ブッカー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブッカー賞(ブッカーしょう)はイギリス文学賞。世界的に権威のある文学賞の一つ。

その年に出版された最も優れた長編小説に与えられる。選考対象は、イギリス連邦およびアイルランド国籍の著者によって英語で書かれた長編小説。小説に与える賞であるため、同一作家が複数回受賞することもある。賞金は50000ポンド(2002年までは21000ポンド)。

1968年、フランスのゴンクール賞のような賞をイギリスにもという提案により、イギリスの小売業者ブッカー・マコンネル社の後援のもと創設された。創設に携わった編集者のトム・マシュラーは、ソサエティ・オブ・ヤング・パブリッシャーズでの話がきっかけだったとしている[1]2002年からは運営がブッカー賞財団に移転、財団のタイトルスポンサーは投資会社のマン・グループである。それに伴い、名称もブッカー・マコンネル賞 (The Booker-McConnell Prize for Fiction) から、マン・ブッカー賞 (The Man Booker Prize for Fiction) に変更した。ブッカー賞、Booker Prize、the Bookerという呼称は通称。

1992年にはロシア・ブッカー賞、2005年には国際ブッカー賞が設立されている。1993年にブッカー賞中のブッカー賞 (Booker of Bookers Prize) として、サルマン・ラシュディの『真夜中の子供たち』(Midnight's Children、1981年受賞)が選ばれた。

選考[編集]

ブッカー賞が高い評価を得ている原因の一つに、その選考の仕方がある。

賞選考は、諮問委員会が選考委員を決定するところから始まるが、選考委員は毎年変わり、2度選ばれることは滅多にない。諮問委員会は財団より選出された作家、出版社2社、エージェント、書店、図書館と議長よりなり、選考委員は文芸評論家学者編集者小説家、高名な人物などから、性別などのバランスに注意して選出される。

次に、選考委員による審査の前段階として、審査の対象となる作品が選出される。その年に出版された小説から、イギリスの出版社が最高2作まで申請でき、また、過去のブッカー賞受賞者の全著作、過去10年間のブッカー賞候補者の全著作は自動的に対象とされる。また、選考委員も別途、その年に出版された小説のうち、最低8作、最高12作を推薦する。さらに、出版社は選考委員に考慮のうちに入れてほしい作品を最高5作をあげることができる。この時点では何が選ばれたかは極秘とされる。

選考委員は、審査の対象として選出された作品すべてを読んだ上で、審査を行う。審査は3段階で、まず候補作 (Longlist)、次いで6作の最終候補作 (Shortlist)、そして受賞作が発表される。最終候補者には、2500ポンドと副賞が授与される。

2003年時点で、

受賞作一覧[編集]

1960年代[編集]

1969年
Something to Answer for, P・H・ニュービィ
最終候補作:

1970年代[編集]

1970年
The Elected Member, バーニス・ルーベンス(『選ばれし者』鈴木和子訳、ヤマダメディカルシェアリング創流社、1996年)
最終候補作:
1971年
In a Free State, V・S・ナイポール(『自由の国で』安引弘訳、草思社、2007年)
最終候補作:
1972年
G., ジョン・バージャー(『G.』栗原行雄訳、新潮社、1975年)
最終候補作:
  • Bird of Night, スーザン・ヒル(「君を守って」)
  • The Chant of Jimmie Blacksmith, トマス・キニーリー
  • Pasmore, デイヴィッド・ストーリー
1973年
The Siege of Krishnapur, ジェイムズ・G・ファレル(『セポイの反乱』岩元巌訳、新潮社、1977年)
最終候補作:
1974年
最終候補作:
  • Ending Up, キングズリー・エイミス
  • The Bottle Factory Outing, ベリル・ベインブリッジ
  • In Their Wisdom, C・P・スノー
1975年
Heat and Dust, ルース・プラワー・ジャブヴァーラ(「熱砂の日」)
最終候補作:
  • Gossip from the Forest, トマス・キニーリー
1976年
Saville, デイヴィッド・ストーリー(『サヴィルの青春』橋口稔訳、集英社、1983年)
最終候補作:
1977年
Staying On, ポール・スコット
最終候補作:
1978年
The Sea, the Sea, アイリス・マードック(『海よ、海』蛭川久康訳、集英社、1982年)
最終候補作:
  • Jake's Thing, キングズリー・エイミス(「ジェイク先生の性的冒険」)
  • Rumours of Rain, アンドレ・ブリンク
  • The Bookshop, ペネロピ・フィッツジェラルド
  • God on the Rocks, ジェイン・ガーダム
  • A Five-Year Sentence, バーニス・ルーベンス(「ミス・ホーキンズの五年日記」)
1979年
Offshore, ペネロピ・フィッツジェラルド(『テムズ河の人々』青木由紀子訳、晶文社、1981年)
最終候補作:
  • Confederates, トマス・キニーリー
  • A Bend in the River, V・S・ナイポール(「暗い河」)
  • Joseph, ジュリアン・ラズボーン
  • Praxis, フェイ・ウェルドン

1980年代[編集]

1980年
Rites of Passage, ウィリアム・ゴールディング(『通過儀礼』伊藤豊治訳、開文社出版、2001年)
最終候補作:
1981年
Midnight's Children, サルマン・ラシュディ(『真夜中の子供たち寺門泰彦訳、早川書房、1989年)
最終候補作:
  • Good Behaviour, モリー・キーン
  • The Sirian Experiments, ドリス・レッシング
  • The Comfort of Strangers, イアン・マキューアン(「異邦人たちの慰め」)
  • Rhine Journey, アン・シュリー
  • Loitering with Intent, ミュリエル・スパーク
  • The White Hotel, D・M・トマス(「ホワイト・ホテル」)
1982年
Schindler's Ark, トマス・キニーリー(『シンドラーズ・リスト 1200人のユダヤ人を救ったドイツ人幾野宏訳、新潮社、1989年)
最終候補作:
1983年
Life & Times of Michael K, J・M・クッツェー(『マイケル・Kくぼたのぞみ訳、筑摩書房、1989年)
最終候補作:
1984年
Hotel du Lac, アニータ・ブルックナー(『秋のホテル』小野寺健訳、晶文社、1988年、講談社、1996年)
最終候補作:
1985年
The Bone People, ケリ・ヒューム
最終候補作:
  • Illywhacker, ピーター・ケアリー(「イリワッカー」)
  • The Battle of Pollocks Crossing, J・L・カー
  • The Good Terrorist, ドリス・レッシング
  • Last Letters from Hav, ジャン・モリス
  • The Good Apprentice, アイリス・マードック
1986年
The Old Davils, キングズリー・エイミス
最終候補作:
1987年
Moon Tiger, ペネロピ・ライヴリー(『ムーンタイガー』鈴木和子訳、朝日出版社、1993年)
最終候補作:
  • Anthills of the Savannah, チヌア・アチェベ(「サバンナの蟻塚」)
  • Chatterton, ピーター・アクロイド(「チャタトン偽書」)
  • Circles of Deceit, ニーナ・ボーデン
  • The Colour of Blood, ブライアン・ムーア(「夜の国の逃亡者」)
  • The Book and the Brotherhood, アイリス・マードック(「本をめぐる輪舞の果てに」)
1988年
Oscar and Lucinda, ピーター・ケアリー(『オスカーとルシンダ』宮木陽子訳、DHC、1999年)
最終候補作:
1989年
The Remains of the Day, カズオ・イシグロ(『日の名残り土屋政雄訳、中央公論社 1994年)
最終候補作:

1990年代[編集]

1990年
Possession, A・S・バイアット(『抱擁』栗原行雄訳、新潮社、1996年、のち文庫)
最終候補作:
  • An Awfully Big Adventure, ベリル・ベインブリッジ(「恋する予感」)
  • The Gate of Angels, ペネロピ・フィッツジェラルド
  • Amongst Women, ジョン・マクガハン
  • Lies of Silence, ブライアン・ムーア(「沈黙のベルファスト」)
  • Solomon Gursky Was Here, モルデカイ・リッチラー
1991年
The Famished Road, ベン・オクリ(『満たされぬ道』金原瑞人訳、平凡社、1997年)
最終候補作:
  • Time's Arrow, マーティン・エイミス(「時の矢 あるいは罪の性質」)
  • The Van, ロディ・ドイル(「ヴァン」)
  • Such a Long Journey, ロヒントン・ミストリー(「かくも長き旅」)
  • The Redundancy of Courage, ティモシー・モー
  • Reading Turgenev (from Two Lives), ウィリアム・トレヴァー
1992年
The English Patient, マイケル・オンダーチェ(『イギリス人の患者』土屋政雄訳、新潮社、1996年)
Sacred Hunger, バリー・アンズワース
最終候補作:
1993年
Paddy Clarke Ha Ha Ha, ロディ・ドイル(『パディ・クラーク ハハハ』実川元子訳、キネマ旬報社、1994年)
最終候補作:
1994年
How Late It Was, How Late, ジェイムズ・ケルマン
最終候補作:
1995年
The Ghost Road, パット・バーカー
最終候補作:
1996年
Last Orders, グレアム・スウィフト(『ラストオーダー真野泰訳、中央公論社、1997年。『最後の注文』新潮社、2005年として改版)
最終候補作:
  • Alias Grace, マーガレット・アトウッド
  • Every Man for Himself, ベリル・ベインブリッジ
  • Reading in the Dark, シェイマス・ディーン(「闇の中で」)
  • The Orchard on Fire, シーナ・マッケイ(「燃える果樹園」)
  • A Fine Balance, ロヒントン・ミストリー
1997年
The God of Small Things, アルンダティ・ロイ (『小さきものたちの神』工藤惺文訳、DHC、1998年)
最終候補作:
1998年
Amsterdam, イアン・マキューアン(『アムステルダム』小山太一訳、新潮社、1999年)
最終候補作:
1999年
Disgrace, J・M・クッツェー(『恥辱鴻巣友季子訳、早川書房、2000年)
最終候補作:

2000年代[編集]

2000年
The Blind Assassin, マーガレット・アトウッド(『昏き目の暗殺者』鴻巣友季子訳、早川書房、2002年)
最終候補作:
2001年
True History of the Kelly Gang, ピーター・ケアリー(『ケリー・ギャングの真実の歴史』宮木陽子訳、早川書房、2003年)
最終候補作:
2002年
Life of Pi, ヤン・マーテル(『パイの物語唐沢則幸訳、竹書房、2004年)
最終候補作:
  • Family Matters, ロヒントン・ミストリー
  • Unless, キャロル・シールズ
  • The Story of Lucy Gault, ウィリアム・トレヴァー
  • Fingersmith, サラ・ウォーターズ(『荊の城』)
  • Dirt Music, ティム・ウィントン
2003年
Vernon God Little, D・B・C・ピエール(『ヴァーノン・ゴッド・リトル 死をめぐる21世紀の喜劇』都甲幸治訳、ヴィレッジブックス、2007年)
最終候補作:
2004年
The Line of Beauty, アラン・ホリングハースト
最終候補作:
2005年
The Sea, ジョン・バンヴィル(『海に還る日』村松潔訳、新潮社、2007年)
最終候補作:
  • Arthur & George, ジュリアン・バーンズ
  • A Long Long Way, セバスチャン・バリー
  • Never Let Me Go, カズオ・イシグロ(『わたしを離さないで』土屋政雄訳、早川書房、2006年)
  • The Accidental, アリ・スミス
  • On Beauty, ゼイディー・スミス
2006年
The Inheritance of Loss, キラン・デサイ(『喪失の響き』谷崎由依訳、早川書房、2008)
最終候補作:
2007年
The Gathering, アン・エンライト
最終候補作:
  • Darkmans, ニコラ・バーカー
  • The Reluctant Fundamentalist, モーシン・ハミド
  • Mister Pip, ロイド・ジョーンズ(『ミスター・ピップ』)
  • On Chesil Beach, イアン・マキューアン(『初夜』)
  • Animal’s People, インドラ・シンハ
2008年
The White Tiger, アラヴィンド・アディガ (『グローバリズム出づる処の殺人者より』鈴木恵訳文藝春秋、2009)
最終候補作:
  • The Secret Scripture, Sebastian Barry
  • Sea of Poppies, アミタヴ・ゴーシュ
  • The Clothes on Their Backs, リンダ・グラント
  • The Northern Clemency, Philip Hensher
  • A Fraction of the Whole, スティーヴ・トルツ (『ぼくを創るすべての要素のほんの一部』宇丹貴代実訳、ランダムハウス講談社、2009年)
2009年
Wolf Hall , ヒラリー・マンテル(『ウルフ・ホール』宇佐川晶子訳、早川書房、2011)
最終候補作:
  • The Children's Book, A・S・バイアット
  • Summertime, J・M・クッツェー
  • The Quickening Maze, Adam Foulds
  • The Glass Room, Simon Mawer
  • The Little Stranger,サラ・ウォーターズ

2010年代[編集]

2010年
The Finkler Question, ハワード・ジャコブソン
最終候補作:
  • Parrot and Olivier in America, ピーター・ケアリー
  • Room, Emma Donoghue
  • In a Strange Room, Damon Galgut
  • The Long Song, Andrea Levy
  • C,Tom McCarthy
2011年
The Sense of an Ending, ジュリアン・バーンズ
最終候補作:
  • Jamrach's Menagerie, Carol Birch
  • Pigeon English, Stephen Kelman
  • Half Blood Blues, Esi Edugyan
  • Snowdrops,A.D. Miller
  • The Sisters Brothers, Patrick deWitt
2012年
Bring up the Bodies, ヒラリー・マンテル(『罪人を召し出せ』宇佐川晶子訳、早川書房、2013)
最終候補作:
  • The Garden of Evening Mists, Tan Twan Eng
  • Swimming Home, Deborah Levy
  • The Lighthouse, Alison Moore
  • Umbrella, ウィル・セルフ
  • Narcopolis, Jeet Thayil
2013年
Luminaries, エレノア・カットン
最終候補作:
  • A Tale for the Time Being, Ruth Ozeki
  • Harvest, Jim Crace
  • Lowland, ジュンパ・ラヒリ
  • The Testament of Mary, Colm Toibin
  • We Need New Names, Noviolet Bulawayo 

国際ブッカー賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ トム・マシュラー 『パブリッシャー』 麻生久美訳、晶文社、2006年、213頁。

外部リンク[編集]