ヴィクトル・シクロフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィクトル・シクロフスキー

ヴィクトル・シクロフスキーВи́ктор Бори́сович Шкло́вский, 1893年1月24日 - 1984年12月6日)は、ソビエト連邦言語学者文芸評論家作家ロシア・フォルマリズムの中心人物である。

1913年12月に、芸術キャバレー「野良犬」での夜会で論文「言葉の復活」を朗読した。これがロシア・フォルマリズムの発端となる事件となる。
1914年に『言葉の復活』を出版。
1914年から1923年にかけてオポヤズの活動。

主な著書[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『ロシア・アヴァンギャルド6 フォルマリズム-詩的言語論』 国書刊行会 1988年
桑野隆/大石雅彦編
  • 『ミハイール・バフチーンの世界』 せりか書房  1990年
カテリーナ・クラーク/マイケル・ホルクイスト共著 川端香男里/鈴木晶共訳
  • 『シクロフスキイ 規範の破壊者』 南雲堂フェニックス  2006年
佐藤千登勢著 
  • 『ロシア・アヴァンギャルド小百科』 水声社  2008年
タチヤナ・ヴィクトロヴナ・コトヴィチ著 桑野隆監訳