任[1]。就任2年目の2017年夏には、チームを2年振り・通算28回目の選手権奈良大会優勝へ導いたことによって、自身31年振り・監督就任後初めての全国大会出場を果たした[10]。甲子園球場が本拠地である阪神へ所属していた選手が、現役引退後に高校野球の監督として同球場での全国大会出場を果たした事例は、春夏を通じて中村が初めてである[7]

選手としての特徴[ソースを編集]

高校時代の3年間に対外試合で41本塁打を放った[4]ほどの長打力の持ち主。近鉄・阪神時代を通じて753試合に出場したウエスタン・リーグの公式戦でも、実働11シーズン中6シーズンで2桁本塁打を記録している。それにもかかわらず、一軍公式戦では1本の本塁打を放てなかった。その背景には、プロ野球の内野手としては珍しい左投右打で、起用法が限られたことが大きく影響している。

指名打者制度を採用するパシフィック・リーグの近鉄時代には、主力打者の石井浩郎が一塁、ラルフ・ブライアントが指名打者に定着するなど、野手陣の層が厚かったこともあって一軍への定着に至らなかった。その一方で、1992年からは、ウエスタン・リーグ公式戦で3年連続の2桁盗塁を記録。1993年に自己最多の20盗塁に達したほか、出場機会を増やすべく、不慣れな外野守備に就くこともあった。

人物[ソースを編集]

学生野球の指導者に転じてからは、「選手を信じること」と「自分が受けてきた指導を間違えずに伝えること」を信条に[8]、選手の自主性を重んじた指導を行っている[11]

天理大学硬式野球部監督時代の教え子からNPB入りを果たした選手に、小山雄輝がいる。元々投手だった小山は、チームの方針で遊撃手へ転向していた2年生の秋に、監督へ就任したばかりの中村の勧めで投手へ復帰した。さらに中村は、小山が4年生の時に、近鉄時代のチームメイトだった投手出身の山崎慎太郎を臨時コーチへ招聘。山崎が小山に投球フォームの改造を指導したところ、小山は2010年のドラフト会議での4巡目指名を経て読売ジャイアンツへ入団するまでに至った(2017年に東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍)[12]。ちなみに中村は、天理高校硬式野球部の監督へ転じてからも、山崎をコーチへ委嘱。天理大学時代に続いて、自身に投手の経験がないことを理由に、投手の指導を山崎へ一任している[7]

詳細情報[ソースを編集]

年度別打撃成績[ソースを編集]

















































O
P
S
1989 近鉄 9 10 10 2 3 2 1 0 7 4 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .300 .300 .700 1.000
1990 7 8 7 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 0 .000 .125 .000 .125
1991 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1992 3 4 4 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .250 .250 .500 .750
1993 7 8 7 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2 0 .000 .125 .000 .125
1995 13 24 21 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0 .048 .048 .048 .095
通算:6年 41 56 51 4 5 3 1 0 10 4 0 1 0 0 1 0 1 19 0 .098 .132 .196 .328

記録[ソースを編集]

背番号[ソースを編集]

  • 28 (1987年 - 1996年)
  • 59 (1997年)

出典[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 天理高新監督に元トラ・中村良二氏が就任、25日から指導”. SANSPO.COM. 産業経済新聞社 (2015年8月25日). 2016年8月15日閲覧。
  2. ^ a b 天理に新怪物!4番・坂口豪快2ラン G岡本越え“3発”の誓い”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2015年3月26日). 2016年8月15日閲覧。
  3. ^ 豪打天理、最高のOBは「不惑の本塁打王」門田博光”. zakzak. 産業経済新聞社 (2011年7月11日). 2016年8月15日閲覧。
  4. ^ a b c 中村良二氏が天理コーチに 20日に学生野球資格回復”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2014年1月22日). 2016年8月15日閲覧。
  5. ^ ベースボール・レコード・ブック〈1995〉
  6. ^ ベースボール・レコード・ブック〈1996〉
  7. ^ a b c 元猛虎天理中村監督が甲子園で「強気な采配」/奈良”. 日刊スポーツ (2017年7月28日). 2017年7月30日閲覧。
  8. ^ a b c d 元近鉄・中村良二監督率いる天理大が大学選手権切符”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2013年5月27日). 2016年8月15日閲覧。
  9. ^ 天理大14年ぶりの初戦突破/大学野球”. 日刊スポーツ (2013年6月12日). 2016年8月15日閲覧。
  10. ^ 【奈良】天理を2年ぶり聖地甲子園に導いた、元近鉄・中村監督”. スポーツ報知 (2017年7月28日). 2017年7月30日閲覧。
  11. ^ 天理 安原の逆転サヨナラ劇弾で決勝 元阪神・中村監督「野球って分かりませんね」”. デイリースポーツオンライン (2016年7月28日). 2016年10月30日閲覧。
  12. ^ 氏原英明 (2012年9月12日). “まだまだ続く豊作の“斎藤世代”。巨人の秘密兵器、小山雄輝の反骨心。”. Sports Graphic Number Web. 文藝春秋. p. 1. 2016年8月15日閲覧。

関連項目[ソースを編集]