オースチン・アイドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オースチン・アイドル
プロフィール
リングネーム オースチン・アイドル
アイアン・マイク・マッコード
本名 デニス・マッコード
ニックネーム ミスター・ガルフ・コースト
黄金の鷲
身長 188cm
体重 120kg(全盛時)
誕生日 1949年10月26日(65歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州タンパ
デビュー 1972年
引退 1998年
テンプレートを表示

オースチン・アイドルAustin Idol、本名:Dennis McCord1949年10月26日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーフロリダ州タンパ出身。

オースチン・アイドル名義での現役選手時代は「ネバダ州ラスベガス出身」を自称し、スーパースター・ビリー・グラハムリック・フレアーを足して割ったような金髪の伊達男系マッチョマンとして活躍。1980年代初頭は、同じくグラハムの影響下にあるハルク・ホーガンと比較されることも多かった(両者は1970年代末、テネシーアラバマで共に活動していた)。

来歴[編集]

1972年に地元のNWAフロリダ地区でデビュー。当時はアイアン・マイク・マッコードIron Mike McCord)を名乗り、オーストラリアに遠征して豪亜タッグ王座の初代チャンピオンになったこともある(1972年12月2日、ジミー・ゴールデンと組み、トーナメントの決勝でブルート・バーナード&ボビー・ハートを破って戴冠)[1]。その後はWWWFなど転戦したが、1975年2月20日、フロリダにて小型飛行機で移動中に墜落事故に遭う[2][3]。一時は選手生命を危ぶまれたものの、1978年にカムバック。オースチン・アイドルと改名し、髪をブロンドに染めビルドアップされた肉体を誇示するヒールとしてテネシー地区で再起を図った[4]

1979年ジェリー・ローラーとの敗者追放マッチに敗れアラバマに転戦、6月13日にザ・ハルクこと後のハルク・ホーガンから南部版のNWAサウスイースタン・ヘビー級王座を奪取している[5]。その後はジム・バーネットの主宰するジョージア・チャンピオンシップ・レスリングに参戦。11月22日に行われたタッグチーム・トーナメントにマスクド・スーパースターと組んで出場し、決勝でジャック・ブリスコ&ジェリー・ブリスコを破りNWAジョージア・タッグ王座を獲得[6]、12月にはレイ・キャンディを下して同TV王座にも戴冠している[7]

1980年にはWWFにゲスト参戦し、2月18日にニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンに登場(オープニング・マッチでホセ・エストラーダに勝利)[8][9]。ジョージアに戻ると3月29日にミスター・レスリング2号からNWAジョージア・ヘビー級王座を奪取し[10]、5月4日にはアトランタハーリー・レイスNWA世界ヘビー級王座に挑戦[11]トミー・リッチスタン・ハンセンとも抗争を展開するなど、日本でも「まだ見ぬ強豪」として注目を集めた。

同年8月、全日本プロレスに初来日。開幕戦のタッグマッチではジャンボ鶴田から得意のラスベガス・レッグロックLas Vegas Leglock)でギブアップを奪う。同じシリーズに来日していたミル・マスカラスとの抗争アングルでもヒールとしての持ち味を十二分に発揮し、期待に違わぬ活躍を見せた[12]。再来日が待たれたが、帰国後は全日本プロレスと提携関係のなかったテネシー州メンフィスCWAやアラバマのSECW(サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング)に定着し、他地区への遠征をほとんど行わなくなったため来日は中断する。

メンフィスでは1980年10月6日、ビル・ロビンソンを破りCWA世界ヘビー級王座を獲得[13]。パートナーにはダッチ・マンテルマネージャーにはジミー・ハートを従え、因縁のジェリー・ローラーやトミー・リッチ、ビル・ダンディーらと抗争を展開した[14]。その後ベビーフェイスに転向し、SECWでは1982年8月にジョー・ルダックからNWAアラバマ・ヘビー級王座を、12月にデビッド・シュルツから北部版のNWAサウスイースタン・ヘビー級王座をそれぞれ奪取[15][16]ウェイン・ファリスモンゴリアン・ストンパーとも抗争を繰り広げた[17][18]

CWAでは1983年2月にCWAインターナショナル・ヘビー級王座の初代王者に認定され、翌1984年5月にかけて通算4回に渡って戴冠[19]、スタン・ハンセン、ケン・パテラランディ・サベージキング・トンガリック・ルードらと王座を争った[19][20]。旧敵のジェリー・ローラーともタッグを組み、1984年にはロード・ウォリアーズと再三対戦している[21]。同年2月14日にはメンフィスのミッドサウス・コロシアムにて、ニック・ボックウィンクルAWA世界ヘビー級王座に挑戦[22]リック・フレアーが保持していたNWA世界ヘビー級王座にも、SECWの拠点アラバマ州モービルやフロリダ州ペンサコーラにて度々挑戦した[23]

1980年代後半はCWAでポール・E・デンジャラスリーをマネージャーに迎えるなど再びヒールとなり、1987年2月3日にはトーナメントの決勝でソウル・トレイン・ジョーンズを破り、前王者ジェリー・ローラーの負傷による返上で空位となっていたAWA南部ヘビー級王座(旧ミッドアメリカ版NWA南部ヘビー級王座)を獲得[24]。以降、同王座を巡りローラーとの抗争を再開した[20][25]。同じくヒールターンしていたトミー・リッチと組み、AWAからCWAに参戦してきたマーティ・ジャネッティ&ショーン・マイケルズのミッドナイト・ロッカーズとも対戦している[26]

同年8月、WWF入りしたテッド・デビアスに代わり、旧友スタン・ハンセンのPWF世界タッグ王座のパートナーに起用され全日本プロレスに久々に来日したが、天龍源一郎&阿修羅・原龍原砲に敗れた[27]。最後の来日となった翌1988年3月には、ジョージアとテネシーを通しての盟友トミー・リッチとのコンビで参戦、ハンセンを交えての6人タッグマッチも行われた[28]

以降はベビーフェイスに戻り、テネシーやアラバマで単発的に活動を続けた後、1998年に現役を引退して不動産バイヤーに転身した[3]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAアラバマ・ヘビー級王座:2回[15]
  • NWAサウスイースタン・ヘビー級王座(北部版):3回[16]
  • NWAサウスイースタン・ヘビー級王座(南部版):1回[5]
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング(オーストラリア)
テキサス・オールスター・レスリング
  • TASWヘビー級王座:1回[31]
全日本プロレス

脚注[編集]

  1. ^ a b NWA Austra-Asian Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月26日閲覧。
  2. ^ 飛行機には、1971年日本プロレスに来日したボビー・シェーン、1969年国際プロレスに来日したバディ・コルト、そして後にグレート・カブキグレート・ムタのマネージャーとなるゲーリー・ハートも同乗していた。この事故でシェーンは死亡、コルトは引退。ハートも選手生命を絶たれ、マネージャー業への本格的な転身を余儀なくされた。
  3. ^ a b Austin Idol shoot interview doesn't reveal all”. SLAM! Sports (December 8, 2009). 2010年3月9日閲覧。
  4. ^ Austin Idol plans run for Tampa Mayor”. SLAM! Sports (July 22, 2009). 2010年3月9日閲覧。
  5. ^ a b NWA Southeastern Heavyweight Title: Southern Division”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月29日閲覧。
  6. ^ a b NWA Georgia Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月29日閲覧。
  7. ^ a b NWA Georgia Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月29日閲覧。
  8. ^ The WWE match fought by Austin Idol in 1980”. Wrestlingdata.com. 2014年10月26日閲覧。
  9. ^ WWE Yearly Results 1980”. The History of WWE. 2010年9月1日閲覧。
  10. ^ a b NWA Georgia Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月29日閲覧。
  11. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1980”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月1日閲覧。
  12. ^ 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P42(2002年、日本スポーツ出版社
  13. ^ a b CWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月8日閲覧。
  14. ^ The USWA matches fought by Austin Idol in 1981”. Wrestlingdata.com. 2014年10月26日閲覧。
  15. ^ a b NWA Alabama Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月29日閲覧。
  16. ^ a b NWA Southeastern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月29日閲覧。
  17. ^ The CCW matches fought by Austin Idol in 1982”. Wrestlingdata.com. 2014年10月26日閲覧。
  18. ^ The CCW matches fought by Austin Idol in 1983”. Wrestlingdata.com. 2014年10月26日閲覧。
  19. ^ a b c CWA International Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年4月8日閲覧。
  20. ^ a b Wrestlers Database: Austin Idol”. Cagematch.net. 2014年10月26日閲覧。
  21. ^ Austin Idol and Jerry Lawler vs. The Road Warriors”. Wrestlingdata.com. 2014年10月26日閲覧。
  22. ^ The USWA matches fought by Austin Idol in 1984”. Wrestlingdata.com. 2014年10月26日閲覧。
  23. ^ Austin Idol vs. Ric Flair”. Wrestlingdata.com. 2014年10月26日閲覧。
  24. ^ a b AWA Southern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月26日閲覧。
  25. ^ The USWA matches fought by Austin Idol in 1987”. Wrestlingdata.com. 2014年10月26日閲覧。
  26. ^ The USWA matches fought by Austin Idol in 1987 (2)”. Wrestlingdata.com. 2014年10月26日閲覧。
  27. ^ The AJPW matches fought by Austin Idol in 1987”. Wrestlingdata.com. 2014年10月26日閲覧。
  28. ^ The AJPW matches fought by Austin Idol in 1988”. Wrestlingdata.com. 2014年10月26日閲覧。
  29. ^ AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月26日閲覧。
  30. ^ CWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月26日閲覧。
  31. ^ Texas All-Star Wrestling USA Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月26日閲覧。
  32. ^ PWF World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月26日閲覧。

外部リンク[編集]