Sound Horizon

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sound Horizon
基本情報
別名 Linked Horizon
出身地 日本の旗 日本
ジャンル 物語音楽
シンフォニックメタル/ロック
プログレッシブメタル/ロック
ロック・オペラ
J-POP
活動期間 第1期(2001年 - 2006年)
第2期(2006年 - )
レーベル ベルウッド・レコード
(2004年 - 2006年)
キングレコード
(2006年 - 2011年)
ポニーキャニオン
(2011年 - )
共同作業者 yokoyanイラスト
公式サイト Sound Horizon official website
メンバー
Revo
旧メンバー
Aramaryボーカル

Sound Horizon(サウンドホライズン)は、サウンドクリエイターRevoを唯一のメンバーとする日本音楽ユニット。略称は「サンホラ」または「SH」。

概要

Revo個人のウェブサイトを前身とし、2001年末より同人音楽サークルとして活動開始後、2004年ベルウッドレコード所属アーティストとしてメジャーデビュー。のちにキングレコードに所属を変え、2011年10月現在ではポニーキャニオンに所属(一部他のレーベルから発売された作品もある)。

自らを「幻想楽団」と称し、物語性のある歌詞と組曲的な音楽形式による「物語音楽」を主な作風とする。作品は“Story CD”と銘打たれたコンセプト・アルバム群を主軸に展開している。物語の細部や結末はあえて曖昧にされていることが多く、これについてRevoは自身のサイト上、及びコンサートのMC・インタビューなどで「人それぞれの解釈を楽しんでもらいたい」と語っており[1]PVやアルバムのコンサートツアーにおいては演出担当にRevoとは別の人間を招いている。これもまた公式設定ではなく解釈の一つとして見て欲しいとしており、自らの意見を押し付けないようにとこの形態をとっている。

歴史をテーマに掲げている作品も多く、Revo本人もインタビューで歴史(の中で語られる人物)をストーリーの軸に置いていると語っている。楽曲の中には諸外国の言語などが用いられ、地名を捩ったもの、あるいは実在する地名が使われている。登場キャラクターの中にも、実在した歴史上の人物がモデルになっているものがある。

歌詞や登場人物の繋がりなど、アルバムを超えて意図的に同じ旋律やフレーズが使われていたりと、楽曲や旋律に仕掛けが施されている。各CDのパッケージやブックレットにも仕掛けも多くみられ、歌詞の読み替えをはじめ、歌詞が絵本の挿絵のような影絵になっていたり、あえて歌詞が書かれていない部分なども数多く存在する。また、CDのケースを分解すると暗号やメッセージが出てくるなど、隠し要素としてパッケージやブックレットの中に謎解き要素やメッセージが仕掛けてある事も多い。隠しボーナストラックなどの仕掛けは同人時代から存在するが、『少年は剣を…』以降、キングレコードに所属していた頃にリリースしたシングルやアルバムにはケース及びブックレットなどに特設サイトへのURLが隠れているものがあり、謎解きをする事でボーナストラック音源がダウンロードできるというおまけ要素も存在した。ポニーキャニオンに移籍した以降はキングレコード内にあった特設サイトが閉鎖されたため、現在は閲覧不可能となっている。また、CDの発売情報やライブの開催情報などを発表する際にも、公式HP、Revo本人のサイト、Twitterの公式アカウントなどから「謎解き」要素が盛り込まれたメッセージを発信する事もある。

ジャケットイラストやブックレットの挿絵、各ストーリーCDのキャラクターデザインは、メジャーデビュー以前の作品から現在に至るまでyokoyanが手がけている。

2012年6月、他作品とのコラボレーションを専門とする新プロジェクトとして「Linked Horizon(リンクトホライズン)」を発表。

編成

自主制作初期の作品ではRevo自身による楽器演奏や打ち込み音楽を中心としていたが、『Thanatos』以降の作品では、AramaryJimangによるVocalと「語り」と呼ばれるナレーションや台詞が入るようになり、『Chronicle 2nd』以降はサポートミュージシャンを起用している。

Aramary脱退後の2006年春からの第2期活動では“Revoソロプロジェクト”となり、歌手や奏者については特定せずに必要に応じて編成するとしている。ボーカルやナレーション、複数の役をAramary(及びゲストとして参加していたJimang)がメインで担当していた第1期に対し、第2期では複数の新しい歌い手・語り部分に声優を起用し、それぞれ役割分担がなされている。

メンバー

必要に応じて多様な歌手や奏者、ダンサー、声優、役者等を起用している。

Jimangをはじめ、多数のCDやコンサートに出演している者もいるが、あくまでゲストとしての参加形態となっている。具体的な参加メンバーは、各CDやコンサートの項目を参照。

メイン
Revo
ストーリー原案、作詞作曲編曲ギターキーボードアコーディオンボーカル、語りなどを担当。
Sound Horizonの楽曲にボーカル・語り担当として参加する際は“似て非なる人々”として各ストーリーCDのキャラクターに扮して参加している(参加していてもクレジットされない場合もある)。
共同制作メンバー
yokoyan
メジャーデビュー以前の第1作目からジャケットやブックレットなどを始めとしたイラストレーション関係を担当。
旧メンバー
Aramary
ボーカル、コーラス、ボイスを担当。メジャーデビュー以前の『Thanatos』から『Elysion 〜楽園幻想物語組曲〜』までのメインボーカル及びナレーションを務めた。第1期終了と同時に脱退。

サポートメンバー

下記のメンバー以外からも、目的に応じて自由に編成されている。()内にメジャーデビュー以降の参加CDを記載。

略称:E前Elysion -楽園への前奏曲-)、E組Elysion 〜楽園幻想物語組曲〜)、少年は剣を…)、RRoman)、聖戦のイベリア)、MoMoira)、イドイドへ至る森へ至るイド)、Märchen)、ハロハロウィンと夜の物語

ボーカル・ボイス

  • Jimang - ナレーションボイスボーカルコーラス担当(E前、E組、少、R、聖、Mo、Mä) ※メジャーデビュー以前の『Lost』から参加
  • 霜月はるか - ボーカル、コーラス、ボイス担当(Mo) ※『Lost』、『Chronicle 2nd』にもゲスト参加
  • Ike Nelson - ナレーション担当(少、R、聖、Mo、ハロ)
  • KAORI - ボーカル、コーラス、ボイス担当(少、R、聖、Mo)
  • YUUKI - ボーカル、コーラス、ボイス担当(少、R、聖、Mo)
  • REMI - ボーカル、コーラス、ボイス担当(少、R、聖、Mo、Mä)
  • RIKKI - ボーカル、コーラス、ボイス担当(少、R、聖)
  • 井上あずみ - ボーカル、ボイス担当(R、Mo※、Mä) ※Moiraは「Moira 〜其れでも、お征きなさい仔等よ〜」追加公演のみ参加
  • 栗林みな実 - ボーカル、コーラス、ボイス担当(Mo、Mä、ハロ)
  • 宇都宮隆 - ボーカル、ボイス担当(Mo)
  • 岩崎良美 - ボーカル、ボイス担当(Mo)
  • 内藤彩加 - ボーカル、ボイス担当(Mo)
  • MIKI - ボーカル、コーラス、ボイス担当(Mo、イド、Mä)
  • 遠藤麻里 - ボーカル、コーラス担当(Mo※) ※「Moira 〜其れでも、お征きなさい仔等よ〜」追加公演のみ参加
  • Joelle - ボーカル、コーラス、ボイス担当(イド、Mä、ハロ)
  • 初音ミクボーカロイド) - ボーカル、ボイス(イド、Mä) ※ボイス部分は初音ミクの声を担当している藤田咲が担当
  • 彩乃かなみ - ボーカル、コーラス、ボイス担当(Mä)
  • 桐山和己 - ボーカル、ボイス担当(Mä)
  • 小林さゆみ - ボーカル、ボイス担当(Mä)
  • 黒沢ともよ - ボーカル、コーラス、ボイス担当(Mä)
  • 鈴木結女 - ボーカル、ボイス担当(Mä)
  • Ceui - ボーカル、コーラス・ボイス担当(Mä)
  • 石井千夏 - ボーカル、ボイス担当(Mä)
  • 下川みくに - ボーカル、コーラス、ボイス担当(Mä)
  • 大塚明夫 - ボーカル、ボイス担当(少、R、Mo、イド、Mä)
  • Sascha - ナレーション担当(イド、Mä)
  • 木村花代 - ボーカル担当(ハロ)

演奏・音響制作

ほか多数

参加声優

各アルバム・シングル毎に異なるため、該当の頁を参照。

その他のメンバー

メジャーデビュー以前の作品のみ参加した旧メンバー

  • 葉芹 - コーラス、ボイス担当(『Chronicle』にのみ参加)
  • 宮坂紀伊 - ボイス担当(『Chronicle』にのみ参加)
  • 篠崎ゆかり - バイオリン担当(『Lost』、『Chronicle 2nd』にのみ参加)
  • Yasrow - ボイス担当(『Lost』、『Chronicle 2nd』にのみ参加)

来歴

2014年
  • 5月30日-6月5日:Sound Horizon 10周年特別企画「劇場版 The Assorted Horizons」の上映を全国21館にて開始。
  • 6月13日-15日:「劇場版 The Assorted Horizons」のアンコール上映を全国7館にて開始。
  • 6月14日:オフィシャルファンクラブ会員限定のファンクラブツアー「王様の休日 East Side & West Side」を開催。
  • 6月18日:メジャーデビュー10周年記念作品第1弾として、「Revo's Halloween party」や過去のライブ未公開映像を収録した『The Assorted Horizons』をリリース。
  • 6月19日:公式LINEアカウントを開設。
  • 6月21日:香港にて「劇場版 The Assorted Horizons」の上映が決定。
  • 9月13日-14日:「ヴァニシング・スターライト完成披露イベント」を東京、大阪にて開催。
  • 10月1日:メジャーデビュー10周年記念作品第2弾として、Anniversary Maxi『ヴァニシング・スターライト』をリリース。
  • 10月26日-27日:渋谷公会堂にて「Sound Horizon メジャーデビュー10周年ファンクラブ祝賀祭」を開催。
  • 12月4日:シンガポールにて開催の「アニメ・フェスティバル・アジア 2014 シンガポール」前夜祭ゲストとして出演、「劇場版 The Assorted Horizons」の上映会とトークセッションを実施。

ライブ・コンサート

公演年 形態 タイトル 公演規模・会場
2005年 コンサート Elysion 〜楽園パレードへようこそ〜 7月24日:なかのZEROホール
9月19日:なかのZEROホール(追加公演)
2006年 ライブツアー Sound Horizon Live Tour 2006 第一次領土拡大遠征
2006年
2007年
コンサートツアー Sound Horizon Concert Tour 2006-2007 「Roman 〜僕達が繋がる物語〜」
2007年 ライブツアー Sound Horizon Live Tour 2007 第二次領土拡大遠征
記念祭ライブ 第二次領土拡大遠征凱旋 「幻想楽団メジャーデビュー三周年大記念祭」 全3公演 / 10月28・29・30日:品川ステラボール
2008年 コラボレーションライブ Dream Port 2008
2008年
2009年
コンサート 6th Story Concert 「Moira」 〜其れでも、お征きなさい仔等よ〜
2009年 ライブツアー Sound Horizon Live Tour 2009 第三次領土拡大遠征
生誕祭ライブ 第三次領土拡大遠征凱旋記念 「国王生誕祭」
全2公演 / 6月26・27日:東京 NHKホール
単発ライブ Sound Horizon メジャーデビュー5周年ファンクラブ祝賀祭 10月24日:神奈川県民ホール
2010年 生誕祭ライブ 国王生誕祭 休日スペシャル2010
全2公演 / 6月19・20日:東京 国立代々木競技場
コンサート 7th Story Concert 「Märchen」 〜キミが今笑っている、眩いその時代に…〜
2011年 ライブツアー Sound Horizon Live Tour 2011 第一次領土復興遠征
単発ライブ 第一次領土復興遠征 凱旋公演 9月27日:Zepp Sendai
2013年 単発ライブ Revo's Halloween Party 10月26日:さいたまスーパーアリーナ

公演形式

Sound Horizonのライブコンサートは、公演形式から主に以下の二種類に分類される。

アルバムコンサート
主にStory CDの発売直後に開催される、いわゆる「レコ発公演」。楽曲の世界観をそのまま舞台に再現することをテーマとしており、歌手・ナレーター・演奏者らは極力オリジナルメンバーで構成される。主要な登場人物は配役の歌手本人が演じ、それ以外の登場人物についても舞台俳優が起用され、ミュージカル的な側面が強い。
紗幕や迫りなどの大掛かりな舞台装置も使用することから、会場は主に座席付きの大型コンサートホールが選択される。
領土拡大遠征
CD発売の合間を縫って行われる、作品の世界観に囚われない形式の公演。Revoの誕生日に合わせて行われる「国王生誕祭」や、2011年に行われた「領土復興遠征」、2013年に行われたRevo名義の曲やLinked Horizonの曲も合わせて披露された「Revo's Halloween party」もこの形式に分類される。セットリストはアルバムの枠を取り外して構成され、歌手やアレンジの変更による別バージョン曲や、アルバム未収録の新曲が披露されることも多い。
会場は主にオールスタンディング形式のライブハウスが選択されていたが、近年では動員数の増加から、アルバムコンサートと同様に大型コンサートホールが会場となるケースが殆どである。

Sound Horizon Kingdom

コンサートや広報活動においては、ファン参加型の演出として「移動王国 Sound Horizon Kingdom」という概念を用いている。

これは、ラジオ番組「こむちゃっとカウントダウン」におけるRevoの発言(詳細はRevo個人の項を参照)に端を発し、演出家からの提案により2006〜2007年の『Roman』のコンサートツアーから公式に使用されるようになったものである[3]

国王は「Revo一世」、国民はファンで、領土は“国民一人一人の心の中”にあり、それゆえ国体は一定の領土を持たない「移動王国」、事務所サイドは「宮内庁」、ライブツアー形式の公演は「第○次領土拡大遠征」と設定されており、コンサート等のイベント開催時は、イベント名と日付を記した「入国証明印」が毎回会場内に設置され、公式グッズとして販売されているパスポートに記念として押印することができる。また、物販コーナーでの遊び心として価格表示を「キングダム(設定上の通貨)」、グッズ類ではTシャツなど身につけるものに「守備力+5」、お菓子などの食べ物類に「空腹度-40」など、それぞれロールプレイングゲームのようなステータス表記がされており、それらは公式サイトでのライブ・コンサートツアーのグッズ告知や物販コーナーの販売物一覧などに小ネタとして記載されている。

2007年夏には国歌(テーマソング)として「栄光の移動王国 -The Glory Kingdom-」が制定され、以降、公演の締めに観客が斉唱する事が多い。歌詞は一般公募によって集められたフレーズを元にRevoが作詞したものであり、2009年春には同様にスタッフからの案を元にした二番が追加、更に2011年夏の「第一次領土復興遠征」ではフルコーラスの楽曲として完成した。

ディスコグラフィ

収録曲の詳細が書かれていない作品についてはリンク先の各項目を参照。

Revo個人名義で参加している楽曲については「Revo」の項目、Linked Horizon名義で参加している楽曲は「Linked Horizon」の項目を参照。

自主制作CD

メジャーデビュー以前に制作されたアルバム。イベントやショップ限定で販売されたものが殆どであり、全て廃盤。

この一覧の他にも、それぞれボーナストラック(原曲の逆再生曲やPC用サウンドなど)がCD EXTRAのデータトラックとして同梱され、PCから直接フォルダを開くことで視聴することが可能。

1st Story Renewal CD 「Chronicle 2nd」(2004年3月19日)

メジャーリリース

シングル

発売日 タイトル 規格品番 最高位
初回限定盤 通常盤
1st 2006年10月4日 少年は剣を… - KDSD-111 9位
2nd 2007年8月1日 聖戦のイベリア KICM-91208 KICM-1208 8位
3rd 2010年6月16日 イドへ至る森へ至るイド KICM-91311 KICM-1311 2位
4th 2013年10月19日 ハロウィンと夜の物語 PCCA-03901 PCCA-03902 3位
5th 2014年10月1日 ヴァニシング・スターライト PCCA-04089(予約限定デラックス盤)
PCCA-04090
PCCA-04091(2014年)
PCCA-04092(2015年以降)
3位

アルバム

オリジナルアルバム
発売日 タイトル 規格品番 最高位
初回限定盤 通常盤
1st 2004年10月27日 Elysion -楽園への前奏曲- - BZCS-5004 35位
2nd 2005年4月13日 Elysion 〜楽園幻想物語組曲〜 BZCS-5006 29位
3rd 2006年11月22日 Roman KICS-91286 KICS-1286 19位
4th 2008年9月3日 Moira KICS-91363 KICS-1363 3位
5th 2010年12月15日 Märchen KICS-91630 KICS-1630 2位
ベストアルバム
発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2012年4月13日 Chronology [2005-2010] KIZC-149〜51 4位

DVD & Blu-ray

DVD
Blu-ray

書籍

コミカライズ作品

単行本
単行本未収録

ライブ写真集

  • Triumph 〜第二次領土拡大遠征の軌跡〜(2008年2月8日、ライブツアー「第二次領土拡大遠征」を収録したDVDも付属)
  • Memorial Issue「Sound Horizon 7th Story Concert Märchen 〜キミが今笑っている、眩いその時代に…〜」(2011年5月20日)
  • Memorial Issue「The Great Hope of the Territorial Revival」(2011年12月10日)

その他参加作品

アルバム未収録曲

主にコンサート及びライブ限定の楽曲。一部は各公演の映像ソフトに収録されている。この他にも歌詞やバージョン違いなど多数存在する。

栄光の移動王国 -The Glory Kingdom-
Sound Horizon Kingdomの国歌。歌詞は一般公募によって集められたフレーズを元にRevoが作詞。
2009年にはスタッフからの案を元にした二番の歌詞が追加され、2011年にフルコーラスの楽曲として完成。アルバムには未収録だが、DVD等に収録されている。
海を渡った征服者達(コンキスタドーレス)
『聖戦のイベリア』に連なる、コンキスタドール達の物語を歌った楽曲。語り手に大塚明夫も参加。
冬の伝言
ボーカルはHiver Laurant。『Roman』収録曲「11文字の伝言」へのアンサーソング。
遺言
ライブイベント「国王聖誕祭」に集ったファンに対し、Revoが感謝と一期一会の気持ちを込めたメッセージソング。
即ち…光をも逃がさぬ暗黒の超重力
エイプリルフールのネタとして作られた“2015年にリリース予定の9th Story CD「マーベラス超宇宙」の収録曲”という設定。
サビの「超→重↓力↑」に合わせ拳に力を溜めて飛び上がる振り付けが存在し、バージョン違いで「反←重↑力↓」や「超→低↓能↑」なども存在する。
即ち…星間超トンネル
「即ち…光をも逃がさぬ暗黒の超重力」と同様に“2015年にリリース予定の9th Story CD「マーベラス超宇宙」の収録曲”という設定。
天駆ける翼獅子(リオン)
マスコットキャラクターである有翼獅子“リオン”のテーマソング。リオンの原型はキングレコード社内のヒット賞受賞者に対して与えられる獅子型のトロフィーから。
コスモポリタン・ナポリタン
Revoやバンドメンバーが扮する謎の音楽ユニット「イタリア兄弟」の持ち歌の一つ。
TNG
『Märchen』からのスピンアウト作品。曲名の「TNG」はIdolfried Ehrenbergの口癖である「低能が」の略称。
Revive
「第一次領土復興遠征」のテーマソング。歌詞は一般公募によって集められたフレーズを元にRevoが作詞し、公式サイト上で音源が配信された。
メインフレーズを元に、大幅なプログレッシブアレンジを加えたインストゥルメンタル曲「Prayer」も存在する。

出演

Revo個人名義で出演しているものは「Revo」の項目、Linked Horizonとして出演しているものは「Linked Horizon」の項目に記載。

テレビ番組

  • Sound Horizon 5th Anniversary Program Across The Horizon Special(2009年12月9日、MUSIC ON! TV

ラジオ

  • メジャーデビュー5周年記念特別番組「Sound Horizon on the Radio」(2009年11月9日・11月16日、 Nack5
  • Sound Horizon ラジオから繋がる物語(2010年2月28日、TBSラジオ

映画

  • Sound Horizon 5th Anniversary Movie 『Across The Horizon』(2009年11月)
  • 7th Story Concert Märchen 〜キミが今笑っている、眩いその時代に…〜(2011年3月)
  • Sound Horizon 10th Anniversary Movie 『The Assorted Horizons』(2014年6月)

脚注

外部リンク

公式サイト
メンバーの公式サイト
特設サイト