石亀協子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石亀 協子
基本情報
出生名 本名同じ
出生 ????2月16日
出身地 日本の旗日本秋田県
血液型 B型
学歴 リューベック音楽大学卒業
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリン奏者
担当楽器 ヴァイオリン
公式サイト 公式ブログ

石亀 協子(いしがめ きょうこ、2月16日 - )は、秋田県出身のヴァイオリニスト。血液型はB型[1]

来歴[編集]

東京・浜離宮朝日ホールにてデビューリサイタルを行い、活動を始める。

桐朋女子高校音楽部ヴァイオリン科を経て、ウィーン国立音楽大学に入学。

その後アメリカでの生活を経て、ドイツ・リューベック音楽大学へ留学。研鑽を積みながら主にソロ、室内楽中心に活動。

2000年にはオーストリア2003年には東京にてソロリサイタルを行う。

2004年に帰国、その後フリーランスで活動。

2008年6月20日マリンバ奏者SINSKEと結婚[2]

人物[編集]

世界各地の音楽祭から国内のコンサートまで幅広く参加し演奏と後進指導を行う傍ら、Sound Horizonのライブ・コンサートツアーにサポートメンバーとして参加するなど、多様な音楽分野の中で活動の場を広げている。仙台フィルハーモニー管弦楽団東京フィルハーモニー交響楽団東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団のほか、多数のオーケストラとも共演。

サポートメンバーとして度々ライブやコンサートツアーに参加しているSound Horizonでは、Revoじまんぐを始めとした出演者から「亀様」の愛称で呼ばれている。

ディスコグラフィー[編集]

ソロアルバム[編集]

  • 大樹の雫
  1. 美しきロスマリン Op.55-4(フリッツ・クライスラー
  2. 中国の太鼓 Op.3(フリッツ・クライスラー)
  3. 夜想曲(ジョン・ケージ
  4. グノーの「ファウスト」の主題による幻想曲 Op.20(ヘンリク・ヴィエニャフスキ
  5. ヴァイオリン・ソナタ 第1番「雨の歌」ト長調 Op.78(ヨハネス・ブラームス
  6. ピチカートポルカヨハン・シュトラウス

参加作品[編集]

CD
DVD
  • Sound Horizon
    • Roman 〜僕達が繋がる物語〜』(2007年)
    • 『Moira 〜其れでも、お征きなさい仔等よ〜』(2009年)
    • 『第三次領土拡大遠征凱旋記念 国王生誕祭 2009.6.26 / 6.27』(2009年)
    • 『Märchen 〜キミが今笑っている、眩いその時代に…〜』(2011年)

師事歴[編集]

受賞歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ https://twitter.com/kyokokame - 公式Twitterアカウントのプロフィール欄に記載
  2. ^ 結婚しました | Kyoko Ishigame - 本人によるブログ

外部リンク[編集]