太田暁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
太田 暁
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市南区
生年月日 (1971-01-23) 1971年1月23日(48歳)
身長
体重
180 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 1988年 ドラフト6位
初出場 1991年4月7日
最終出場 1996年9月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

太田 暁(おおた さとる、1971年1月23日 - )は、京都府京都市南区[1]出身の元プロ野球選手内野手)。右投左打。

現在はオリックス・バファローズ打撃投手で、2019年から内野手として同球団に所属する太田椋は息子に当たる[2]

来歴・人物[編集]

帝京第五高等学校への在学中までは投手で、中国遠征のメンバーにも選ばれていた。甲子園球場での全国大会とは無縁であったが、中学生時代に経験したアメリカ遠征試合で2本塁打を放つなどの実績から、打者として注目されていた。

1988年のNPBドラフト会議で、近鉄バファローズからの6位指名を受けたことを機に入団[1]。投手として指名されたが、打者としての選球眼と野球センスを高く評価されたことから、入団後に内野手へ転向した。しかし、プロ野球選手としては細身だったことが災いして、当時厚かった一軍の選手層に割って入るまでには至らなかった[3]。一軍公式戦には通算3試合の出場で、1本の安打も放てないまま、1996年限りで現役を引退。ただし、1997年以降も、近鉄のチームスタッフとして二軍の用具係などを務めた。2001年には、椋を授かっている。

近鉄球団が2004年限りでオリックス・ブルーウェーブに統合されたことから、2005年以降は、統合によって誕生したオリックス・バファローズに在籍。高校時代まで投手だった経験を買われて、打撃投手へ転身した。打撃投手としては「球の回転がかなり美しいうえに、投げた球がすべて真ん中のコースへ集まる」との評価を受けるほど選手からの信頼が厚く、現在は、一軍の打撃練習で外国人選手や主軸選手を相手に投げている[4][1]

家族[編集]

息子の椋は、中学生時代に羽曳野ボーイズへ所属した後に、天理高等学校へ進学。暁の近鉄時代のチームメイトだった中村良二監督[3]の下で「高校球界屈指の大型遊撃手」として頭角を現すと、2018年のNPBドラフト会議1巡目での指名[5]を経て、2019年から暁と同じくオリックス・バファローズの一員になった。暁も、椋がバファローズから指名された直後[6]や、入団が決まった後の記者会見[7]に同席。以降も、春季キャンプなどの折に、2人揃って取材に応じている[8]

ちなみに、椋が羽曳野ボーイズに所属していた時期のNPBオフシーズンには、椋の練習相手を務めていた[8]。椋は、バファローズへの入団後も、1年目から一軍へ昇格。そのため、昇格中の試合前練習でも、椋を相手に投げている[9]。もっとも、椋は暁の現役引退後に出生したため、暁の現役時代については当時の写真を通じてしか知らないという[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1991 近鉄 2 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 ---- 1.000 ---- 1.000
1996 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:2年 3 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .000 .500 .000 .500

記録[編集]

背番号[編集]

  • 51 (1989年 - 1996年)
  • 117 (1997年 - 2004年)
  • 107 (2005年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、104ページ
  2. ^ オリックス外れ1位太田「父と同じ職場で喜びも」”. スポーツニッポン (2018年10月25日). 2019年3月9日閲覧。
  3. ^ a b オリックス1位・太田椋 父から受け継いだ選球眼と一流選手の長所(2)”. 日刊ゲンダイ (2018年11月17日). 2019年3月9日閲覧。
  4. ^ 根尾&小園に「負けてはいけない」。オリックスのドラフト1位太田椋の自信と父の夢。(3)”. NumberWeb (2019年1月11日). 2019年3月9日閲覧。
  5. ^ オリックス 西村監督 1位太田に期待「一番の補強ポイントだった」”. スポーツニッポン (2018年10月25日). 2019年3月9日閲覧。
  6. ^ a b オリックス1位・太田は“超異例”親子鷹 父はチームの打撃投手「とてもうれしい」”. スポーツニッポン (2018年10月25日). 2019年3月9日閲覧。
  7. ^ ドラフト1位・太田「吉田と対戦したい」 オリックス、新入団選手発表”. サンケイスポーツ (2018年12月15日). 2019年3月9日閲覧。
  8. ^ a b オリックス1位太田が父の暁氏と負傷0願い恵方巻き”. 日刊スポーツ (2019年2月3日). 2019年3月9日閲覧。
  9. ^ オリックス1位太田が初出場、試合前に親子対決実現”. 日刊スポーツ (2019年9月14日). 2019年10月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]