クロスバースイッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロスバースイッチの基本構造イメージ(4x4の場合)

クロスバースイッチは、縦方向に並行した複数の通信路と横方向の同様な通信路の交点にスイッチを設け、これらのスイッチ群を制御することで、対向する通信路との専有経路を動的に構築する構造である。クロスバー電話交換機で金属棒が交差している状況から「クロスバー」スイッチと呼ばれるようになった。

このスイッチは、主に以下のような機器で使用されている。