周波数分割多重化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

周波数分割多重化(しゅうはすうぶんかつたじゅうか、: Frequency Division Multiplexing、略称FDM)とは、複数ある回線を束ねて1本の回線として共用する多重化ネットワーク技術。 共有回線の周波数帯を等間隔に分割して送信する為にその名前が付いた。それに対してデジタル信号を時間的に分割する方式を時分割多重化(TDM:Time Division Multiplex)と言う。

電気通信事業者によるデジタル化が進められた結果、比較的古い技術となっており、現在ではテレビラジオなどのアナログ放送が代表的なものとなっている。

関連項目[編集]