対蹠地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界地図(青)に対蹠地を示した地図(黄)を重ね合わせた地図
同上

対蹠地(たいせきち、たいしょち)は、地球あるいは他の天体上で、ある場所とは180°逆に位置する場所である。地球においては俗にいう地球の裏側」である。対蹠点(たいせきてん、たいしょてん)とも言う。数学では3次元のいわゆる球以外の、抽象的な球面に対しても対蹠点という表現を使う[1]。なお、対称点(たいしょうてん)は誤り。

「対蹠」の「蹠」は、「足裏」を意味する語である。従って、「対蹠」とは、「足裏を対する」という意味で、即ち「正反対」を意味する語である。英語の「antipode」は、“anti”(反対) と“pode”()の合成語で、「足を対した所」を意味する。「たいせき」が本来の読みで、「たいしょ」は慣用読みである。

本項では、特に断らないかぎり地球の対蹠地について記述し、地球を近似する。

[編集]

北極点南極点は互いに対蹠地である。ただし北磁極南磁極は、地磁気が完全な磁気双極子でないため、対蹠地からかなりずれている。

日本(特に西日本南日本)に対するブラジル上海中国)に対するブエノスアイレスアルゼンチン)など。上海は、北緯約30°・東経約120°に位置するのに対して、ブエノスアイレスは、南緯約30°・西経約60°に位置するので、互いに正反対となる。日本や韓国や中国では、一般に「対蹠地」「地球の裏側」という場合、ブラジル、アルゼンチン、チリウルグアイパラグアイボリビアを指す。

南西諸島のうち沖縄県は、日本国内では唯一の県内全部の陸地の対蹠地が全部陸地(南アメリカ大陸)である。沖縄県の西部の一部の陸地(=先島諸島の一部)の対蹠地はパラグアイの領土で、沖縄県那覇市がある沖縄本島も)の陸地の大部分、それに鹿児島県トカラ列島奄美群島東京都沖ノ鳥島の対蹠地は全てブラジルの領土に当たる。

また、スペインの対蹠地はニュージーランドに当たるため、スペインやイギリスでは、「対蹠地」「antipode」というとニュージーランドに当たり、オーストラリアも含めて指す場合が多い。また、ニュージーランド南東部のアンティポデス諸島は、グリニッジ天文台の対蹠地に近いことに因んだ名称である。

特徴[編集]

対蹠地同士では、緯度は北緯と南緯が逆転し、経度は180°ずれる(西経はマイナスと考える)。地球中心を原点とした直交座標を考えると、x, y, z はいずれも反転している。

対蹠点同士の地平座標を考えると、上下・東西は完全に反転しているが、南北は完全に同じ向きである。東西が反転しているため、西から日が昇るとき、対蹠点では東に日が沈むことになる。上下は反転しているので、太陽が出ていれば対蹠地では太陽は沈んでいる。それに対し南北は同じため、太陽が南中するときは対蹠地でも南中している。

ある地点の対蹠地はそこから最も遠い地点であり、その(大圏コースでの)距離は地球半周分(約2万km)である。なお、対蹠地との直線距離は地球の直径で、これも最も遠い。また、どの方角にも地球を半周すれば対蹠地に到達する。そのため、対蹠地の方角は定義できない。

対蹠地同士では、気候と昼夜が互いに正反対になる。例えば、中国での1月は真であるが、アルゼンチンでの1月は真に当たる。日本で真昼の時、ブラジルでは真夜中に当たる。

また、北半球では「南国」というと「熱暑の国」を意味することが一般的であるが、南半球では「南国」というと「寒冷の国」を意味することになる。これは、南半球では赤道から遠ざかり南極に近づくからである。

対蹠点効果[編集]

ある地点から、どんな方角に向かっても対蹠地に着くため、ある地点から発せられた電波(のうち、地上波の一部)は、その対蹠点では、どれかの経路によって通信可能である確率が高く、一般に不安定な短波通信としては比較的には安定である。これを対蹠点効果と呼ぶ(同時に複数の経路からの電波が届くかもしれないが、その点についてはマルチパスによるフェージングにより、通信品質の向上に寄与することはありえない)。

対蹠点効果は電波以外でもあらゆる波に起こる。地震が起こると、対蹠点周辺では強い揺れが観測される。巨大クレーターの対蹠点には、地震波や衝撃波が集まったことによる「対蹠点地形」が誕生することがある。

吸収などのない理想的な状況では、エネルギー保存則より波の全てのエネルギーが対蹠地に集まり、対蹠地での波の強度は波源での強度と同じになる。そのあと、まるで対蹠地が波源であるかのように、波は対蹠地から再び広がることになる。

地球が球でないことの影響[編集]

地球は完全には球でなく南北につぶれた回転楕円体であるため、対蹠地に関する法則の一部は厳密には成り立たない。

球ではどの方角に出発しても直進するだけで対蹠地に到達するが、回転楕円体では南北とほぼ東西(北半球ではやや北、南半球ではやや南)の4つの方角に向かった場合のみ対蹠地に到達し、他の方角ではわずかに外れてしまう。

またその経路の長さも一定ではなく、南北では短く、東西では長い。南北の場合の距離は子午線弧の全長で、約20004kmとなる。東西の場合の距離は地点によって変わり簡単には計算できないが、対蹠点同士が赤道上にあるときは赤道の長さの半分の約20037kmで最長となる。例外は北極点と南極点で、全ての方角に対して同じ約20004kmで対蹠点に到達する。

注釈[編集]

  1. ^ 任意の立体図形においては、「表面をたどって最も遠い場所」が非直観的・非自明な場合があることが知られている。小谷の蟻の問題を参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]