ディープ・スロート (性行為)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディープ・スロート

ディープ・スロート(Deep Throat)とは、 咥える側が主導してペニスを喉奥に咥えるSMプレイである。

概説[編集]

女性が自分の意志で男性器を口蓋垂(喉の奥)の入り口まで咥えるプレイである[1]。また、咥えられる側が主導してペニスを喉奥に押し込む行為はイラマチオと呼ばれる。イラマチオやディープスロートは咥える側にとって非常に苦痛を伴うため、SM行為に分類される。

一般的なオーラルセックスでは、亀頭を中心にペニスを舐める行為をフェラチオと呼び、イラマチオやディープスロートは含まない。

語源[編集]

1972年に公開されたアメリカ合衆国のポルノ映画『ディープ・スロート』。

方法[編集]

咥える側が主体として、男性器の根元を握りペニスを男性の体と垂直に、自らの口と平行になるように固定する。握りが甘いとペニスが不安定になり、喉奥まで差し込むことが出来ないため利き手でしっかりと根元を握ることが重要である[2]

ペニスが固定されたら、大きく口を開いて咥え込む。最初は喉奥まで咥えず愛撫しながら様子を伺い、呼吸を整えてディープスロートを行う。喉の力を抜き、ペニスを飲み込むようにして喉奥に入れる[2]

ディープスロートを行うときの危険として窒息がある。喉奥深くまで咥えるため、異物を押し戻そうという喉の動きにより、咳き込んだり嘔吐したりする自然な反応が出る。 その場合は、奥深いフェラとディープスロートを繰り返して徐々に慣らしていくことで、嘔吐感を減らすことが出来るとされる [2]

危険性[編集]

男性器の粘膜と口腔内の粘膜が接触することによる、性病感染の危険性がある。喉奥の粘膜はデリケートにできているため、男性器を喉奥に挿入し過ぎると、粘膜に傷が付く恐れがあり、その傷を通じてヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染しやすくなる。また、口を大きく開けて酷使するため顎関節症などの危険を伴う。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ https://www.lovecosmetic.jp/column/fella/fella_02.html フェラテク講座 男が喜ぶディープスロートのやり方
  2. ^ a b c 奥深く咥えるフェラとディープスロートの違い

関連項目[編集]