爆走バギー大レース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

爆走バギー大レース(ばくそう-だい-原題:Speed Buggy)は、ハンナ・バーベラ・プロダクション製作のアメリカのアニメである。日本では、NET(現:テレビ朝日)で1976年10月3日から1977年1月23日まで放送された。

放送時間は日曜18:25 - 18:55(日本時間)。後に東京12チャンネル→テレビ東京で再放送され、人気を上げた。現在はカートゥーンネットワークBOOMERANG枠で再放送されている。全16話。

世界中を駆けるスピードバギーとそれを利用して、世界を征服しようと企む悪の組織とのドタバタコメディである。

あらすじ[編集]

スピードバギークラブに所属するハンサム、ピンキー、食いしん坊の3人組が生み出した車、それは世界にたった1台しかないスピード・バギー。この車は、マスターユニットをONにすると自分の意思で動くことができる。カーレースカーラリーに参加しようとするが、そのマスターユニットをめぐり、悪の組織が秘密を探ろうと虎視眈々と狙っているのであった。

登場人物[編集]

ハンサム (Mark)
声 - マイケル・ベル / 吹き替え - 納谷六朗
クラブの代表格。
ピンキー(Debbie)
声 - アーリーン・ゴロンカ / 吹き替え - 吉田理保子
チームの紅一点。
食いしん坊(Tinker)
声 - フィル・ルーサー・ジュニア / 吹き替え - 北村弘一
チームのメカニック。名前どおり、色気より食い気。スピードバギーを自由に操る手の平台のリモコンを持っている。
スピードバギー(Speed Buggy )
声 - メル・ブランク / 吹き替え - 関敬六
意思を持っている車。「ムッシュムラムラ!」が口癖。(なお、これは吹き替えの関敬六の持ちギャグである)

サブタイトル[編集]

  • 「Speed Buggy went That-a-way」
  • 「Daring Escanades」
  • 「Taggert'sTrooy」
  • 「Speed Buggy Falls in love」
  • 「Kingzilla」
  • 「Professor Snow And Wadan ice」
  • 「Out of sight」
  • 「Gold fever」
  • 「Island of Giant Plants」
  • 「The Sound naster」
  • 「The Ring master」
  • 「The Incredible Changing Man」
  • 「Secret Safari」
  • 「Oils Well That Ends Well」
  • 「The Hidden Valley of Amazonia」
  • 「Captain Schemo and the Underwater City」

その他[編集]

  • スピードバギーと食いしん坊は、後にハンナ・バーベラ・プロ作品キャラを集めた『まんがオールスター おもしろオリンピック(原題:Laff-A-Lympics)にも、クルッパー率いる「ストロングチーム」のメンバーとして登場している。

外部リンク[編集]

NET(現:テレビ朝日) 日曜18:25~18:55枠
【本番組より海外アニメ枠】
前番組 番組名 次番組
爆走バギー大レース