性行為感染症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

性行為感染症(せいこういかんせんしょう、: Sexually Transmitted Disease, Sexually Transmitted Infection)は、性行為によって感染する病気の総称。一般に性感染症、または医学的には英語の頭文字を取ってSTD/STIと、Venereal Diseaseの頭文字を取ってVDと呼ばれる事がある。

感染経路[編集]

性行為(SEX以外でもディープキスペッティングフェラチオクンニリングスアナルセックス等、道具を使った行為等も含める)によって感染する全ての感染症を指す。

感染源は、体液(精液膣分泌液血液など)の中に含まれ、おもに人体の粘膜陰茎肛門尿路)を介して感染する。また、口腔のど気道からも感染することがある。母乳で感染することもある。傷のない皮膚からの感染のリスクは限りなく低い。

注意点[編集]

性行為感染症は、性行為や性交類似行為や性的接触によって感染する。だから、「性行為や性交類似行為や性的接触以外では感染しない」かというと、そうではない。この点に注意されたい。 飛まつ感染、飲み物のまわしのみ、食べ物の口移し、食器の使いまわし、不潔な風呂や便座、ピアスの穴あけ、検査や熱処理のされていない血液などでも、性行為感染症は感染しうる。したがって、たとえばあなたが性行為感染症に感染したとして、「自分の性的パートナーはひとりだけ、そして、その相手と一緒に検査すると、その相手も感染していた、だから、私はその相手に感染させられた、相手は第三者と性行為を行い感染した」とは断定できるものではない。あなたが第三者から飛まつ感染で移されてしまい、それをパートナーに移した可能性もありうるためである。

疫学[編集]

日本[編集]

厚生労働省の調査では未成年に限ってみれば、性感染症の罹患率は年々減少、もしくは横ばいとなっている[1]

疾患[編集]

感染経路はそれぞれ疾患ごとに異なるが、いずれも接触感染を基本としている。それぞれの感染経路は各疾患を参照。下記の疾患のうち、梅毒淋病軟性下疳鼠径リンパ肉芽腫性病と呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ IASR 29-9 性感染症, 感染症発生動向調査, 梅毒, 性器クラミジア感染症, 性器ヘルペスウイルス感染症, 尖圭コンジローマ, 淋菌感染症

関連[編集]

外部リンク[編集]

日本語のサイト