フランシス・ジャム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランシス・ジャム (Francis Jammes)
Francis Jammes by Jean Veber.jpg
ジャン・ヴェベ(Jean Veber)画
誕生 1868年12月2日
トゥールネ(Tournay
死没 1938年11月1日
アスパラン(Hasparren
職業 詩人
国籍 フランスの旗
活動期間 1891年 - 1938年
代表作 『明けの鐘から夕べの鐘まで』
主な受賞歴 レジョン・ドヌール勲章を辞退
処女作 『6つのソネット』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

フランシス・ジャム(Francis Jammes、(1868年12月2日 - 1938年11月1日))は、フランスの叙情的な詩人。素朴な易しい言葉で、山野・生物、少女、信仰などをうたった。

生涯[編集]

スペインと接するオート=ピレネー県の、トゥールネ(Tournay)に生まれた。1874年、町の小学校に入ったが、いじめられ、通学を嫌った。収税吏の父が転勤を重ね、フランシスはポー、次いでボルドーリセに入ったが、散策や採集を好んで、学業には身を入れなかった。

1888年(20歳)、大学入学資格試験に落ち、文学への傾斜を深めた。同年父が没し、母と姉と、フランス南西端ピレネー=アトランティック県の、オルテーズ(Orthez)に移った。父祖代々の地であった。翌年公証人事務所に勤めてやめ、詩作に打ち込み、1891年の『6つのソネット』を皮切りに詩集を出し、それらがステファヌ・マラルメアンドレ・ジッドに認められた。

1895年(27歳)、初めてパリに遊びはしたが、オルテーズを好み、その山野・鳥獣・草花、そして少女らを愛し続けた。1896年、ジッド夫妻の北アフリカ旅行に合流した。1897年、文芸誌上に、自らの文学姿勢のマニフェスト『ジャミスム宣言』を載せた。

初期の詩の朴訥なうたいぶりは、清新だ衒いだと褒貶が割れたが、力強さを加えた1898年の『明けの鐘から夕べの鐘まで』で、世評が定まった。

1900年、ポール・クローデルを知り、カトリックの信仰を固め、1905年、聖地ルルドへの巡礼に、クローデルと連れ立った。

この前後、少女に恋しては破れ、また、『クララ・デレブーズ』(1899年)、『アルマイード・デトルモン』(1901年)、『ポム・ダニス』(1904年)など、「少女もの」を書いた。

1907年(39歳)、カトリックの女性、ジュヌヴィエーヴ・ゲドルプ(Geneviève Goedorp)と結婚した。1912年、オルテーズ教区の参事会員となり、1914年の第一次世界大戦開戦のときは、オルテーズの野戦病院を管理した。1921年、バス=ピレネー県(現在のピレネー=アトランティック県)のアスパラン(Hasparren)へ移った。1922年、レジオン・ドヌール勲章の授与を辞退した。なお、アカデミー・フランセーズには、何度か立候補して当選できなかった。

その後も活発な文筆活動をしたが、1938年(70歳)アスパランの自宅で没した。村の墓地に小さな十字架が立てられた。

著作[編集]

  • 1891年、『6つのソネット』(Six Sonnets)(詩集)
  • 1892年、『詩集』(Vers)
  • 1893年、『詩集』 改訂版(Vers)
  • 1894年、『詩集』 増補版(Vers)
  • 1895年、『一日』(Un jour)(詩集)
  • 1896年、『オアシスとアルジェのノート』(Notes sur des oasis et sur Alger)(紀行)
  • 1897年、『詩人の誕生』(La Naissance du Poète)(対話詩)
  • 1897年、『ジャミスム宣言』(Le Jammisme) (マニフェスト)
  • 1898年、『明けの鐘から夕べの鐘まで』(De l'Angélus de l'aube à l'Angélus du soir)(詩集)
  • 1898年、『十四の祈り』(Quatorze prières)(詩集)
  • 1899年、『クララ・デレブーズ又は昔の少女の物語』(Clara d'Ellebeuse ou l'histoire d'une ancienne jeune fille)(小説)
  • 1899年、『はだかの少女』(La Jeune Fille nue)(劇詩)
  • 1900年、『詩人と小鳥』(Le Poète et l'oiseau)(劇詩)
  • 1901年、『桜草の喪』(Le Deuil des primevères)(詩集)
  • 1901年、『情熱の乙女、アルマイード・デトルモン』(Almaïde d'Etremont ou l'histoire d'une jeune fille passionnée)(小説)
  • 1902年、『生命の勝利』(Le Triomphe de la vie)(詩集)
  • 1903年、『野兎物語』(小説)
  • 1904年、『身に十字架を負ったポム・ダニス』(Pomme d'Anis ou l'histoire d'une jeune fille infirme)(小説)
  • 1905年、『悲しみのうた』(Tristesses)(詩集)
  • 1906年、『庭での瞑想』(Pensée des jardins)(詩・散文集)
  • 1906年、『木の葉をまとった教会』(L'Église habillée de feuilles)
  • 1906年、『空の晴れ間』(Clairières dans le ciel )(詩集)
  • 1908年、『韻の整った詩』(Poèmes mesurés)(詩集)
  • 1910年、『私の娘ベルナデット』(Ma fille Bernadette)(詩・散文集)
  • 1911年 - 1912年、『キリスト教徒の農耕詩Ⅰ-Ⅶ』
  • 1913年、『風の中の木の葉』(Feuilles dans le vent)
  • 1916年、『戦時の五つの祈り』(Cinq prières pour le temps de la guerre)(散文集)
  • 1916年、『日なたのロザリヨ』(Le Rosaire au soleil)(小説)
  • 1918年、『オズロンの主任司祭様』(Monsieur le curé d'Ozeron)(小説)
  • 1919年、『聖母とソネット』(La Vierge et les sonnets)(詩集)
  • 1919年、『マリアの薔薇』(La Rose à Marie)(散文)
  • 1919年、『私の子供たちのクリスマス』(Le Noël de mes enfants)(小説)
  • 1919年、『一人の処女』(小説)
  • 1920年、『田舎の詩人』(散文)
  • 1921年、『回想記1 神のような年代から忘恩の年代まで』(Mémoires 1, De l'âge divin à l'âge ingrat)
  • 1921年、『墓碑銘』(Épitaphes)(詩集)
  • 1921年、『ラ・フォンテーヌの墓』(Le Tombeau de Jean de la Fontaine)(詩集)
  • 1921年、『子供たちの所へ来た神様』(Le Bon Dieu chez les enfants)(散文集)
  • 1921年、『聖ヨセフの書』(Le Livre de Saint Joseph)(散文集)
  • 1922年、『回想記2 愛・詩神・狩り』(Mémoires 2, L'Amour, les muses et la chasse)
  • 1922年、『詩人と霊感』(Le Poète et l'inspiration)(散文集)
  • 1923年、『回想記3 詩人の気紛れ』(Mémoires 3, Les Caprices du Poète)
  • 1923年、『四行詩集1』(Le Premier Livre des quatrains)
  • 1923年、『四行詩集2 』(Le Deuxième Livre des quatrains)
  • 1924年、『四行詩集3 』(Le Troisième Livre des quatrains)
  • 1924年、『二つの結婚の為の鐘』(Cloches pour deux mariages)(小説)
  • 1925年、『信仰の日を燃やす為の柴』(Brindilles pour rallumer la foi)(散文集)
  • 1925年、『四行詩集4 』(Le Quatrième Livre des quatrains)
  • 1925年、『バスクのロビンソン一家』(Les Robinsons Basques)(小説)
  • 1926年、『我が詩的フランス』(Ma France poétique)(詩集)
  • 1926年、『三十六人の女』(Trente-six femmes)(散文集)
  • 1926年、『バス=ピレネー県、その詩的な自然史』(Basses-Pyrénées, histoires naturelles et poétiques)(散文集)
  • 1927年、『ラヴィジュリー』(Lavigerie)(伝記)
  • 1927年、『フランシスカン風の夢』(Le Rêve franciscain)(散文集)
  • 1927年、『春の序曲』(Ouverture du Printemps)(詩集)
  • 1928年、『ダイアナ』(Diane)(3幕の戯曲)
  • 1928年、『詩人ジャノ』(Janot-Poète)(小説)
  • 1928年、『聖なる苦しみ』(La Divine Douleur)(散文集)
  • 1928年、『夜の歌』(Les Nuits qui me chantent)(散文集)
  • 1928年、『島々』(Îles)(散文集)
  • 1929年、『ギイ・ド・フォン・ギャランの一生』(La Vie de Guy de Fontgalland)(伝記)
  • 1930年、『田園観察と瞑想』(La Vie de Guy de Fontgalland)(散文集)
  • 1930年、『詩の学習』(Leçons poétiques)(評論)
  • 1931年、『愛の虹』(L'Arc-en-ciel des amours)(散文集)
  • 1931年、『林間学校、または散文選自由講義』(L'École buissonnière, ou Cours libre de proses choisies)(散文選集)
  • 1932年、『アンティジイド、または真珠色のエリオ』(L'Antigyde ou Elie de Nacre)(小説)
  • 1933年、『パイプ・犬』(Pipe Chien )(小説)
  • 1934年、『よいサマリア人の薬屋』(La Pharmacie du Bon Samaritain)(散文集)
  • 1935年、『詩人の十字架』(Le Crucifix du poète)(散文集)
  • 1935年、『ひばり』(Alouette)(詩集)
  • 1935年、『いつまでも永遠に』(De tout temps à jamais)(詩集)
  • 1936年、『神・魂・感情』(Dieu, l'âme et le sentiment)(散文集)
  • 1936年、『ルルドの巡礼者』(Le Pèlerin de Lourdes)(散文集)
  • 1936年、『泉』(Sources)(詩集)
  • 1937年、『火』(Feux)(詩集)

没後

  • 1938年、『翼の伝説、またはマリー=エリザベト』(La Légende de l'aile; ou, Marie-Elisabeth)(小説)
  • 1940年、『マラルメとジャムの対話』(Dialogue Stephane Mallarmé - Francis Jammes)(書簡集)
  • 1941年、『聖ルイ』(Saint Louis; ou, L'Esprit de la Croisade)(歴史小説)
  • 1942年、『フランス歌曲の諸相』(Variations dans un air français)(散文集)
  • 1943年、『二人の女』(Deux femmes)(散文集)
  • 1943年、『ボルドー市の思い出』(Rappel de la ville de Bordeaux)(散文集)
  • 1944年、『泉と火』(Sources et feux)(詩集)
  • 1944年、『不思議な友情』(Une Amitié mystique)(アンリ・デュパルクとの書簡集)
  • 1945年、『人でいっぱいの孤独』(Solitude peuplée)(講演集)
  • 1945年、『意外な友情』(Une Amitié Inattendue)(コレットとの書簡集)
  • 1946年、『感情的な友情』(Une Amitié Lyrique)(アルベール・サマン(Albert Samain)との書簡集)
  • 1946年、『恩寵』(La Grâce)(詩集)
  • 1948年、『私たちの古い思い出をどうぞ』(Prends nos vieux souvenirs)(詩集)
  • 1948年、『アンドレ・ジッドとの書簡集』(Correspondances avec André Gide)
  • 1949年、『回想記4 族長とその一族たち』(Mémoires 4, Le Patriarche et son troupeau)
  • 1950年、『風刺と愛の詩』(Le Poème d'ironie et d'amour)(詩集)
  • 1950年、『詞華集』
  • 1952年、『ポール・クローデル、ガブリエル・フリゾーとの書簡集』(Correspondancesavec Paul Claudel, Gabriel Frizeau)
  • 1954年、『ジョンキーユ、または気のふれた少女の物語』(Jonquille ou l'

histoire d'une folle)(未完の小説)

  • 1959年、『アルチュール・フォンテーヌとの書簡集』(Correspondances avec Arthur Fontaine)
  • 1966年、『フランシス・グリフィンとの書簡集』(Correspondances avec Francis Viélé-Griffin)

訳書[編集]

単行本[編集]

邦訳は1925年から行われた。以下、重版・改版を / 印で区切って記す。

全集[編集]

  • 『フランシス・ジャム全集』全3巻、草土社(1981)
    • 第1巻、大岡信 ほか訳:『明けの鐘から夕べの鐘』まで、手塚伸一訳:『桜草の喪』
    • 第2巻、田辺保訳:『空の晴れ間』、『神のうちに』、『木の葉をまとった教会』、手塚伸一訳:『悲しみの歌』、倉田清訳:『さまざまな詩』、『ロザリオの祈り』、堀口大学訳:『ルウルド霊験由来』、三好達治訳:『夜の歌』
    • 第3巻、田辺保訳:『少女たち』、安東次男訳:『野うさぎ物語』、手塚伸一訳:『二つの結婚のための鐘』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  • 「フランシス・ジャム全集第3巻」の巻末の、田辺保編:『年譜』
  • 「三好達治訳、散文詩 夜の歌、岩波文庫」の巻末の、三好達治:『あとがき』
  • 「新潮世界文学辞典 増補改訂版、新潮社(1990)ISBN 9784107302090」の中の、市原豊太:『フランシス・ジャム』
  • 「集英社世界文学辞典、集英社(1992)ISBN 9784081430079」の中の、手塚伸一:『フランシス・ジャム』