チャーリーと18人のキッズ in ブートキャンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャーリーと18人のキッズ in ブートキャンプ
Daddy Day Camp
監督 フレッド・サベージ
脚本 ジェフ・ロドキー
J・デヴィッド・ステム
デヴィッド・N・ワイス
原案 ジェフ・ロドキー
ジョエル・コーエン
アレック・ソコロウ
原作 キャラクター創造
ジェフ・ロドキー
製作 ウィリアム・シェラック
ジェイソン・シューマン
製作総指揮 マット・ベレンソン
ジョン・デイヴィス
クリス・エマーソン
リチャード・ハル
ナンシー・カーホッファー
ジェファーソン・リチャード
デレク・ドーチー
音楽 ジェームズ・ドゥーリー
撮影 ジーノ・サルヴァトーリ
編集 クリストファー・グリーンバリー
製作会社 ブルー・スター・ピクチャーズ
デイヴィス・エンターテインメント
レヴォリューション・スタジオズ
配給 トライスター・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年8月8日
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $18,197,398[1]
前作 チャーリーと14人のキッズ
テンプレートを表示

チャーリーと18人のキッズ in ブートキャンプ』(原題: Daddy Day Camp)は、2007年のアメリカ映画で、『チャーリーと14人のキッズ』(2003年)の続編である。フレッド・サベージの監督デビュー作でもある。

日本では劇場公開されず、ビデオスルーとなった。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
チャーリー キューバ・グッディング・ジュニア 高木渉
ランス ロックリン・マンロー 森川智之
バック大佐 リチャード・ガント 廣田行生
キム タマラ・ジョーンズ 幸田夏穂
フィル ポール・レイ 石住昭彦
モーティ ブライアン・ドイル=マーレイ

評価[編集]

本作は評論家には酷評された。Rotten Tomatoesでは75のレビューで支持率は1%であり[2]、さらに2000年代の最低映画100選で16位となった[3]。また、Metacriticでは100点満点中13点[4]A.V.クラブではFランクに認定された[5]

受賞とノミネート[編集]

部門 対象者 結果
ゴールデンラズベリー賞 最低作品賞[6] ノミネート
最低前日譚・続編賞[7][8] 受賞
最低主演男優賞[9] キューバ・グッディング・ジュニア ノミネート
最低監督賞[10] フレッド・サベージ ノミネート
最低脚本賞[11] ジェフ・ロドキー
J・デヴィッド・ステム
デヴィッド・N・ワイス
ノミネート

出典[編集]

外部リンク[編集]