ドウグラス・コスタ・デ・ソウザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダグラス・コスタから転送)
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はコスタ第二姓(父方の)はデ・ソウザです。
ドウグラス・コスタ Football pictogram.svg
Douglas Costa 2016.jpg
バイエルン・ミュンヘンでのコスタ (2016年)
名前
本名 ドウグラス・コスタ・デ・ソウザ
Douglas Costa de Souza
ラテン文字 Douglas COSTA
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1990-09-14) 1990年9月14日(27歳)
出身地 サプカイア・ド・スル
身長 172cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 ユヴェントスFC
ポジション FW (LWG/RWG) / MF (AMF)
背番号 11
利き足 左足
ユース
2001-2002 ブラジルの旗 ノヴォ・アンブルゴ
2002-2008 ブラジルの旗 グレミオ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2010 ブラジルの旗 グレミオ 29 (2)
2010-2015 ウクライナの旗 シャフタール・ドネツク 141 (29)
2015- ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 50 (8)
2017- イタリアの旗 ユヴェントス (loan) 24 (3)
代表歴2
2009 ブラジルの旗 ブラジル U-20 12 (4)
2014- ブラジルの旗 ブラジル 16 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年4月7日現在。
2. 2016年3月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ドウグラス・コスタ(Douglas Costa)ことドウグラス・コスタ・デ・ソウザ(Douglas Costa de Souza、1990年9月14日 - )は、ブラジルリオグランデ・ド・スル州サプカイア・ド・スル出身のサッカー選手セリエAユヴェントスFC所属。ブラジル代表。ポジションはフォワードミッドフィールダー(MF)。ドウグラスのところを「ドゥグラス」「ドグラス」「ダグラス」と表記されることもある。

経歴[編集]

クラブ[編集]

11歳でグレミオ入り[1]、2002年から2008年までグレミオのユース(下部組織)に在籍していた。2008年にグレミオのトップチームへ昇格し、同年のボタフォゴFR戦でデビューした。また同年のコパ・サンティアゴ・デ・フトボル・フニベル(U-17のトーナメント)で優勝した。同年のタッサ・ベロ・オリゾン・デ・ジュニオーレス(U-20のトーナメント)では決勝でクルゼイロを破って初優勝した。同年のブラジルU-20全国選手権では決勝でスポルチ・レシフェを破って優勝した。同年のブラジル全国選手権では準優勝した。グレミオとは2013年までの契約をしていた。

2010年1月10日、ウクライナのFCシャフタール・ドネツクと5年契約を結んだ。移籍金額は600万ユーロ。13-14年にはリーグトップのアシスト数を刻むなど[2]、シャフタールの四連覇に貢献した。

2015年7月1日、ドイツの名門、バイエルン・ミュンヘンに移籍した[3]。契約期間は2020年6月30日までの5年契約となっている。ドイツ紙『ビルト』などは推定移籍金3000万ユーロ(約41億円)としている。背番号は11番。8月15日、開幕戦のハンブルガーSV戦に左WGとして先発し、移籍後初得点を決めるなど存在感を見せた[4]。その後もアリエン・ロッベンフランク・リベリの穴を埋めるウインガーとして7アシストの活躍、ブンデスリーガの優勝に貢献した[5]

加入2年目の今シーズンはブンデスリーガで全34試合中23試合に出場して4ゴールを記録したが、先発出場は厚い選手層もあってわずかに14試合にとどまっていた。

2017年7月12日、ユヴェントスFCに買取付きのレンタルで加入した[6]。 背番号はバイエルン・ミュンヘンでも着用しており、かつてパヴェル・ネドヴェドが着用していた11番。 2018年4月サンプ戦では途中出場から3アシストする活躍をみせた[7]

代表[編集]

2009年にブラジルU-20代表として南米ユース選手権に出場し、ワウテルに次ぐチーム2位の3得点を挙げ、優勝に貢献した。2009 FIFA U-20ワールドカップでは2試合に出場し1ゴールを挙げチームの準優勝に貢献した。

2014年11月12日のトルコとの親善試合でA代表デビュー[8]コパ・アメリカ2015のメンバーにも選出され、ブラジルの初戦である6月13日のペルー戦で、後半アディショナルタイムに代表初得点となる決勝ゴールを挙げた。

2016年、コパ・アメリカ・センテナリオのブラジル代表メンバーに招集されていたが、左足の太腿を損傷していることが発覚し、欠場することになった[9]

2016年6月29日にU-23ブラジル代表としてリオデジャネイロオリンピックのメンバーにオーバーエイジ枠として選出された[10]。しかし、左太ももの怪我が癒えていないため欠場することになった[11]。2016年はコパ・アメリカ・センテナリオリオデジャネイロオリンピックの2つの大会を怪我によって欠場することになった。

個人成績[編集]

所属クラブ シーズン リーグ 国内大会 国際大会 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
グレミオ 2008 6 1 0 0 0 0 6 1
2009 22 1 0 0 2 0 24 1
シャフタール・ドネツク 2009–10 13 5 0 0 0 0 13 5
2010–11 26 5 4 0 10 2 40 5
2011–12 27 6 5 1 5 0 37 7
2012–13 27 6 3 0 5 1 35 7
2013–14 27 4 3 1 6 2 36 7
2014–15 20 4 5 0 8 1 32 5
バイエルン 2015–16 27 4 4 1 11 2 42 7
2016-17 23 4 2 1 9 2 35 5
ユヴェントス 2017–18 24 3 4 1 9 0 38 4
キャリア通算 243 42 18 4 69 10 343 57

タイトル[編集]

クラブ[編集]

グレミオ
  • ブラジルU-20全国選手権 2008
  • コパ・サンティアゴ・デ・フトボル・フニベル:1回 (2008)
  • タッサ・ベロ・オリゾン・デ・ジュニオーレス:1回 (2008)
シャフタール・ドネツク
バイエルン・ミュンヘン

代表[編集]

U-20ブラジル代表

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ South American Under-20 Profile: Douglas Costa (Brazil)”. Goal.com. 2014年7月23日閲覧。
  2. ^ Лучшие ассистенты Чемпионат Украины 2013–2014 – UA-ФутболUA-Футбол”. Ua-football.com (2014年5月18日). 2014年7月23日閲覧。
  3. ^ バイエルン、ブラジル代表MFダグラス・コスタを獲得…移籍金は41億円soccerking 2015年7月1日
  4. ^ “Bayern Munich 5-0 Hamburg: Bavarians begin Bundesliga campaign in ominous fashion”. Goal.com. (2015年8月14日). http://www.goal.com/en-gb/match/bayern-m%C3%BCnchen-vs-hamburger-sv/2054191?ICID=HP_HN_HP_RI_1_1 2015年8月14日閲覧。 
  5. ^ Douglas Costa” (German). kicker.de. kicker. 2016年5月21日閲覧。
  6. ^ ユーヴェ、バイエルンのD・コスタ獲得を発表…買い取り付きのレンタル移籍サッカーキング(2017年7月13日)
  7. ^ 途中出場のドグラス・コスタが3アシストを記録しユーベ快勝! ナポリと6ポイント差に超サッカー(2018年4月16日)
  8. ^ “Douglas Costa, in from the cold”. Goal.com. (2015年6月5日). http://www.goal.com/brasilglobaltour/en/news/5457/brasil-global-tour/2015/06/05/12296012/douglas-costa-in-from-the-cold 
  9. ^ “ブラジル代表がカカを追加招集、ドウグラス・コスタの負傷で”. Qoly Football web magazine. http://qoly.jp/2016/05/27/copa-america-centenario-brazil-20160526 2016年5月27日閲覧。 
  10. ^ “ネイマール、OA枠でリオ五輪出場決定…U23ブラジル代表メンバー発表”. サッカーキング SOCCERKING. http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20160630/462672.html 2016年6月30日閲覧。 
  11. ^ “ブラジルに衝撃…ドウグラス・コスタのリオ五輪参加が消滅”. Qoly Football web magazine. http://qoly.jp/2016/07/12/douglas-costa-20160712 2016年7月12日閲覧。 

外部リンク[編集]