スクービー・ドゥー (フィクション作品)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スクービー・ドゥー』(原題:Scooby Doo,Where Are you!)は、1969年に制作されたアメリカの長寿テレビアニメ番組とその実写映画作品。また、それに登場する架空の犬の名前。原案 ジェームズ・ガン&クレイグ・ティトリー

内容[編集]

臆病な大型犬グレート・デンのクルッパー(スクービー・ドゥー)は、飼い主のボロピン(シャギー)達4人とミステリー事件を解決しながら旅をする。一話完結方式。

登場人物[編集]

/の後ろはオリジナル版での名前と声優。前は旧時代の呼び名だが、海外や現在のシリーズは海外の名で呼ばれている。

ミステリー社[編集]

クルッパー / スクービー・ドゥー 声優:熊倉一雄 / 楠見尚己(スクービー&スクラッピードゥー)
大きいが臆病で、常に腹を空かせている犬。だが、臆病な故にとる行動で、事件解決への糸口を発見する。食べ物に関してはシャギーを出し抜き、彼の分まで食べることが多くお化けが現れるとすぐに逃げるなど少々忠誠心に欠けるが仲は良い。『ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション』にゲスト出演しており、相棒のシャギーを演じたマシュー・リラードを威嚇した。
ボロピン / シャギー・ロジャーズ 声優:高松しげお(元漫才師晴乃タック) / 桜井敏治(スクービー&スクラッピードゥー)
スクービーの飼い主。スクービーと同じく臆病で、常に腹を空かせており、食い意地が張っている。本名はノーヴィル。桜井敏治が演じるシャギーは、一人称は「僕」で「えっと」が口癖で他のシリーズでもこれが定着している。スクービーの親戚と彼の親戚は彼ら同様皆、怖がりである。『ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション』で実写版で自身を演じたマシュー・リラードと共演しており、(声も実写と同じ藤原啓治が演じている)自分を演じた彼の演技に不満を言った。一部の作品では一人称は「俺」になっている。
ハンサム / フレッド・ジョーンズ 声優:市川治 / 谷山紀章(スクービー&スクラッピードゥー)
4人組のイケメンのリーダー。少々キザでダフネと行動することが多いが可愛い女の子には弱く、それが災いして酷い目にあったこともある。実写では、やや自己中心な部分があり、ヴェルマと対立し解散したこともある。劇場版では、引退後、ダフネのカメラマンとして働き、再結成をするきっかけをあたる。お約束のためかこの回の事件は誰の仕業ではないかとヴェルマと疑った。
メガコ / ヴェルマ・ディンクレー 声優:丸山裕子 / 半場友恵(スクービー&スクラッピードゥー)
頭がいいメガネの赤髪おかっぱの女の子。最近のシリーズでは、頭にリボンをしている(以前は無かった)。冷静な判断力と頭脳で仲間を助けるまとめ役。事件解決は主に彼女の役。何かある度にシャギーに対して「犬(スクービー)と私とどっちを選ぶ?」などと問いかける事あり。シャギーの事が気になるようであるがシャギーにはいつも誤魔化されている。頭が良い故に怪しい相手を疑う部分がある。
ジェニー / ダフネ・ブレイク 声優:丸山裕子/ 斉藤恵理(スクービー&スクラッピードゥー)
スクービー達と旅をしている美人の女の子。実家は金持ちである。スクービー&スクラッピードゥーでは、彼女のみ同行したシリーズがある。劇場版では、幽霊の正体がいつもトリックであるため、引退しTV局でリポーターをやっている。
スクラッピー・ドゥー 声優:龍田直樹
スクービーの甥。スクービーとは対照的に、怪物などに勇敢に立ち向かう性格。アニメ版ではまれに事件の解決や悪者を倒すのに役立つことがあるが、ほとんどの場合は彼の直接攻撃ではなく、転んでドラム缶にぶつかって転がったものが悪者に命中したり、足を滑らせて落下したスクラッピーが悪者に直撃するなどの偶然発生するものによる場合が多い。『スクービー&スクラッピードゥー』から登場。叔父であるスクービーを誰よりも勇敢な犬だと思い込んでいる。実写版では、アニメとは別の意味でトラブルメーカーでそれが災いし、置いてけぼりにされ、復讐するため、騒動を起こすなどアニメ版とは正反対な性格になっている。

アニメ版[編集]

ハンナ・バーベラ・プロダクション制作。アメリカでは現在もCartoonNetworkにて放送中。現在、第11シリーズが放送中(2010年10月現在)。原題の「スクービードゥー」の名前は、フランク・シナトラの『夜のストレンジャー』の歌詞に由来し、日本では、『弱虫クルッパー』の名前で放送された。スクービードゥーのデザインは、他のハンナ・バーベラ作品も担当した日系二世のアメリカ人アニメーターイワオ・タカモト

日本では1970年2月から1970年5月までNHK総合の『少年映画劇場』第2部(第1部)は『動物王国』で放映されていた。シリーズのうち、日本の地上波で公開されたのは2本。日本での放送にあたっては、多くのハンナ・バーベラ作品同様、キャラクター名等に大幅なアレンジが加えられ、タイトルも変えられている。

カートゥーン ネットワークの再放送にあたっては、日本版『弱虫クルッパー』と、『スクービードゥー』としてオリジナルのキャラクター名で再吹き替えしたものとが放映された。また、続編である『スクービー&スクラッピードゥー』も放送されたが、キャラクター名はオリジナルのものである。

日本でもハンナ・バーベラ作品として1970~80年代に繰り返し放送された。本国では現在も国民的人気を誇るアニメ作品であるが、日本では『チキチキマシン猛レース』等に比べてあまり知名度は高くない。

TVシリーズ版[編集]

アメリカ版(サブタイトル)[編集]

シリーズNo. タイトル 放送年 放送局 エピソード数 シーズン数
1 Scooby-Doo, Where Are You! 1969–1970 CBS 25 2
2 The New Scooby-Doo Movies 1972–1973 20 2
3 The Scooby-Doo Show 1976–1979 ABC 40 3
4 Scooby-Doo and Scrappy-Doo 1979–1980 16 1
5 Scooby-Doo and Scrappy-Doo 1980–1983 33 3
6 The All-New Scooby and Scrappy-Doo Show / The New Scooby-Doo Mysteries 1983–1985 26 2
7 The 13 Ghosts of Scooby-Doo 1985–1986 13 1
8 A Pup Named Scooby-Doo 1988–1991 30 3
9 What's New, Scooby-Doo? 2002–2005 Kids' WB on The WB 42 3
10 Shaggy & Scooby-Doo Get a Clue! 2006–2008 Kids' WB on The CW 26 2
11 Scooby-Doo! Mystery Incorporated 2010–2013 Cartoon Network, Teletoon 52 2

日本語版スタッフ[編集]

スクービー&スクラッピードゥー
  • 演出:加藤敏
  • プロデューサー:伊藤文子

備考[編集]

『スクービー&スクラッピー ドゥー』の初期は、前作のように4人が事件を解決していたが、中期は短編エピソードが多く取り込まれ、ダフネ、フレッド、ヴェルマは登場しなくなり、シャギー、スクービー、スクラッピーが旅をしながら事件に巻き込まれる。末期(『The New Scooby&Scrappy-doo Show』に改名(日本では『スクービー&スクラッピー ドゥー』のまま))ではダフネも登場する。

ジョニー・ブラボー』第1期第2話Bパート「お化け屋敷でハプニング」にゲスト出演している。

バットマン:ブレイブ&ボールド』51話にて、バットマイトの紹介するバットマン登場作品の一部として「The New Scooby&Scrappy-doo MOVIES」にバットマンロビンジョーカーペンギンが共演する話が登場する。 この話の中では『スクービー・ドゥー』内の倫理規定によりバットマンとジョーカーらが殴りあわない事になっているが、劇中バットマイトの魔力で倫理規定そのものをない事にして、非常に珍しいシャギーとスクービーの格闘シーンが画かれた。

1977年製作のハンナ・バーベラ・プロ作品キャラ集合作品『まんがオールスター おもしろオリンピック(原題:Laff-A-Lympics)』では、スクーピーが「ストロングチーム」のキャプテンとして登場、シャギー・スクラッピーや、同じ犬が主人公の同プロ作品『珍犬探偵ダイナマット(原題:Dynomutt, Dog Wonder)』のダイナマットとブルーファルコンなどが同チームのメンバーとして登場している。

NHK総合 少年映画劇場
前番組 番組名 次番組
動物王国

弱虫クルッパー

OVA版[編集]

下記作品の内、「ゾンビ島」「宇宙からの侵略者?!」「サイバー・チェイス」のみ日本で放送(それ以外は未放映)。他、「ゾンビ島」「宇宙からの侵略者?!」のみ日本でVHSとDVDがワーナー・ホーム・ビデオから販売された。

実写映画版[編集]

『スクービー・ドゥー』と『スクービー・ドゥー2 モンスター・パニック』が製作された。アニメ版の数年後の設定となっており、一度解散したミステリー社のメンバーが再集結するところから話が始まる。映画版は、2作ともゴールデンラズベリー賞にノミネートされている。

『スクービー・ドゥー』[編集]

2002年。映画第1作。冒頭のシーンに、アニメ版の説明として、ハンナ・バーベラ・プロダクション制作のアニメを作っているが、カットされている(DVDの特典映像に付属されている)。第23回ゴールデンラズベリー賞の最低助演男優賞とこの回のみの特別賞として設置された最優秀頭空っぽティーン向け作品賞にノミネートされた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

『スクービー・ドゥー2 モンスターパニック』[編集]

2004年。映画第2作。あるキャラクターの策略で、昔倒したモンスターたち(アニメ版の敵)が製造される。第25回ゴールデンラズベリー賞最低続編賞受賞作品。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]