ジャン=パトリック・マンシェット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン=パトリック・マンシェットJean-Patrick Manchette, 1942年12月19日 - 1995年6月3日)はフランス小説家推理作家

人物[編集]

マルセイユ出身。パリ大学卒業。哲学及び英文学を専攻。

大学在学中から左翼過激派に所属。五月革命を経験。

1970年代から1980年代にかけてroman noir(暗黒小説)と呼ばれる犯罪小説を発表した。

1972年、"Ô dingos, ô châteaux!"(『狼が来た、城へ逃げろ』)でフランス推理小説大賞を受賞。

作品[編集]

『狼が来た、城へ逃げろ』(岡村孝一訳,早川書房ハヤカワ・ミステリ])
『愚者が出てくる、城寨が見える』(中条省平訳,光文社光文社古典新訳文庫])
  • "Nada"(1972年)
『地下組織ナーダ』(岡村孝一訳,早川書房[ハヤカワ・ミステリ])
  • "L'homme au boulet rouge"
  • "Morgue pleine"
  • "Que d'os!"(1976年)
『危険なささやき』(藤田宜永訳,早川書房[ハヤカワ・ミステリ文庫])
  • "Le petit bleu de la côte ouest"(1976年)
『殺しの挽歌』(平岡敦訳,学習研究社
  • "Fatale"(1977年)
『殺戮の天使』(野崎歓訳,学習研究社)
  • "La Position du tireur couché"(1981年)
『眠りなき狙撃者』(中条省平訳,学習研究社)