ラルフ・ハートレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラルフ・ハートレーRalph Vinton Lyon Hartley1888年11月30日 - 1970年5月1日)はアメリカの電子工学研究者。ハートレー発振回路ハートレー変換を発明し、情報理論の構築にも寄与した。

経歴[編集]

ネバダ州 Spruce に生まれ、ユタ大学1909年に学士号を取得した。彼はローズ奨学金を受けることになり、オックスフォード大学1912年に学士号、1913年に理学士号を取得した。1916年3月21日ブルックリン地区の Florence Vail と結婚[1]

ウェスタン・エレクトリックの研究所に就職し、1915年AT&Tの大西洋横断無線電話実験の受信機開発を任された。このときの開発でハートレー発振回路を発明し、三極管を使った際の発振を抑える平滑回路を開発した。発振回路の特許1915年6月1日に申請され、1920年10月26日に認められた。

第一次世界大戦の際、彼は音響式の電波発信源探知機の原理を確立した。

戦後、ウェスタン・エレクトリックに戻り、後にベル研究所で働くようになる。ここで中継局での音声と搬送波の転送を研究し、「伝送可能な総情報量は伝送周波数帯域と伝送時間とに比例する」という法則を定式化した。その後、10年ほどの闘病生活を経て1939年にベル研究所にコンサルタントとして復帰。

第二次世界大戦の際、彼は特にサーボ機構を研究した。

1950年、ベル研究所を引退し、1970年、死去。

受賞歴[編集]

著作物[編集]

おそらく不完全

  • Hartley, R.V.L., "Transmission of Information", Bell System Technical Journal, July 1928, pp.535–563.
  • Hartley, R.V.L., "A More Symmetrical Fourier Analysis Applied to Transmission Problems," Proc. IRE 30, pp.144–150 (1942).
  • Hartley, R.V.L., "A New System of Logarithmic Units", Proceedings of the I.R.E., January 1955, Vol. 43, No. 1.
  • Hartley, R.V.L., "Information Theory of The Fourier Analysis and Wave Mechanics", August 10, 1955, publication information unknown.
  • Hartley, R.V.L., "The Mechanism of Gravitation", January 11, 1956, publication information unknown.
  • Hartley, R.V.L., "A Wave Mechanism of Quantum Phenomena", "Physical Review", Volume 33, Page 289, 1929 (abstract only)
  • Hartley, R.V.L., "Oscillations in Systems with Non-Linear Reactance","The Bell System Technical Journal" Volume 15, Number 3, July 1936, pp 424 - 440

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Frank Aydelotte (1916). The American Oxonian. Association of American Rhodes Scholars. p. 84. http://books.google.com/books?vid=OCLC01480518&id=4gYVAAAAIAAJ&printsec=titlepage&dq=hartley+%22Florence+Vail+%22#PRA1-PA84,M1. 
  • Ralph V. L. Hartley, Legacies, IEEE History Center, updated January 23 2003, [1]
  • US Patent 1,356,763, October 26, 1920, United States Patent and Trademark Office, [2];