シュガー・レイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュガー・レイ
フロントマンのマーク・マッグラス}
フロントマンのマーク・マッグラス
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 オレンジ・カウンティ
カリフォルニア
ジャンル ラップロック
ポップ・パンク
サーフ・ロック
活動期間 1995年~現在
公式サイト [1]
メンバー
マーク・マッグラス
ロドニー・シェパード
マーフィー・カージス
スタン・フラッツァー
クレイグ“DJホミサイド”ブロック

{{{Influences}}}

シュガー・レイ(Sugar Ray)は、アメリカ合衆国のロック・バンド。オレンジ・カウンティ出身。1992年結成、1995年デビュー。

当初はラップロックポップ・パンク隆盛に沸くオレンジ・カウンティの時勢をつかむミクスチャーサウンドでシーンに登場したが、アルバム・リリース毎に音楽性をよりラフな路線へとシフトさせていくなかで、「夏」を感じさせるキャッチーなポップ・メロディを量産し、ミドルテンポを基調としたサーフ・ロック寄りのサウンドでその地位を築いている。

来日公演では、2003年フジロック・フェスティバル2007年にはサマーソニックに出演している。

概要[編集]

ハウス・オブ・ペイン、現リンプ・ビズキットのDJリーサルをプロデューサーに迎えた『レモネード・アンド・ブラウニーズ』でアルバム・デビュー。サイプレス・ヒルKORNらのサポートを務めながら全米各地に名を広め、1997年にリリースした2ndアルバム『シュガー・レイのアメリカン・ドリーム'97~爆走街道まっしぐら、俺らに勝る敵はナシ!(原題:Floored)』でブレイク。このアルバムからのシングル「フライ」が全米エア・プレイ・チャート6週間連続No.1の座をキープ、ビデオ・クリップもMTVVH1でNO.1クリップを獲得するなどロングヒットを続け、結果アルバムは200万枚を超えるセールスを記録。
トリプル・プラチナを獲得した3rdアルバム『14分59秒』からは「エヴリ・モーニング」、「サムデイ」、「フォールズ・アパート」といった一連の大ヒットシングルのカットも続いた。

また同時期には、ロビン・ウィリアムス主演の映画『ファーザーズ・デイ』にてバンドごと「シュガー・レイ役」として出演したのを皮切りに、テレビ番組『ロージー・オドネル・ショウ』や『デイヴィッド・レターマン・ショウ』などに出演するなどメディア露出が増加。特にフロントマンのマークは、『ピープル』誌による「'98年最もセクシーな男性」のひとりに選出されたり、女性誌『コスモポリタン』からはセックス・シンボルの代表格として表紙を飾るなどそのキャラクターが音楽面以外にも注目された。

その後、代表曲「アンサー・ザ・フォン」などを収めこれまでで最高位のチャートアクション(全米6位)となったセルフ・タイトルの4th『シュガー・レイ』、ヒットシングル「ミスター・バーテンダー」を擁した『レジャーでGO!』を経て、2005年にベスト盤を発売して以降は活動のペースを緩めている。

しばらくの沈黙を経た2009年に6th『Music for Cougars』を発表。ちなみに、『復活の常夏番長』というやはり相変わらずの邦題が付けられたこのアルバムは、本国での発売から1年近く経った2010年になって今更の日本国内盤が刊行される異例のリリースになっており、日本盤の特典として邦人バンド「10-FEET」のメンバーを客演に迎えた新録曲が追加された仕様となっている。

メンバー[編集]

  • マーク・マッグラス(Mark McGrath) - ボーカル, ギター
  • ロドニー・シェパード(Rodney Sheppard) - ギター
  • マーフィー・カージス(Murphy Karges) - ベース
  • スタン・フラッツァー(Stan Frazier) - ドラムス, パーカッション
  • クレイグ“DJホミサイド”ブロック(Craig 'DJ Homicide' Bullock) - ターンテーブル, プログラミング ・・・1996年加入。ミドルネーム「DJ Homicide」のカタカナ表記に際し、初期の日本盤においてライナー執筆を担当したロック・ライター有島博志による誤植によって、本来「ホミサイド」と表記するところ、「ホモサイド」と記され、訂正されることなくしばらくそのカナ表記が定着していたことがあった。来日公演の折には、DJホミサイド本人がそのことをネタにする一幕もあったようである。ちなみに現在はそのような呼び方はされないが、上記の理由で、ごく一部の音楽情報専門サイトのメンバー項目においては、依然として「ホモサイド」表記が続いている。[要出典]

ディスコグラフィ[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  • レモネード・アンド・ブラウニーズ (Lemonade and Brownies) - 1995年
  • シュガー・レイのアメリカン・ドリーム'97~爆走街道まっしぐら、俺らに勝る敵はナシ! (Floored) - 1997年
  • 14分59秒 (14:59) - 1999年
  • シュガー・レイ (Sugar Ray) - 2001年
  • レジャーでGO! (In the Pursuit of Leisure) - 2003年
  • 復活の常夏番長(Music for Cougars) - 2009年

編集盤[編集]

  • ザ・ベスト・オブ・シュガー・レイ (The Best of Sugar Ray) - 2005年

外部リンク[編集]