Personal Area Network

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Personal Area Networkパーソナル・エリア・ネットワークPAN)は、個人の周辺のコンピュータデバイス(電話機PDAを含む)間の通信のために使われるコンピュータネットワークである。各デバイスは、その個人の所有物であることも、所有物でないこともありえる。PANの到達距離は、典型的には2~3mである。PANは、デバイス同士の通信で使われる場合と、上位のネットワークやインターネットへの接続(アップリンク)に使われる場合がある。

Personal Area Networkは、USBFireWireのようなコンピュータバスで接続することもできる。Wireless Personal Area Networkワイヤレス・パーソナル・エリア・ネットワークWPAN)は、IrDABluetoothUWBZ-WaveZigBeeのようなネットワーク技術で構成することが出来る。


技術[編集]

BluetoothのPANはピコネット(piconet)とも呼ばれ、マスタ・スレーブの関係のある最大8台のアクティブデバイスから構成される(8台以上のデバイスを"parked"(パークド)の状態で接続することもできる)。ピコネットの中で、最初のBluetoothデバイスがマスターである。残りのデバイスはスレーブとなり、マスターと通信を行う。ピコネットは、一般的には10m程度の範囲であり、理想的な状況下では100mの範囲に到達することが出来る。 Bluetoothアンテナの最新の革新により、当初設計された距離を大きく越えて接続することが可能となっている。DEF CON 12では、"Flexilis"と呼ばれるハッカーのグループが、2つのBluetoothデバイスを、1/2マイル(800m)以上離れて接続させることに成功した。彼らは望遠鏡と八木アンテナを、ライフルの銃身に装着し、アンテナに接続したケーブルは、PCのBluetoothカードに取り付けた。後に、このアンテナは"The BlueSniper"と名付けられた。

もう1つのPAN技術のSkinplexは、人間の皮膚の近距離容量を経由して転送される。Skinplexは、1m離れた人体を発見し、通信することが出来る。これは、オープンカーのドアロックやジャミングのアクセス制御のために使用されている、

WPAN(Wireless Personal Area Network、ワイヤレス・パーソナル・エリア・ネットワーク)は、個人の周辺に存在するデバイスを無線で接続するネットワークである。一般的には、WPANは10m以内、つまりごく短い距離の通信を可能とする技術を使用する。このような技術の1つはBluetoothであり、新しい標準であるIEEE 802.15の基盤として使用された。

WPANは、多くの人のデスクに存在し、今日では持ち運んでいる全ての普通のコンピュータと通信デバイスに相互接続を提供することができる。また、外科医とチームメンバに、手術中のコミュニケーション手段を提供するなど、より特別な目的を提供することができる。

WPAN技術のキーコンセプトは、プラグインとして知られている。理想的なシナリオでは、2台のWPANを装備したデバイスが近接(数メートル以内)したり、中央サーバーの数キロメートル以内にあるとき、ケーブルで接続したかのように通信することができる。もう1つの重要な特徴は、それぞれのデバイスが他のデバイスを選択的に排除する能力であり、不必要な干渉や情報への無許可のアクセスを防ぐことができる。

WPANの技術は揺籃期であるが、急速に発展している。提案されている周波数は、およそ2.4GHzのデジタルモードである。その目的は、ホーム/ビジネスのデバイスやシステムの、シームレスな操作を手助けすることであり、WPANの全てのデバイスは、互いの距離的な範囲内であれば、同じWPAN内のほかのデバイスと接続することが出来る。加えて、WPANは世界中で相互接続する。このようにして、例えばギリシャの考古学者は、ミネアポリスのミネソタ大学で、データベースに直接アクセスし、調査結果をデータベースに送信するために、PDAを使うかもしれない。 [1]

スマートフォンでBluetoothテザリングを利用する場合は親機として使う場合はPAN-NAP(Network Access Point)が対応していることが必要で、子機として使うにはPANU(Personal Area Network User)が対応していれば使用できる。対応しているスマートフォンはiPhone5以降は標準で親・子の両方に対応しており、Androidは一部の機種のみが親・子の両方に対応しており、一部は子機のみの対応となる。

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ http://searchmobilecomputing.techtarget.com/sDefinition/0,,sid40_gci837444,00.html

外部リンク[編集]