SFドラマ 猿の軍団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SFドラマ 猿の軍団
ジャンル SF
放送時間 日曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1974年10月6日 - 1975年3月30日(26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 円谷プロダクションTBS
監督 奥中惇夫、香月俊一郎、深沢清澄、土屋統吾郎
原作 小松左京豊田有恒田中光二
脚本 阿部桂一、若槻文三田口成光
プロデューサー 高橋亦一(円谷プロダクション)
忠隈昌(TBS)
出演者 潮哲也
徳永れい子
梶正昭
斉藤浩子 ほか
音声 モノラル放送
オープニング 子門真人[1]「猿の軍団」
テンプレートを表示

SFドラマ 猿の軍団』(エスエフドラマ さるのぐんだん)は、1974年10月6日から1975年3月30日までTBS系で毎週日曜日19:30 - 20:00に全26話が放送された、円谷プロダクション製作のSF特撮テレビ番組

概要[編集]

映画『猿の惑星』のTV放映が37.1%高視聴率を得たことに端を発した企画で、「猿に支配された世界に迷い込んだ人間の逃避行」という同映画の内容を踏襲した作品である[2][3][4][5][6]。また、『日本沈没』『ノストラダムスの大予言』等、「滅亡」「破滅」をモチーフにした書籍や映像作品がヒットしていた「終末ブーム」の影響もあり、「人類滅亡」をストレートに描いた作品でもあった[3][7]

円谷プロダクション作品としては初めて原作者を起用しており[8][5]、SF作家の小松左京豊田有恒田中光二の3名を招き、ストーリー構築や科学考証に力を入れて、当時特撮ドラマの主流であったヒーロードラマとは一線を画したハードな内容を目指していた。この時期の特撮作品としては珍しく連続ドラマ形式となっているのも特徴である[5]

この時期TBSはSFドラマに力を入れており、20時から20時55分に同じ小松原作のSFサスペンス『日本沈没』が放送されていたので、日曜日は小松作品が90分間2本連続で放送されていた[7]。しかし裏番組に『宇宙戦艦ヤマト』(日本テレビ)と『アルプスの少女ハイジ』(フジテレビ)があり、特に『ヤマト』とはSFファンの間で人気を二分しており、視聴率で苦戦した[9][3][10]。当番組終了の2日前には、同じ円谷プロ&TBS作品『ウルトラマンレオ』が終了し、『第2期ウルトラシリーズ』が終結を迎えた事で、1976年10月1日に『恐竜探検隊ボーンフリー』(NET系)が放送されるまで、円谷プロ製作の特撮作品は1本もなくなってしまう[8]

制作[編集]

企画経緯[編集]

本作の発端はTBSプロデューサーの橋本洋二が円谷プロダクションの満田かずほに次の企画を訪ね、満田が咄嗟に『猿の軍団』と応えたことに始まる[6]。企画当時の円谷プロダクションは子供番組の多様化などによりウルトラシリーズが伸び悩み、新な方向性を模索している時期でもあった[11]。本作の成立には、クレジットはされていないが橋本が実質的な舵取りを行っていたとされる[12]

原作者の一人である小松左京も橋本が声をかけ、小松が共同原作者として豊田有恒と田中光二を引き入れた[6]。小松は生前の円谷英二との対談の中で、円谷に原作を提供することを約束していた[13]。豊田は当時『宇宙戦艦ヤマト』にも原案として参加しており、本作と『ヤマト』の放送時間が重なることが決まったことで『ヤマト』プロデューサーの西崎義展から本作の降板を要請されたが、豊田は小松らへの義理立てからこれを断り『ヤマト』ではSF考証という立場に退くこととなった[3][14]

小松の定宿としていた赤坂のホテル[15]で主要スタッフ[16]によるプロット会議が月2回の頻度で行われていた。『猿の惑星』を意識した作品であるため、TBSの弁護士の提案による訴訟対策として、本作がオリジナル企画であることを示すためにこの会議の模様はすべて録音されていた[11]

ストーリー・SF考証[編集]

小松は『猿の惑星』について、映画は高く評価していたが、原作は猿が日本人のカリカチュアライズであったことに不満を抱いていた[14]。本作ではそういった部分を含む同作の不十分な点を是正し、しっかりとしたSF考証を行うことを目指した[14]

例として、『猿の惑星』ではチンパンジーが穏和、ゴリラが攻撃的と描かれていたのに対し、本作では現実に攻撃性の強いチンパンジーをタカ派、穏和なゴリラをハト派に設定するなど、猿に対する動物学的な視点が正確に考察されていた[17][5][14]。猿の軍団による管理社会も猿の階級社会を発展させたものである[14]。また第9話のエピソードは、他の群れの子供をさらって育てるというヒヒの生態が基になっている[14]

他にも冒頭のコールドスリープについても、最終話で単なる人工冬眠では無かったことが解説されている。劇中の謎として描かれた空飛ぶ円盤と「ユーコム」の存在は、終盤で人類滅亡の真相が明らかになる上での伏線になっており、半年間のドラマを一貫性のあるものにしていた。原作者陣は、こうした難解なSF設定について子供番組という意識は持ちつつも手加減はせず、誰にでもわかるようにしようという姿勢であった[14]

また、作劇的にも猿人一人一人に人間的な性格を設定し、「猿の国の政治抗争」や「人間と猿との友情」など仮面劇としてのドラマ性が強化されていた。猿のキャラクター付けは脚本家陣の役割となっており、脚本の田口はビップ大臣について政治批判の意図はなかったが理想の指導者を描きたかったと述べている[11]

一般の猿の生活は日本の農村を模したものとなっている。これは当時の日本ではまだ身近な存在であった農村を舞台とすることで現実味を出す狙いがあったが、一方で猿の文化の設定を省略したり、美術予算を節約するという意図もあった[11]

造形・メイク[編集]

当時は特殊メイクが職種として確立されていなかったため、猿のメーキャップには時代劇の床山である田宮宏祐が起用された[5][18]。また、猿のマスクの造形は、ピープロ作品での参加が多いゼン工芸が担当した[19]

主役級の猿は、俳優がマスクを被った後に皮膚とマスクの間を違和感がなくなるようラバー素材でつないでいる[18]。エキストラの猿はつなぎのメイクは施されず、目元を黒塗りにすることで違和感を抑えている[18]

特撮[編集]

本作の特撮は本編班と特撮班には分けず、特撮シーンは特撮監督の佐川和夫が本編班を指揮する形で一班体制がとられた[20]

第1話での地震のシーンでは、数日かけて同じシーンを何度も撮るなど力が入れられていたが[12]、そうしたこだわりの結果、3話までにワンクール分の特撮予算を使い切ってしまっている[12]

ストーリー[編集]

低温生化学研究所に務める科学者・泉和子と、見学に来ていた榊次郎、ユリカの3人は突然起きた地震によりコールドスリープ装置に閉じ込められ、冬眠状態のまま未来へと送られる。そこは猿に支配された地球だった。人間を保護するか絶滅させるかの意見対立を発端として、ゴリラ派とチンパンジー派の内乱が起きる中、生き残りの青年ゴードを加えた4人の人間は人類滅亡の謎を追って猿の国を旅していく。

登場キャラクター[編集]

主人公一行[編集]

ゴード
緑山で生きていた人間の若者。身体能力が高く格闘戦に優れている。両親を始め多くの仲間を殺した猿を憎んでいるが、その一方で危機に陥った猿を助けようとする優しさも持ち合わせている。和子たちとの旅を通じて、猿への憎悪を捨て共存することを考え始める。第2話から登場。
企画書では名前はゴドであった[21]
泉和子
低温生科学研究所の科学者。22歳。
ユリカ
次郎の友達。15歳。
苗字は設定されていない[21]
榊次郎
榊博士の甥。12歳。
子猿ぺぺ
シロテテナガザルの子供。ゴードと次郎の脱獄を手伝ったことから共に旅をするようになる。第2話から登場。
当初はオランウータンの予定であった[21]

猿の軍団[編集]

ゲバー署長
猿の国の警察署長。人間を激しく憎み、とりわけゴードを妻子の仇として狙う(実際には家族を殺した犯人は不明)。ビップによって一度は罷免されるが、その性格を利用しようとするルザーの陰謀により復職し和子やゴードたちを追跡する。
ビップ冶安大臣
肩書きは治安大臣だが実質的な指導者である。猿と人間は対立せず共存すべきという考えを持っておりルザーとは対立している。ゴードにも対話を呼びかけ和子たちを何かと助けようとする。負傷の治療を名目に一度は軟禁されるが、自身の率いる特別部隊やゴードたちの活躍、民衆の支持によって復権する。
サボ副官
ビップ大臣の副官。
ルザー政府長官
ビップとは何かと対立する野心家で和子たち人間が現れたのを機に政権を手中に収めようと陰謀を画策、ビップを軟禁し他の政府要人も暗殺するなど一旦は政権を手にしかけるが、ビップの復権を求める民衆たちを前に部下たちが相次いで離反し計画は失敗に終わった。
ゴビー長官
地方長官。

未来の人類関連[編集]

老人
19話のみ登場。西暦2990年産児制限により出生率が0になり労働力として使っていた猿が反乱を起こし人間が苦戦していることや、ユーコムが人間に味方しなくなったことをパネルに吹き込んで子孫に残していた。
ユーコム
正式名称はユニバーサル・エコ・コントロール・システム。地球環境を最適な状態にすることを目的に西暦2550年に開発されたが、地球を最適な状態にするためには、いつまでも争いを止めない人類を不要な存在と判断。産児制限による人口減少と労働力として使っていた猿に反乱を起こさせることで人類を滅亡に追いやった。

現代の人間[編集]

榊澄子
榊良太郎
次郎の父。
榊教授
低温生科学研究所所長。
高木博士
26話のみ登場。榊教授に代わって和子たちの救出活動に当たっていた。

スタッフ[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

  • 主題歌:「猿の軍団」
  • 挿入歌:「何処かで愛が」
    • 作詞:阿部基治 / 作・編曲:津島利章 / 歌:藤田とし子(レコード用音源)、斉藤浩子(劇中使用音源)

キャスト[編集]

※参考文献:円谷プロ画報 2013, pp. 178 - 189、232 - 233

括弧内は登場話数。

ゲスト[編集]

声の出演[編集]

レギュラー
ゲスト

スーツアクター[編集]

レギュラー
  • サボ副官 - 団巌
  • ルザー政府長官 - 高嶋洋
  • 子猿ぺぺ - 滝田一恵
  • ゴビー長官 - 石川敏
  • 猿 - 劇団あすなろ
ゲスト
  • 看守(ヒヒンガ) - 橋本春彦(1,2)
  • 主婦猿 - 岩瀬ゆう子(2,3)
  • パラドおばさん - 六角なお(2,3)
  • 中央戦闘隊長 - 有川博光(3)
  • サバト - 田中寛(3,24)
  • 車掌 - 有川博光(4,5)
  • ガーバ - 有川博光(5,16,17,24)
  • ソルジー - 斉藤和典(5)
  • バブーン - 田中寛(5)
  • ガム - 石川敏(6)
  • ロム - 剣秀也(6)
  • ゲラン - 剣秀也(6 - 9)
  • リード - 石川敏(7)[29]
  • ラグー - 田中寛(8,9)
  • ラルゴ - 斉藤和典(10)
  • ウーリー - 剣秀也(10)
  • コルター - 石川敏(10)
  • チップ - 田中寛(11,12)
  • ガッシュ - 有川兼光(13)
  • ウラー - 岩瀬ゆう子(13,14)
  • ポップ - 広瀬誠(14)
  • ガリバー - 剣秀也(14)
  • ハイホ - 六角なお(14)
  • ビン - 石川敏(15)
  • モンタ - 鹿股裕司(17)
  • モンタの父 - 石川敏(17)
  • ダルタ - 碩秀喜(19,20)
  • マーリ - 中村千恵子(19 - 21)
  • ゾーン - 有川兼光(21)
  • ペペの母 - 六角なお(25)

放送リスト[編集]

放送日 話数 サブタイトル 脚本 監督
1 1974年
10月6日
飛び込んだ謎の世界 阿部桂一 深沢清澄
2 10月13日 魔境へ! 脱出
3 10月20日 魔の山が鳴く! 若槻文三
4 10月27日 ペペと次郎の友情 阿部桂一 奥中惇夫
5 11月3日 激突! ゴード対ゲバー 若槻文三
6 11月10日 人間の味方現わる? 阿部桂一
7 11月17日 猿の歌は愛の歌 若槻文三 深沢清澄
8 11月24日 人間が残した秘密 田口成光 香月俊一郎
9 12月1日 かわいい人間よ お嫁になって 阿部桂一
10 12月8日 お母さん猿の涙 若槻文三 奥中惇夫
11 12月15日 人間が造った留守番ロボット 田口成光
12 12月22日 喜びのめぐり会いと空飛ぶ円盤 阿部桂一 深沢清澄
13 12月29日 チンパンジー族に勝った!! 若槻文三
14 1975年
1月5日
猿の国もお正月? 田口成光 土屋統吾郎
15 1月12日 人間が埋めたタイム・カプセル発見!! 阿部桂一
16 1月19日 タイム・カプセルから子供の声が!! 若槻文三 深沢清澄
17 1月26日 悪の軍団から親子猿を救え! 田口成光
18 2月2日 なぜ人間が少なくなったか? 阿部桂一 土屋統吾郎
19 2月9日 猿に味方する奴は誰?
20 2月16日 謎の無線機が呼んでいる!! 田口成光
深沢清澄
深沢清澄
21 2月23日 愛する猿への伝言 阿部桂一
22 3月2日 ゴリラ対チンパンジーの争い 若槻文三 土屋統吾郎
23 3月9日 円盤は敵か? 味方か? 田口成光 深沢清澄
24 3月16日 勝利の日は近い!! 若槻文三
25 3月23日 コンピューターは人間より偉いか? 阿部桂一
26 3月30日 喜びの帰還

雑誌連載[編集]

小学館の学習雑誌に連載

サウンドトラックCD[編集]

『SFドラマ 猿の軍団 ミュージックファイル』(2006年6月9日発売 品番:CDSOL-1139)
ウルトラ・ヴァイヴ×ミュージックファイルシリーズとして発売された。

映像ソフト化[編集]

備考[編集]

  • 原作者らは本作への思い入れが強く、小松左京は後年もSF作家の集まりで本作の話題をよく出していたという[14]。また豊田有恒も『ヤマト』より本作の方が愛着があると述べている[14]
  • ゲバー役の畠山麦が、クランクイン前にマスクを被って走るテストを行っていた最中に倒れて救急車で運ばれるという事故があった[31]
  • 畠山の事故以外にもスタッフが負傷する事態が多く、主演の潮哲也は霊媒師にお祓いを受けたという[32]
  • 当時14歳であったユリカ役の斉藤浩子は本作の撮影のために中学校の修学旅行に参加できなかった[33]
  • ペペ役の滝田一恵は車に酔う体質で、ロケバスに乗る際は催眠術が特技であったサボ役の団巌が催眠術で眠らせていた[32]
  • 当時俳優養成所入所料の詐欺事件があり、これを不憫に思った監督の深沢清澄の呼びかけにより、その事件の被害者らが猿役として多く参加している[34]

脚注[編集]

  1. ^ a b オープニング映像には杉並児童合唱団の名もクレジットされているが、現行の音盤には記載されていない。
  2. ^ 円谷プロ特撮大鑑 1988, p. 272.
  3. ^ a b c d 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、119頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  4. ^ 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 128.
  5. ^ a b c d e 円谷プロ画報 2013, p. 178.
  6. ^ a b c SFドラマ大図鑑 2013, p. 106
  7. ^ a b SFドラマ大図鑑 2013, p. 120.
  8. ^ a b 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, pp. 396 - 397.
  9. ^ 全怪獣怪人』上巻、勁文社1990年、313、315。ISBN 4-7669-0962-3
  10. ^ SFドラマ大図鑑 2013, p. 107.
  11. ^ a b c d e f SFドラマ大図鑑 2013, pp. 114, Pickup Interview 田口成光
  12. ^ a b c d SFドラマ大図鑑 2013, pp. 115, Pickup Interview 深沢清澄
  13. ^ SFドラマ大図鑑 2013, pp. 106、116.
  14. ^ a b c d e f g h i j SFドラマ大図鑑 2013, pp. 116 - 117, Pickup Interview 豊田有恒
  15. ^ 田口成光は赤坂東急プラザ[11]、豊田有恒はホテルニューオータニ[14]と証言している。
  16. ^ メンバーは田口成光は原作者3人と脚本家陣と高橋亦一[11]、深沢清澄は原作者3人と脚本家陣と橋本洋二と深沢であったと証言している[12]
  17. ^ 円谷プロ特撮大鑑1988, pp. 277 - 280、283.
  18. ^ a b c SFドラマ大図鑑 2013, p. 112.
  19. ^ SFドラマ大図鑑 2013, pp. 106、112.
  20. ^ a b SFドラマ大図鑑 2013, pp. 118 - 119, 『SFドラマ 猿の軍団』全話ストーリー&解説
  21. ^ a b c 円谷プロ画報 2013, p. 179.
  22. ^ 円谷プロ画報 2013, p. 182.
  23. ^ 第1・2・3・7・26話のみ「特撮監督」と表記[22]
  24. ^ クレジット表記は「菊紘子」。
  25. ^ a b c ノンクレジット。
  26. ^ クレジット表記は「緒形賢一」。
  27. ^ クレジット表記は矢田耕司。
  28. ^ クレジット表記は槐柳二。
  29. ^ ギター演奏は子門真人が担当[20]
  30. ^ 『宇宙船YEAR BOOK 1998』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、1998年4月10日、61頁。雑誌コード:01844-04。
  31. ^ SFドラマ大図鑑 2013, pp. 113、115.
  32. ^ a b SFドラマ大図鑑 2013, p. 113, Pickup Interview 潮哲也
  33. ^ SFドラマ大図鑑 2013, pp. 120、124.
  34. ^ SFドラマ大図鑑 2013, p. 115, 猿豆知識.

参考文献[編集]

関連事項[編集]

TBS 日曜19時台後半枠
【当番組のみドラマ枠、関西地区は腸捻転解消のため除く】
前番組 番組名 次番組
日曜ワイドスペシャル
(19:30 - 20:55)
単発特別番組枠一旦中断】
SFドラマ 猿の軍団
サンデースペシャル
(19:30 - 20:55)
【単発特別番組枠再開】