紀見峠駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紀見峠駅
駅舎
駅舎
きみとうげ - KIMITŌGE
天見 (3.7km)
所在地 和歌山県橋本市矢倉脇226番地2
駅番号 NK74
所属事業者 南海電気鉄道
所属路線 高野線
キロ程 38.6km(汐見橋起点)
難波から37.9km
電報略号 キミ
駅構造 地上駅
ホーム 相対式 2面2線
乗降人員
-統計年度-
746人/日
-2012年-
開業年月日 1915年大正4年)3月11日
備考 無人駅
駅前広場
ホーム

紀見峠駅(きみとうげえき)は、和歌山県橋本市矢倉脇にある、南海電気鉄道高野線。名称の由来は紀見峠。駅番号はNK74

単線時代からの在来駅であるが、自動改札機自動精算機、そしてICカード用チャージ機やインターホンなど近代的な設備が整う。

北隣の天見駅とは3.7㎞離れており、高野線では駅間距離が最も長い。

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ地平駅。ホーム有効長は8両。駅舎は高野山方面ホームにあり、難波方面ホームへは地下道で連絡している。ホームの柵は薄い色に塗られている。(同じく快速急行通過駅である千早口駅天見駅も、柵には特徴的な色が塗られている)

無人駅となっており、橋本駅からの遠隔管理を受ける。当駅のポケット時刻表は隣の林間田園都市駅で貰うことが出来る。

高野線の複線化工事の過程でそれまでの島式ホーム1面2線から一時交換不能な棒線駅として扱っていたことがあった。

のりば
1 高野線(下り) 高野山方面
2 高野線(上り) なんば方面

利用状況[編集]

主に大阪・堺都市圏への通勤・通学客(いわゆる"和歌山府民"のこと)が利用しているほか、橋本への通学生もわずかながらある。

2012年度の一日平均乗降人員は746人[1]で、南海の駅(100駅)では75位[1]、高野線(難波-極楽橋間の42駅)では31位[1]である。

各年度の1日平均乗降人員数は下表のとおり。

年度 乗降人員 順位 出典
1985年(昭和60年) 685 - [2]
1990年(平成 2年) 710 - [2]
1995年(平成 7年) 946 - [2]
2000年(平成12年) 976 - [2]
2001年(平成13年) 945 - [2]
2002年(平成14年) 914 - [2]
2003年(平成15年) 917 - [2]
2004年(平成16年) 870 80位 [2]
2005年(平成17年) 829 - [2]
2006年(平成18年) 830 - [2]
2007年(平成19年) 854 - [2]
2008年(平成20年) 896 - [2]
2009年(平成21年) 865 - [2]
2010年(平成22年) 803 - [2]
2011年(平成23年) 733 75位 [1]

駅周辺[編集]

駅周辺は昔ながらの集落となっている。

歴史[編集]

  • 1915年大正4年)
  • 1922年(大正11年)9月6日 - 会社合併により南海鉄道の駅となる。
  • 1944年昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。
  • 1947年(昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。
  • 1979年(昭和54年)
    • 5月26日 - 天見駅から当駅間が複線化される。
    • 9月30日 - 新上り線の設置工事のため仮設ホームが設けられ、駅構内が単線となる[3]
  • 1981年(昭和56年)1月25日 - 新上りホームが完成[3]
  • 1983年(昭和58年)6月5日 - 当駅から御幸辻駅間が複線化、同時に新下りホームが完成[3]

隣の駅[編集]

南海電気鉄道
高野線
快速急行
通過
急行・区間急行・各駅停車
天見駅 (NK73) - 紀見峠駅 (NK74) - 林間田園都市駅 (NK75)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 高野線・乗降人員 - 南海アド
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 【南海電鉄各線駅別 1日あたりの乗降客数の推移】|和歌山県総合交通政策課 (PDF) - 和歌山県
  3. ^ a b c 南海電気鉄道 『複線化工事の記録 高野線(河内長野〜橋本間)』 南海電気鉄道、1997年、32、83、92-93、96頁。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]