浅香山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
浅香山駅
駅入口
駅入口
あさかやま - ASAKAYAMA
我孫子前 (1.3km)
(1.6km) 堺東
所在地 堺市堺区高須町三丁
駅番号 NK55
所属事業者 南海電気鉄道
所属路線 高野線
キロ程 9.4km(汐見橋起点)
難波から8.7km
駅構造 地上駅
ホーム 相対式 2面2線
乗降人員
-統計年度-
8,291人/日
-2012年-
開業年月日 1915年大正4年)6月22日
備考 無人駅

浅香山駅(あさかやまえき)は、大阪府堺市堺区高須町三丁にある、南海電気鉄道高野線。駅番号はNK55

駅構造[編集]

プラットホーム

相対式2面2線のホームを持つ橋上駅である。 駅入口はホームから見て高野山寄りにある。ホーム有効長は6両。改札口は1ヶ所で、無人駅のため窓口は封鎖されている。エレベーターは上下ホームに設置されており、また多目的トイレがある。

バリアフリー化工事[編集]

2010年まで、2番ホーム高野山寄りの橋上駅舎下に旧地上駅舎と思われる建物が残されていたが、2011年のバリアフリー化工事の際に撤去された。かつては全体的にホームと電車の段差が大きく乗降には危険が伴っていたが、その後嵩上げ工事を実施しこの問題は解消された。その際、番線表示・時計・駅名標が新型に変更されている。かつては橋上駅舎自体にバリアフリー設備が無く、車椅子利用者のための専用通路とインターホンが上下ホームともに設置されていた(上りホームは先述の建物付近、下りホームは駐輪場付近)が、2011年のバリアフリー化工事完成に伴ってエレベーターが設置された。これにより、専用通路は上りホーム側については完全に撤去され、下りホーム側は柵で封鎖された。また、トイレも移設の上で男女別化・多目的トイレ設置が実施された。さらに、上下線のホームで自動放送が「足元の白線までお下がりください」から「足元の黄色の点字タイルまでお下がりください」に変更されている。

のりば
1 高野線(下り) 高野山方面
2 高野線(上り) なんば方面

利用状況[編集]

2012年度の一日平均乗降人員は8,291人[1]で、南海の駅(100駅)では34位[1]、高野線(難波-極楽橋間の42駅)では18位[1]である。

各年度の1日平均乗降人員数は下表のとおり。

年度 乗降人員 順位 出典
1990年(平成 2年) 12,990 - [2]
1991年(平成 3年) 12,953 - [3]
1992年(平成 4年) 12,485 - [4]
1993年(平成 5年) 12,477 - [5]
1994年(平成 6年) 12,225 - [6]
1995年(平成 7年) 12,076 - [7]
1996年(平成 8年) 11,710 - [8]
1997年(平成 9年) 11,275 - [9]
1998年(平成10年) 10,527 - [10]
1999年(平成11年) 9,611 - [11]
2000年(平成12年) 9,285 - [12]
2001年(平成13年) 8,966 - [13]
2002年(平成14年) 8,938 - [14]
2003年(平成15年) 8,529 - [15]
2004年(平成16年) 8,128 36位 [16]
2005年(平成17年) 7,934 - [17]
2006年(平成18年) 7,927 - [18]
2007年(平成19年) 7,818 - [19]
2008年(平成20年) 7,457 - [20]
2009年(平成21年) 6,948 - [21]
2010年(平成22年) 7,295 - [22]
2011年(平成23年) 7,827 36位 [1]

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1915年大正4年)6月22日 - 大阪高野鉄道の我孫子前 - 堺東間に新設。島式1面2線のホームを持つ地上駅。
  • 1922年(大正11年)9月6日 - 会社合併により南海鉄道の駅となる。
  • 1944年昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。
  • 1947年(昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。
  • 1974年(昭和49年)7月 - 橋上駅舎が完成。
  • 2011年(平成23年) - バリアフリー化工事に伴い、エレベーターと多機能トイレの設置、ホームかさ上げ、旅客サイン類の更新がされる。
  • 2013年(平成25年)4月1日 - 駅係員無人化を開始。

隣の駅[編集]

南海電気鉄道
高野線
快速急行・急行・区間急行・準急行
通過
各駅停車
我孫子前駅 - 浅香山駅 - 堺東駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 高野線・乗降人員 - 南海アド
  2. ^ 大阪府統計年鑑(平成3年) (PDF)
  3. ^ 大阪府統計年鑑(平成4年) (PDF)
  4. ^ 大阪府統計年鑑(平成5年) (PDF)
  5. ^ 大阪府統計年鑑(平成6年) (PDF)
  6. ^ 大阪府統計年鑑(平成7年) (PDF)
  7. ^ 大阪府統計年鑑(平成8年) (PDF)
  8. ^ 大阪府統計年鑑(平成9年) (PDF)
  9. ^ 大阪府統計年鑑(平成10年) (PDF)
  10. ^ 大阪府統計年鑑(平成11年度) (PDF)
  11. ^ 大阪府統計年鑑(平成12年度) (PDF)
  12. ^ 大阪府統計年鑑(平成13年) (PDF)
  13. ^ 大阪府統計年鑑(平成14年) (PDF)
  14. ^ 大阪府統計年鑑(平成15年) (PDF)
  15. ^ 大阪府統計年鑑(平成16年) (PDF)
  16. ^ 大阪府統計年鑑(平成17年) (PDF)
  17. ^ 大阪府統計年鑑(平成18年) (PDF)
  18. ^ 大阪府統計年鑑(平成19年) (PDF)
  19. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年) (PDF)
  20. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  21. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年) (PDF)
  22. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]