フリオ・コルタサル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリオ・コルタサル
Julio Cortázar
Cortázar.jpg
フリオ・コルタサル
誕生 1914年8月26日
ベルギーの旗 ベルギーブリュッセル
死没 1984年2月12日(満69歳没)
フランスの旗 フランスパリ
職業 作家、小説家
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ジャンル ラテンアメリカ文学
代表作 石蹴り遊び
主な受賞歴 メディシス賞外国小説部門(1974)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

フリオ・コルタサルJulio Cortázar1914年8月26日 - 1984年2月12日)は、アルゼンチン作家小説家。主にカスティリャ語で書き、フリオ・デニス(Julio Denis)の筆名も用いた。

生涯[編集]

ベルギーブリュッセルに生まれ、1918年に両親の母国アルゼンチンに帰国し、ブエノスアイレスで育った。1936年にブエノスアイレス大学に進学するが、中退して1944年まで高等学校の教員として教壇に立ち、1938年には詩集を出版。1944年にはクーヨ大学のフランス文学の教員を務め、1945年から1951年にかけて、出版社に勤めて翻訳の仕事をこなす一方で、小説を書き続け、1946年に書いた短編小説「占拠された屋敷」を雑誌『ブエノスアイレス年報』の編集者だったボルヘスに認められて掲載された。

1951年にフランスに留学してパリに居住した。以降、留学期間が終わっても帰国せずに、ユネスコの自由契約翻訳官の職を得て、生涯をフランスで送り、1981年にはフランスの市民権を取得した(動画[1])。

1960年の『懸賞』と1963年の『石蹴り遊び』の2作の長編小説により英語圏においてもラテンアメリカを代表する作家と見なされるようになり、イタリア映画監督ミケランジェロ・アントニオーニによって短編小説「悪魔の涎」が映画化され(映画タイトルは『欲望』)、スペイン語圏を越えて世界的に知られる作家となった。1973年に『マヌエルの教科書』でフランスのメディシス賞を受賞。1984年に白血病により死去。

日本語訳・作品集など[編集]

のち文庫、上下巻。
  1. ISBN 978-4087602418
  2. ISBN 978-4087602425

外部リンク[編集]