ドラドラ子猫とチャカチャカ娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドラドラ子猫とチャカチャカ娘』(ドラドラこねことチャカチャカむすめ、原題: Josie and the Pussycats)は、アメリカ合衆国のテレビアニメ。ハンナ・バーベラ・プロダクション製作。1970年9月12日から1971年1月2日までCBSで放送された。アーチー・コミック出版の同名のコミックスを原作とする。全16話。

概説[編集]

日本では1971年に日本語吹き替え版がNET(現:テレビ朝日)で初回放送され、後に各ローカル局で再放送後、カートゥーン ネットワークで不定期に再放送が行われている。

2001年にはユニバーサル映画MGMの合作により実写映画化された(日本ではビデオスルー、邦題:『プッシーキャッツ』)。

内容[編集]

現在売り出し中のバンド「子猫チャカチャカーズ」。行く先で小規模の犯罪組織の事件に巻き込まれ、逃げ惑っているがいつの間にか立場が逆転し一件落着。

必ず歌のシーンがあり、声優が吹き替えで歌っている。

続編として、宇宙で地球に戻るための道を模索する宇宙編『ピッピーの宇宙大冒険』(原題: Josie and the Pussycats in Outer Space)があり、1972年9月9日から同年12月23日まで放送された。全16話。こちらは歌のシーンは原盤で歌われている。

登場人物[編集]

チョロ(Alexander Cabot III
声 - 古今亭志ん駒/英 - ケイシー・ケイサム
サングラスをかけたボディーガード。弱腰で役に立たない。サンデーから「弱虫チョロ」と呼ばれている。
キザトン(Alan M. Mayberry
声 - 高松しげお/英 - ジェリー・デクスター
ボディガード。チャコとは相思相愛の仲である。かなりの良識派。
サンデー(Alexandra Cabot
声 - 鈴木弘子/英 - シェリー・アルバローニ
マネージャー。キザトンのことが好きでチャコを煙たがっている。(その二人からは立場上反抗できていないが、邪魔そうにされている。)マネージャーの割にはチャカチャカーズの音楽に全く理解を示していない。気が強いトラブルメーカーで、宇宙に飛ばされる原因になったのも彼女が遠因になっている。苗字からチョロと血縁関係だと判る。
メロディ(Valerie Brown
声 - 小原乃梨子/英 - バーバラ・パトリオット、パトリス・ハロウェイ(歌声)
タンバリン担当。三人の中では1番の常識人。
チャコ(Josie McCoy
声 - 杉山佳寿子/英 - ジャネット・ウォールド、キャシー・ドーバー(歌声)
ギター担当。特にこれといった特徴は無い。原題通りだと彼女がメインヒロイン。
ミミイ(Melody Valentine
声 - 増山江威子/英 - ジャッキー・ジョセフ、チェリー・ムーア(歌声)
ドラム担当。天真爛漫で天衣無縫な性格。馬鹿な冗談を言って笑っている、お世辞にも頭が良いとは言えない天然少女。そのためか彼女は"自分や周囲に危険が迫る耳がぴくぴく動く"という特殊な力を持つ。
チェリー・ムーアはのちのシェリル・ラッドで、これが彼女のデビュー作となった。
ドラ(Sebastian the Cat
声 - 肝付兼太/英 - ドン・メシック
サンデーが飼っている猫。出番はあまり無いが、サンデーにはあまり懐いていない。サンデーに命令されてチャコとキザトンの仲を険悪にさせようとイタズラをするが、いつも何故かサンデーがその被害を受けることになる。
ピピー
宇宙編で登場する生物。ミミイと意思疎通ができる。

日本語版主題歌[編集]

第1作の主題歌「ドラドラ子猫とチャカチャカ娘」
作詞:水野礼子 / 作曲:橋場清 / 歌:小原乃梨子
第1作のエンディングテーマ「地球のマーチ」
作詞:島村葉二 / 作曲:橋場清 / 歌:ウィルビーズ

『ピッピー〜』では日本版主題歌を作成せず、本家の主題歌を使用した。

カートゥーンネットワークでの再放送ではオープニングおよびエンドクレジットの曲が本家の主題歌の日本語版(演奏も新たにやり直されている)に差し替えられている。(映像も本家のものを使用)

日本語版に関する事項[編集]

  • 次回予告はチョロが担当し、毎回次の台詞で締めた。
    • 全員「ドラチャカ、ドラチャカ、ヒッピッピー!!」
    • ドラ「サイナラァ」
  • 初回放送時の声優テロップは、一文字のみ斜めに向いているという、独特の表示だった。この表示は次番組『ドボチョン一家の幽霊旅行』でも行われている。

外部リンク[編集]

NET 月曜19時台後半
前番組 番組名 次番組
ドラドラ子猫とチャカチャカ娘