ガリマール出版社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガリマール出版社(Éditions Gallimard)は、フランスを代表する出版社の一つ。1911年創立。フランス文学の振興に寄与し、フランスに、世界の文学を紹介している。

小史[編集]

1920年代まで[編集]

1908年から新フランス評論誌を出していた、アンドレ・ジッドらの編集同人が、図書の出版のため、ジッド、ジャン・シュランベルジェ(Jean Schlumberger)、ガストン・ガリマール出資の合名会社、『新フランス評論出版社』(Édition de La Nouvelle Revue Française)を、パリ6区に設立した。まず、ポール・クローデル、ジッド、フランシス・ジャムサン=ジョン・ペルスジュール・ロマンポール・ヴァレリーマルセル・プルーストジャン・ジロドゥらの作品を出版した。

第一次世界大戦後の1919年、『新フランス評論出版社』は株式会社『ガリマール書店』(Libraire Gallimard)に発展し、ガストンの弟も役員となり、その後しだいに、ガリマール一家が経営に加わった。1930年、社屋を7区に移した。

『ガリマール書店』は、アンリ・ゲオン(Henri Ghéon)、マルタン・デュ・ガールポール・モランアンドレ・マルロールイ・アラゴンポール・エリュアールアランルイ・アラゴンジョゼフ・ケッセルジャン・コクトーフロイトジュール・シュペルヴィエルアンドレ・ブルトンルイジ・ピランデルロアンリ・ミショーイタロ・ズヴェーヴォヘミングウェイサン=テグジュペリらの著書を出し、専属的な作家を増やして行った。

また、叢書、映画雑誌、音楽雑誌、大衆文学児童文学、新聞などへ、間口を広げ、それぞれの領域の盛衰をともないながら、社業は拡大した。

1930年代[編集]

1940年から1944年まで[編集]

ナチスによる被占領期にあたり、親独のドリュ=ラ=ロシェルの、『新フランス評論』編集長就任を占領軍に強いられた。

戦後の糾弾は、ドリュ=ラ=ロシェルの『新フランス評論』の方へ矛先をかわして切り抜けた。

1945年から2000年まで[編集]

1961年、社名を『ガリマール出版社』(Éditions Gallimard)に変更した。

過去の作家の全集は、1933年以来のプレイヤード叢書が刊行を続けている。

1975年にガストンが没した後は、息子のクロードが社長を継いだ。そして1988年、クロードの後を息子のアントワーヌが継いだ。

関連項目[編集]

参照文献[編集]

外部リンクを参照、また

  • ピエール・アスリーヌ、天野恒雄訳 「ガストン・ガリマール フランス出版の半世紀」、みすず書房、1986年 ISBN 978-4-622-01803-2
  • 井上究一郎 「ガリマールの家」、ちくま文庫、2003年  ISBN 978-4-480-03832-6

外部リンク[編集]