姜ミン鎬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
姜 珉鎬
各種表記
ハングル 강민호
発音: カンミノ
本人表記: Kang Min Ho
テンプレートを表示
姜 珉鎬 (カン・ミノ)
Kang Min-Ho
ロッテ・ジャイアンツ #47
Kang Min-Ho, Beijing 2008.jpg
北京オリンピック(2008年)
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
出身地 済州特別自治道済州市
生年月日 1985年8月18日(29歳)
身長
体重
185 cm
99 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2003年 2次ドラフト
初出場 2004年9月19日
年俸 10億ウォン(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 韓国の旗 大韓民国
五輪 2008年
WBC 2009年2013年
オリンピック
男子 野球
2008 野球

姜 珉鎬(カン・ミノ、1985年8月18日 - )は、韓国プロ野球選手捕手)。ロッテ・ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

韓国プロ野球の現役選手では希少な済州特別自治道済州市生まれで、韓国プロ野球全歴史を通しても、済州道出身では2人目である。

済州道には野球部を運営している学校がなかったため、中学の時から慶尚北道浦項市の浦項製鉄中学校に野球留学した。同系列の浦項製鉄工高を経て、2003年ドラフトで優先指名の権利を持っている三星ライオンズの指名を受けられず、2次ドラフトでロッテ・ジャイアンツに指名された。

入団2年目の2005年から頭角を現し、翌年の2006年には捕手として韓国プロ野球史上最年少で、フルイニング出場を達成。この活躍により翌年以降、チームの正捕手の座を獲得して現在に至り、守備よりも打撃の方が売り物。捕手としての守備はたびたび批判を受けるが、バットの方でチームに貢献してきた。

2008年北京オリンピック野球韓国代表として出場。2009年第2回WBC韓国代表にも選ばれ、これから韓国代表の正捕手の座を担うべき若手の先頭として期待されている。オリンピックでは大会途中、大腿の肉離れで故障したベテランの陳甲龍の代わりに捕手の座に座り、韓国代表の全勝での決勝進出に貢献した。しかし、決勝のキューバ戦では、9回の裏1死1、2塁の危機で四球の判定に疑問を持ち、審判に問い合わせた所、コミュニケーションのまずさから主審に抗議と誤解されて退場処分を受けた。それに激高して退場する時にマスクミットダッグアウトに叩き付け、IBAFから罰金を課せられた。2008年シーズンは、正捕手としてチームの8年ぶりのポストシーズン出場に貢献。個人的にもキャリア最高の成績を残して自身初ゴールデングラブ賞も受賞し、ジャイアンツのキャッチャーでゴールデングラブ賞を受賞したことも史上初。またチーム内でも李大浩とともにロッテの人気選手にも成長した。

第2回WBCではベテランの朴勍完に押され、バックアップの捕手を務めた。

2009年シーズンは肘の故障などに悩まされ、出場試合が減り5年ぶりに100試合を下回った。またひじの手術を受けるためポストシーズンにも出場しなかった。2010年シーズンは復活し、自己最多の23本塁打を記録した。2011年も19本塁打と活躍し、自身2度目となるゴールデングラブ賞も受賞した。

プレースタイル[編集]

  • 打撃の目立つ攻撃型捕手であるが、守備面に加え、バッティングの方でもスイングがやや荒削りなところがある。三振の数も比較的多く、不振に陥ったときは大きいスイングがさらに目立ち扇風機と野次られる時もある。
  • また、前述のように、若さゆえ感情のコントロールに未熟な面もあり、全守備陣をまとめる捕手として更なる切磋琢磨が要求されている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]







































O
P
S
2004

3 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 1 .000 .000 .000 .000
2005 104 214 20 52 11 2 2 18 1 4 7 56 7 9 .243 .257 .341 .598
2006 126 410 40 103 20 0 9 53 4 1 34 78 5 12 .251 .298 .366 .664
2007 125 413 48 112 20 0 14 68 1 4 41 88 10 11 .271 .323 .421 .744
2008 122 435 51 127 25 1 19 82 2 4 56 77 13 6 .292 .365 .485 .850
2009 83 262 36 68 13 0 9 30 0 0 36 44 9 6 .260 .346 .412 .758
2010 117 410 66 125 19 1 23 72 2 7 50 65 16 11 .305 .376 .524 .901
2011 124 450 63 130 25 2 19 66 4 6 55 81 18 15 .289 .366 .480 .846
2012 119 400 41 109 21 0 19 66 0 1 52 97 9 3 .273 .356 .468 .824
2013 105 327 48 77 13 0 11 57 4 1 71 87 5 8 .235 .366 .376 .742
通算:10年 1028 3326 413 907 167 6 125 512 18 28 402 676 92 82 .271 .348 .443 .788
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル・受賞経歴[編集]

捕手(2008,2011,2012,2013)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]