御幸辻駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
御幸辻駅*
東口
東口
みゆきつじ - MIYUKITSUJI
(2.8km) 橋本
所在地 和歌山県橋本市御幸辻567番地1
駅番号 NK76
所属事業者 南海電気鉄道
所属路線 高野線
キロ程 41.9km(汐見橋起点)
難波から41.2km
駅構造 高架駅
ホーム 相対式 2面2線
乗降人員
-統計年度-
2,921人/日
-2012年-
開業年月日 1915年大正4年)3月11日
備考 *1923年に高野辻駅から改称
無人駅
改札口
ホーム
西口
東口駅前

御幸辻駅(みゆきつじえき)は、和歌山県橋本市御幸辻にある、南海電気鉄道高野線

単線時代からの在来駅で、この駅と橋本駅の間に小原田(おわらた)車庫がある。

かつては、橋本方面の電車に乗ると、進行方向右側に単線時代の廃線跡が確認できたが、一部が国道371号橋本バイパスのルート上になったためレールが剥がされており、現在では見ることができない。

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ高架駅である。ホーム有効長は8両。

改札・コンコースは1階、ホームは2階にある。コンコースとホームを結ぶエレベーターあり。便所は改札内にあり、男女別の水洗式。ちなみに高架化される前は1面2線で交換可能な島式ホームを持つ地平駅で、駅舎とは構内踏切で連絡していた。その地平駅時代末期(1992年頃)には複線化工事進捗によりいったん交換不能な棒線駅となり、御幸辻駅 - 橋本駅間複線化開業までこの状態が続いた。

のりば
1 高野線(下り) 高野山方面
2 高野線(上り) なんば方面

特徴[編集]

小原田車庫の最寄り駅だが、当駅で折り返す列車は設定されておらず、入出庫列車は橋本駅または林間田園都市駅まで回送される。 しかし高野線の車両の表示幕には「各停 御幸辻」や「急行 御幸辻」などの行き先が入っている。

利用状況[編集]

2012年度の一日平均乗降人員は2,921人[1]で、南海の駅(100駅)では62位[1]、高野線(難波-極楽橋間の42駅)では28位[1]である。大阪・堺都市圏に通勤・通学するいわゆる"和歌山府民"も利用している。

各年度の1日平均乗降人員数は下表のとおり。

年度 乗降人員 順位 出典
1985年(昭和60年) 2,935 - [2]
1990年(平成 2年) 3,450 - [2]
1995年(平成 7年) 3,566 - [2]
2000年(平成12年) 2,994 - [2]
2001年(平成13年) 2,878 - [2]
2002年(平成14年) 3,009 - [2]
2003年(平成15年) 3,035 - [2]
2004年(平成16年) 2,997 61位 [2]
2005年(平成17年) 2,959 - [2]
2006年(平成18年) 2,944 - [2]
2007年(平成19年) 3,037 - [2]
2008年(平成20年) 3,102 - [2]
2009年(平成21年) 2,984 - [2]
2010年(平成22年) 2,991 - [2]
2011年(平成23年) 2,971 61位 [1]

駅周辺[編集]

駅周辺は閑静な集落となっている一方、南西の山肌に住宅地あり。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

南海電気鉄道
高野線
快速急行・急行・各駅停車
林間田園都市駅 (NK75) - 御幸辻駅 (NK76) - (小原田信号所) - 橋本駅 (NK77)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]