Wide Area Network

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Wide Area Network(ワイドエリアネットワーク、略してWAN(ワン))は、LANMANに比較して広い範囲(市街地を越え郊外、県外や国際の範囲)におよぶネットワークのこと。広義には、非常に広大な面的広がりを持つインターネットとほぼ同義の言葉として使われる(参照:図1)一方、狭義には、点在するLANとLANを接続する線としてのネットワーク(参照:図2)というような意味合いでも使われる。

用法としては、LANの対義語として良く用いられる。例えば、LANとISPへの回線とを結ぶルータは、WANルータと言われ、ISPへの回線側をWAN側と言う。

インターネット、LAN、WANの概念的な比較イメージ ネットワーク構成図におけるインターネット、LAN、WANのイメージ

WANの構成[編集]

WANは、LANの利用者がISPと契約しなければ敷設・利用できないという特徴がある。

ISPはLANとLANをWAN用のケーブル無線アクセス等で接続する。そのケーブル同士の接点には、主配線盤モデムルータレイヤ2スイッチレイヤ3スイッチと言ったネットワーク機器と呼ばれるものが置かれる。更にISP同士は、インターネットエクスチェンジと呼ばれる接続点で、電気通信事業者の提供するバックボーンまたは基幹回線網と呼ばれる大容量のネットワークと接続され、海底ケーブル衛星通信などを介して国外のWANと接続される(参照:外部リンク バックボーン回線の高速化)。

ISPとの契約によっては、特定のLANとだけ通信するような構成にもできる。

WANで使われる主要なケーブル[編集]

WANサービスの種類[編集]

専用線サービス
契約時に指定した2点間の固定的な接続を提供するサービス。
回線交換サービス
相手を指定し、接続を確立し、情報を伝送するサービス。接続先は固定ではなく、任意の接続先を選択できる。
パケット交換サービス
宛先指定をパケット単位で行い、同時に複数の相手との接続を提供するサービス。

WANの主要なプロトコル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]