リチャード・パワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リチャード・パワーズRichard Powers1957年6月18日 - )はアメリカ合衆国小説家。現在、ポストモダン文学において最も注目されている作家の一人である。

イリノイ州エヴァンストン出身。11歳の誕生日を迎える前に父親の仕事の都合でバンコクに移住し、16歳で帰国。イリノイ大学で物理学を専攻するが、文学に魅せられ文学修士号を取る。卒業後はボストンでプログラマとして働くが、ボストン美術館アウグスト・ザンダー撮影の写真を見たのをきっかけに退職、2年間を処女作に捧げた。その後、オランダに移住して二作品を発表した。1991年、ケンブリッジ大学で一年過ごした後、アメリカに帰国。イリノイ大学のライター・イン・レジデンスとなる。1996年、同大学のスワンランド寄付講座教授に任命され、教鞭をとりながら執筆活動を続けている。2006年には The Echo Maker によって全米図書賞を受賞した。

著作リスト[編集]

  • 『舞踏会へ向かう三人の農夫』(Three Farmers on Their Way to a Dance, 1985):柴田元幸訳 みすず書房、2000 
  • 『囚人のジレンマ』(Prisoner's Dilemma, 1988):柴田元幸・前山佳朱彦訳 みすず書房、2007 
  • The Gold Bug Variations, 1991
  • Operation Wandering Soul, 1992
  • 『ガラティア2.2』(Galatea 2.2, 1995):若島正訳 みすず書房、2001 
  • Gain, 1998
  • Plowing the Dark, 2000
  • 『われらが歌う時』(The Time of Our Singing, 2003):高吉一郎訳 新潮社、2008
  • 『エコー・メイカー』(The Echo Maker, 2006):黒原敏行訳 新潮社、2012
  • 『幸福の遺伝子』 (Generosity: An Enhancement, 2009) : 木原善彦訳 新潮社、2013

参考文献[編集]

  • 柴田元幸(編集)『パワーズ・ブック』, 2000
  • 『ナイン・インタビューズ』, 2004

外部リンク[編集]